トロントより、おはようございます。

 

昨夜遅くから降り出した雨は、午後過ぎまで降っていましたね。

気温もやや低め。

でも、だんだんと気温が上がっているのは間違いないようです。

 

オンタリオ州では、来月総選挙があり、今週でその立候補届け出が締め切られるはずです。

だんだんと立て看板が多くなってきて、電話での支援要請も増えてきます。

 

各政党党首は、各地でディベートなどを行っていますが、どうも口から出る公約が信頼できません。

いろいろといいことばかりいいますが、その裏付けとなる数字、お金が本当にあるのでしょうか。

カナダの政治家は数字に弱い人ばかりで、口先だけの人が多いのでどこが第一党になってもあまり変わらないような気がします。

 

今日の新聞にはこれをいった記事がないのですが、ひとつだけ気になったのでご紹介します。

 

数日前にもご紹介しましたが、カナダでは5月9日にスマホへの緊急警報をテストし、見事に失敗しました。

 

ところが、昨日、行方不明警報を出す事件があり、警報システムが使われました。

 

オンタリオ州北西部サンダーベイで8歳のお子さんが行方不明になり、午前11時30分頃、オンタリオ州緊急警報システムを通じてオンタリオ州内のすべてのスマホに英語版が流され、その直後にはフランス語版が流されました。

 

そして、午後1時30分頃には、そのお子さんが無事発見されたことを知らせるアラームが出されました。

 

この警報システムは、受信側で拒否することができない仕様になっており、LTEで受信する端末にはすべて届くはず。

 

このシステムについては、いろいろな意見もあるようで、気になったのは、運転中の人のスマホが突然鳴りだした場合。

ドライバーが慌てて、不注意運転に陥らないか、事故に繋がらないか。

音楽を聴いて運転していて、突然大きな音量で警報が出されるとあわてるのではないか。

 

システム運営側によると、音量はそれまで聴いていたものから変わらないはずとのことですが、確証はないようなコメントになっており今後論議になるかもしれませんね。

 

この記事を読んだときに思ったこと。

 

昨日の午前11時30分頃、自分のスマホ、鳴ったっけ?

合計3回送られているはずなんですが、一回も鳴った覚えがないし、スマホ履歴もない?

 

本当にこのシステム、機能してるの?

====

ブログランキングに参加しています。

下のバナーにポチッとしていただけるとポイントがつきます。ご支援お願いいたします。

カナダ(海外生活・情報) ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ にほんブログ村