彼氏ができたときのこと

テーマ:

こんにちは。

とも、です。

 

自己紹介はこちらです。

 

 

小学生の頃からウィッグを

つけはじめて、

 

高校2年生のとき、

はじめて彼氏ができました。

 

 

彼には自分が脱毛症でウィッグだという

事実を打ち明けたのか、

そうでなかったのか、

 

なんと、忘れてしまいました。。

 

40歳を超えたいま、

17歳のころの一大事は、

なんとなく温かないい思い出で

細かい記憶はあまりありません。

 

 

とはいっても、

付き合っているわけなので、

 

頭や髪の毛を触られることもあります。

 

 

確か、

「頭を触られるのが苦手」と

最初に伝えていた記憶があります。

 

4年ほどお付き合いしました。

 

 

どうでしょう。。

ウィッグを外すことはありませんでしたが、

きっと伝えたのかな。

 

 

お風呂に入っても

髪を洗わないとか不自然ですよね。

恐らく、伝えたんだとおもいます。

 

 

頭のことを

特別に追求されたり話題になったりする

ことはなかったとおもいます。

 

 

その後、

何人かと方とお付き合いしましたが、

その方たち全員に

脱毛症であること、ウィッグであること、を

伝えていました。

 

 

お付き合いがはじまりそうだなという

早い段階で伝えるようにしていました。

 

 

もしそれで、それはムリ、という反応だった

場合は、当然受け入れる覚悟で、です。

 

 

何度かこの「告白」を経験しましたが、

とてもとても緊張しました。

 

 

でも、私がつきあった人は

みんな受け入れてくれました。

 

 

一緒に過ごす時間が長くなると

どうしてもウィッグを付け続けて過ごすことが

ストレスにもなるし、心からリラックスできない。

 

 

伝えなきゃいけないのに、、という

隠し事をするのも負担になるので、

 

 

伝える、

 

ウィッグを外して、

髪の毛がまばらにしかない

自分の姿をみてもらう。

 

 

それでもなお、

受け入れてくれるなら、

なんて幸せなこと、ありがとう、と

心が満たされる思いでした。

 

 

好きになった女性が

実はハゲ頭でウィッグだった、

って

 

この上ないほどの衝撃だとおもいます。

 

 

私がウィッグを外した姿をみて

どんな心境だったのか。。

 

 

感謝しかありません。

 

 

 

お読みいただき

ありがとうございます。

 

また書きます。