心を育み、人が交流し、集える場として、図書館っていいですよね〜今日はこがおもツキイチ勉強会でした | もっと小金井市を、おもしろく。~白井亨(小金井市議会議員)blog

もっと小金井市を、おもしろく。~白井亨(小金井市議会議員)blog

第一子誕生をキッカケに地域に目を向け色んな「縁」のおかげで地域に生きる“日常の豊かさ”を実感。小金井市を持続可能なおもしろいまちにするため、2013年市議会議員初当選。2015年12月市長選挙に出馬も惜敗。2017年市議選でトップ当選、再び市政の最前線へ。


テーマ:

今日の午後はこがおも事務所で「本✕まちづくりについて、話をしよう」をテーマに勉強会を開催しました。

 


西岡市長の“最大の公約”である市庁舎6施設複合化プランから図書館がはずされることが濃厚となりました(まだ確定ではありませんが)。

 

それもあり、そもそも図書館の役割や小金井市の図書館について、また、一般的な図書館ではなく市民レベルで取り組む図書館の話など、まちづくりを本の視点で捉えてみよう、という試みです。講師は前小金井市図書館協議会委員を務めて頂いていました、横須賀雪枝さん。そして、パネルゲストとして、小金井市内で「まちなかライブラリー」を模索中の福永さんにも来ていただきました。

 

 

▼司書という役割、選書やレファレンスという機能を再確認しよう


顔見知りだけかなぁ~、とタカをくくっていたのですが、私とスタッフを含めると25名も集まり、事務所に入りきれないほどの盛況でした・・・。嬉しかったのは、駅頭でチラシを受けとっていただき、時に誰の紹介もなくふらりと立ち寄って頂いた方が数人いらっしゃったことです。

 

 

どこまで期待していたことに応えられたかわかりませんが、今後ともテーマごとや、定期的に市政ダイジェストのイベントも続けていきますので、またお立ち寄りいただければと思います。


講師の横須賀さんは図書館について専門家ではありませんが、文藝に関して精通しておられ、こごうち文庫という私設文庫で読み聞かせの活動なんかもやられている方です。特に、司書の役割の重要性とその待遇についてや、レファレンスの大切さとその可能性について、他自治体の図書館なども引き合いにして、わかりやすく解説いただいたことはとても良かったです。

 

施設については綺麗で近代的でアレもコレも盛り込んだ施設が建てられるならそれはそれでいいけども、小金井市の財政状況からすればそれは困難であれば、工夫できる別のアイディアもあるはず、と指摘されていました。

 

 

▼交流やまなびの「場」としての図書館のこれから


意見交換では、図書館で本を通じて人が繋がる「場」としての重要性や、勉強するためのコーナーが重宝されるという意見があったり、また、今の時代にあったあり方を考えていかないといけない、という意見など様々な声がありました。とても具体的な意見ももらいました。


ただ無料で本を貸すというスペースではない図書館、個人的には今の6施設複合化の話は枠組みありき・効率化再優先だから少し議論が気持ち悪いんですよね。とてもいい意見を頂いたので、ここで得た知見をできれば何かしらの形で今後の図書館のあり方協議に活かしていきたいなぁと思います。

 

 

ちょっと想定外に人数が多かったので、言いたいことが言えなかった方もいたかもですが、貴重なお時間を割いてご参加いただきありがとうございました。そして講師役の横須賀さん、素晴らしい学びの機会をありがとうございました★

 

 

【ご意見・お問い合わせなどなど】
■Twitter= https://twitter.com/shirai106
■mail= kogaomo@gmail.com
■白井とおるホットライン= 080-7006-8964
■こがおもWebサイト= http://kogaomo.com/
■facebookページ= http://www.facebook.com/kogaomo
■facebook= http://www.facebook.com/shirai106
※facebookの「友達申請」は基本的にリアルにお会いした方を対象としておりますが、その限りではありません。まずはメッセージを頂ければ幸いです。ご了承ください。

shirai106さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント