鳥打さん家の美味しい日記

まぁ、書き込みも緩くなってるんで気楽に映画の話しや、突然料理を作ってみたり、気に入ったことを適当に書いています


テーマ:

先日の出張でANAの飛行機に乗って、いつもの様に全席に置かれている機内誌の〝翼の王国〟を読んでいました。

 

けっこうこれ読むの好きなんです、その中で中国の話題を連載している〝中国風聞帖〟を読んでいると北京では空前のペットブーム、特に犬を飼うのが物凄く流行っていると言う記事で目が止まりました。いつも中国の記事には目を通してるんですけど、ちょっと驚く記事だったんですよ。

 

それは犬のレストランが出来たと言うんですね。え?、犬を食べるお店かって・・・いえいえ、犬の為のレストランですよ。犬を食べるんじゃなくて、犬が食べる為のレストランです。ややこしいね(

 

お店は北京の三里屯の路地の奥にある〝HIP DOG CLAB〟と言うお店だそうで、犬が大好きだった30歳の陸さんが作ったそうです。明るい店内に犬の手作りクッキーと犬のグッズが販売されていて、飼い主はお茶を飲んで犬達は側ではしゃいでるよな癒される空間だそうです。

看板1

 

写真は雑誌に出ていた大府井大街の路上にある看板「狗(いぬ)と猫は人類の最も親しい朋友(ともだち)」と言う意味だそうです。

 

北京の犬ブームは1990年頃から始まったそうですが、北京市では95年には衛生上の問題で飼育の厳重制限が決定されました。そこで行われたのが、高額なお金を払って登録する制度 初年度5000(約7万円)が施行されたそうです。ちょっと一般市民には払えないですよねぇ。それに大型犬は禁止、35センチ以下の22種に限定されたそうです。

 

実は今週から新宿武蔵野館で公開されるルー・シュエチャン監督の『わが家の犬は世界一』は、こんな規制のある北京市のお話し。

いぬ2

どんどん発展していく北京に暮らす夜勤労働者のラオは、口うるさい妻や反抗的な息子より、無条件で慕ってくれる愛犬のカーラが可愛くて仕方がない。
しかし、カーラの存在を公にできない現実も抱えている。中国では犬を飼うのには免許が必要で、しかも高額な登録料を支払わなければならないのだ。ラオの収入では
ある晩、カーラを連れて散歩に出た妻は公安の取締りに遭い、未登録のカーラは取り上げられてしまった。夜勤明けで戻った翌朝、ラオはその事実を知って愕然。こうして、カーラを取り戻すための悪戦苦闘が始まった。
カーラの屠殺までタイムリミットは18時間。そんな最中、息子のリアンまで警 察沙汰に
果たしてラオはカーラを救えるのか? 家族の絆をとり戻せるのか?

 

 

この映画が公開されてから、2003年になって一部規制の見直しがされ登録料も5分の1になったそうです。どうもこれが空前のペットブームに一役かったみたいですね。

 

いぬ1

でもこの映画、家族に相手にされなくて従順な飼い犬に安らぎを感じるなんて、何処の国のお父さんも大変なんだなぁ~と苦笑しちゃいました。

主演のお父さん役のグォ・ヨゥも情けないけど憎めなくて、とっても良いですねぇ。

公開が楽しみだけど、岡山にやってくるのは夏から秋くらいかなぁ~。

 

まぁ、足が付いていればイス以外はなんでも食べると言われた中国も昔の話しなのかもしれませんね






AD
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
3年前に家内が死ぬまでは、それほど感傷的になることは無かったんですが、彼女が出産中に突然亡くなってからは何かにつけて感傷的になっていました。

あまり彼女に関するものも見る事ができず一年経ちました。やっと気持ちはなんとか落ち着いてきて身の回りの整理をしていると、何冊か彼女の記した日記が出てきました。
最初は恐くて見る事ができなかったんですが、おそるおそる見てみると・・・それは結婚前と、結婚後の生活や気持ちが綴られていました。

そんなに豆につけてはいなかったんですが、そこにはケンカした時の怒りや不満、子供の事の心配、仕事の大変さや、結婚前の嬉しさが書かれてありました。

その文章は何も飾られている言葉はないんですが、彼女の気持ちを目の当たりにすると胸が締め付けられて自然と涙が流れてきました。

幸せであっても、そうでなくても自分が彼女を幸せに出来なかった事をいつまでも悔い続けるでしょうね。

きっとエターナル・サンシャインの様に何もなかった事にして忘れてしまえばどんなに楽になるでしょうね。でも一緒にいた人間が彼女の事を憶えていなければ、彼女の存在そのものがなくなってしまうようで、とてもそんな事はできないでしょうね。

彼女との記憶は辛くて、幸せで悲しいものですね。
又この日記を開く勇気は無いと思うんですが、ずっと大事にしまっておきます。
いつか子供達が母親の事を知りたくなった時まで・・・。
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
これは大変な事に気づきました・・・今更ながら(^-^;;;;)

11時頃(確か..)に書き込みして、更新データに載るかなーと思って仕事をして
見れたのがさっき・・・三時間弱になるんですね

チェックしてみたらもう掲載されてなかった・・・よく見てみると1ページ10件で
60ページまで出ていると言うことは三時間弱で600件以上かぁ~

これはランキングがどうのこうのと言うよりも、人に見られるかどうかと言うことやねー(^-^;;)

知人、親戚には恥ずかしくてURL教えてないしねぇ~

何か見られる秘訣ってあるのかな?(‘-‘)

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。