なぜ市民が小金井市議会USTREAM中継をはじめたのか?〜開けてビックリ議会という世界 | もっと小金井市を、おもしろく。~白井亨(小金井市議会議員)blog

もっと小金井市を、おもしろく。~白井亨(小金井市議会議員)blog

第一子誕生をキッカケに地域に目を向け色んな「縁」のおかげで地域に生きる“日常の豊かさ”を実感。小金井市を持続可能なおもしろいまちにするため、2013年市議会議員初当選。2015年12月市長選挙に出馬も惜敗。2017年市議選でトップ当選、再び市政の最前線へ。


テーマ:

本日は午後から、こがおもツキイチ勉強会「市議会を10倍たのしく観る方法〜市議会USTを勝手にはじめた男の話」を開催しました。

 

 

 

私も含め13名の方にご参加いただき、まずは伊藤渉さんから2010年に小金井市議会のUSTREAM中継しはじめたことについて、その動機とキッカケ、市議会の仕組みや傍聴して感じたことなどをお話いただきました。

 

▼なぜ、どういう流れで市民がUST中継をするようになったのか?

 

・当時学童保育の委託の問題があって、議会を傍聴するために市民でUSTをはじめた

・勝手にはじめたと言われるが、ちゃんと議会事務局で許可をとってましたよ

・その頃は小金井市議会は議会改革が進んでいる(といわれている)ほうだった

・議会側に理解のある議員もいて、USTは受け入れられた。2010年12月の日曜議会が最初のUSTREAM中継だった

★議会は昼間に開催されているから、中継がないと何が議論されているかわからない

・佐藤市長時代(2011年)、これまでの稲葉体制から大きく変わり、議会に応援議員が少なかったこともあり議会審議で市長がフルボッコ状態だった。

 

今や当たり前となりつつある議会生中継ですが、当時は少なかったんですよね。録画はやっているところは多かったと思います(小金井市議会は録画もなく、そこで議論されていることを知るには、3ヶ月後の議事録を待つか、実際に傍聴に行くしか方法はなかった)。

 

伊藤さん、UST中継の前はtwitterで実況中継をしていたが、これがまた大変。そして学童関係の岐阜の知人から「twitter中継ってまどろっこしいから、UST中継したら?」と言われたことが、取り組む直接的なキッカケとなったということでした。

 

※2010年12月の日曜議会といえば、私も当時5ヶ月の息子を抱っこ紐でだっこしてエレベーターのない本庁舎の階段を昇って汗だくで傍聴席についた記憶があります。これが私にとって初めての「議会傍聴」でした。

 

 

▼市議会がワカラン!

とにかく、市議会を傍聴してみて感じたことは、ワカラナイこと(理解できないこと)が多すぎる!ということだったようです(これは私も同様に感じています)。

 

・偏った議員のみが発信(信じていいの?)

・議事録が3ヶ月後って??

・用語がわからん!(議事進行って何?)

・なんで休憩ばかりなのか!?(怒)

 裏部屋でネゴされたら中継の意味なし

・休憩が何時に再開するのかわからない、誰も教えてくれない

・今日の審議の論点は?

 

・・・などなど、確かに理解しがたいことが多いと今でも感じています。

 

伊藤さんいわく

 

「この当時思っていたことは、今でも余り変わらないかな・・・(ポツリ)」。

 

(確かに)

 

▼市議会についての素朴なギモン

 

市議会の仕組みについて意見交換もしました。市議会についてもっと知ってもらうためにできることはたくさんあるのに、なかなか改善が進みません。保守的な考え方の議員は今のやり方を変えたくないんですよね。

 

市議会の傍聴やUST中継を視た人から「議員の発言に無駄な言葉が多すぎる」という意見がありました。確かに過去に全発言を書き起こしの時改めて感じましたが、正直なところ、7割程度は無駄な言葉・繰り返しのフレーズ・なくていい前置きだったといえます。そりゃその全てはカットできないとしても、仮にと3割無駄な言葉を省けば3割の時間短縮になります。

 

上記にも関連することですが「質問のクオリティ」についての意見もありました。質疑で何を引き出すか?が重要であり、自己アピールをまだやっている人がいるとかいないとか(小金井市議会はそれは少ないほうだと思いますけど)。でも、質疑の質を高めることは議会活動で最も重要なことです。基本的にはそこをどうブラッシュアップするか、鍛えあげるかを工夫し続けないといけないでしょう。

 

皆さん、市議会って何しているところか、知ってます??

 

 

<補足>

小金井市議会では、市民からの陳情書を受け、市民が請け負っていたUSTREAM中継を議会事務局側で試行的にはじめ、市民の負担はなくなりました。伊藤渉さんはじめ、関わった方々には本当に感謝いたします。その後「試行」が取れて今でも続いております(ただし、議事録と違って公式発言記録ではなく、傍聴を補完する位置づけであり、無料メニューのため広告が入り時々録画できていなかったりデータが飛んだりしています)。しかし、市民が始めなかったら、市議会での導入はいつになったのか想像すると怖いです。

 

 

【ご意見・お問い合わせなどなど】
■Twitter= https://twitter.com/shirai106
■mail= kogaomo@gmail.com
■白井とおるホットライン= 080-7006-8964
■こがおもWebサイト= http://kogaomo.com/
■facebookページ= http://www.facebook.com/kogaomo
■facebook= http://www.facebook.com/shirai106
※facebookの「友達申請」は基本的にリアルにお会いした方を対象としておりますが、その限りではありません。まずはメッセージを頂ければ幸いです。ご了承ください。

 

 

shirai106さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント