鳥打さん家の美味しい日記

まぁ、書き込みも緩くなってるんで気楽に映画の話しや、突然料理を作ってみたり、気に入ったことを適当に書いています


テーマ:

ともやさんの所で今年の夏に公開の〝宇宙戦争〟の紹介があったんでちょっと異星人との接触というテーマで書いてみましょう。

 

今まで異星人との接触ネタは数多くテーマにされてきましたね、この宇宙戦争もH・G・ウェルズが書いたのが1898年ですから、もう100年以上も前から本では書かれていると言う事ですね。映画でもジョディー・フォスター主演のコンタクトや、カート・ラッセル主演のスターゲートなんかも面白かったですね。

 

でも今日はちょっと変わった異星人とのコンタクトを扱った作品を紹介します。

映画ではないんですが小説を2作品ほど。

一作目はポール・アンダースン&ゴードン・R・ディスクンの『地球のお荷物』早川書房

 

太陽系から500光年離れた星トーカに不時着したアレグザンダー・ジョーンズは不思議な生き物に出会う生物の名前はホーカ。テディベアにそっくりで純真無垢、それに想像力にとても溢れている。

彼らは地球の文化に触れ、大好きな世界の住人になりきって生活していた。

ある場所では西部の男、ある場所ではドン・ジョバンニ、ある場所ではシャーロック・ホームズ、宇宙パトロール・・・とそのものに成り切ってるから太刀が悪い。

ジョーンズはホーカ達に巻き込まれて、しっちゃかめっちゃかに・・ジョーンズは無事に帰れるのでしょうか?

 

この本のホーカがものすごく可愛いんですよ、想像してください色んな役に扮してシッチャカメッチャカにするテディベア・・天野喜孝さんの描いたホーカ人がまた可愛いんですよ。可愛いものが好きな人には堪らない作品ですよ、この本はホーカシリーズとして続編が出ています。

 


そしてもう一つは梶尾真治さんの『地球はプレイン・ヨーグルト』

ものすごく変わった異星人コンタクトものです。人類が初めて出合った異星人のコミュニケーションの方法は分泌液から出す味によって表現されていたから、さぁ、大変!!

国際連邦は異星間戦争に発展しないように、地球規模のプロジェクトを立ち上げた。

その異星人とのコンタクトプロジェクトに指名されたのは、解読者として世界最高といわれる美食家の老人と宇宙人のために料理を作る為に下町の天才料理人〝創作料理のあばれぐい〟店主の麓が選ばれた。

今彼らに地球の存亡がかけられた・・・。

ってシチュエーションが物凄く面白いでしょ?

五感の中の味覚がコミュニケーションの手段ってのも良いんですけど、対する人類のキーマンが下町の料理人なのも笑えます。

 

どちらの本もサクサク読めて楽しいですよ。

著者: 梶尾 真治
タイトル: 地球はプレイン・ヨーグルト
著者: ポール・アンダースン, ゴードン R.ディクスン, 稲葉 明雄
タイトル: 地球人のお荷物 ハヤカワ文庫 SF 68 ホーカ・シリーズ

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

ここで本を取り上げるのは初めてなんですが、ちょっと僕の好きな本の紹介をしてみますね。

僕が好きな分野はサイエンス・フィクションや、ファンタジーものなんですね。

だから高校の頃は早川書房のSF小説ばかりを買ってました。

でも僕のゲーム人生がウィザードリーから始まって長い間熱中していた高校時代から、どうもファンタジー寄りみたいなんですねぇ(^-^)、でも一番好きな作家さんはデイビッド・ブリンですけどね。

 

そんな僕のお勧めの大好きな作品は、ポール・アンダースンの大魔王作戦と、ロバート・A・ハインラインの魔法株式会社なんです。

 

ロバート・A・ハインラインはご存知の通りSFの3大巨匠の一人、スターシップ・トルーパーの原作の宇宙の戦士を書いた作家さんです。ポール・アンダースンはテディベアのような宇宙人のホーカシリーズを書いた作家さんですねぇ。

 

どちらも1950年代に作られた作品なんですけど楽しいんです。

魔法が普通に使える世界なんですけど、例えば未開の世界の人間から見たら科学技術って魔法のように見えるんじゃないか?、だから発達したテクノロジーが魔法に見えるなら、逆にいえば魔法は誤解されたテクノロジーではなかったか?・・・この考えを元に魔法を合理的な解釈で面白い話しに出来上がってます。

 

例えば僕の好きなのが魔法株式会社の導入部分、工事用品販売の商店にチンピラが組の魔術師を使うように脅しにきます。言う事を聞かないお店を火の精サラマンダーや水の精アンディーンを使ってメチャクチャにします。魔法で壊したものは魔法で直せるということで、相談していた服職業であらゆる魔術に精通しているジェドスンに見てもらうシーン。

焼け残りの成分を解析しながら、どんな魔法で何を召喚したかを推測して復元させるこの場面はものすごくカッコ良くてはまっちゃったんですよ。

 

どちらもファンタジーとSF心をくすぐられる作品ですよ。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。