停電時の鳥さんの保温方法【緊急時】 | ようこそ!とりみカフェ!!~鳥カフェでの出来事や鳥写真~
新型コロナウイルスに関する情報について

停電時の鳥さんの保温方法【緊急時】

お家の鳥を心配している皆様へ 

鳥は揺れには結構大丈夫みたいです。
阪神淡路大震災で震度7を被災したのですが、
靴箱がふっとんで上に乗せてた文鳥ケージが石畳に落下しました。
落下しても一羽も落ちなかったです!なのでケージに入れている方は安心してください!


震災被災の経験が、ちょっとでも参考になれば・・・


ケージに入れて下さい…
鳥さんは手乗りでもケージに入れてください。ケージは丈夫なので、上から物が降ってきてもある程度の衝撃に耐えられます。キャリーは移す際に逃げたり、鳥自身が破壊+長期戦になった場合狭すぎてストレスになります。

避難勧告が出た場合…
まず鳥さんは絶対ケージに入れて。出来るだけ置きざりにしないで安全な場所に一緒に避難してください。(一旦退去したら次いつ自宅に入れるか分からない可能性もあります)


地震の場合、持久戦になります。鳥やペットの餌は真っ先に確保しておいてください; 
神戸のときは復旧順が電気(2日)→水(半月)→ガス(1ヶ月以上)でした



水が止まったら・・・
この時期寒いので水無しでも半日は大丈夫なので、餓死などの心配はないと思います。
水が止まったらティッシュやガーゼを水にひたしてこぼれない様代用を。
(冷える方が問題です)


停電時の鳥さん保温方法…
段ボールで覆う(ケージの前半分は開けておく)無ければ新聞紙で。
ビニール、服は誤飲や内側に結露が出来たり鳥が色でパニックになるのでNGです!


それでも鳥が寒そうなら…使い捨てカイロを使用して下さい。
ただし発熱時に酸素を使うので、中に入れると鳥が酸欠になる恐れがあるので下に敷いて下さい。
電気は真っ暗だと人は心理的に不安になるので、復旧めどが立っていなくても一番早いと思います!
持ちこたえて(>_<)



twitterやってます!

http://twitter.com/torimicafe