鳥居 祐一オフィシャル ブログ「賢者との出逢いと交流」 Powered by Ameba -4ページ目
2018-01-21

トム・ワトソン

テーマ:伝説のチャンピオンたち

ハワイ島ではゴルフシニアツアーの開幕戦 の三菱オープンを観戦しました。会場はフォーシーズンズ・フアラライCC。コナ空港から一番近いリゾートです。アメリカではシニアツアーは、往年の名選手が集まるのでチャンピオンズツアーと言われてます。その名の通りメジャーチャンピオンがたくさん参加しております。トム・ワトソン、フレディー・カプルス、へール・アーウィン、トム・カイト、マーク・オメーラ、トム・リーマン、ベルンハルト・ランガー等々。かつて一世を風靡した名手たちが、あちこちにいるのでゴルフファンなら興奮してしまうでしょう。レギュラーツアーだと知らない若手選手が多いけど、シニアは昔 テレビで見てたスーパースターばかり。ギャラリーの数もレギュラーツアーと違いガラガラなので、選手と気軽に話も出来ます。レギュラーツアーは賞金が高く、またハングリーな若手が参加しているのでピリピリした空気。一方のシニアの方は、ゆったりのんびり緩い雰囲気なのがいい。もっともかつてのチャンピオンたちだからおカネに困っていない。気軽に写真やサインにも応じてくれるのも嬉しい。ラウンド中の会話もユーモアに富んでいてこれも観戦の魅力の一つ。
 
僕はトーナメントでは、練習場でプレーヤーのショットを見るのが好きです。シニアは出場選手が少ないので午後からのスタートが多い。早朝に行けば、一通り選手の練習姿が見れます。1時間くらい色々な選手を見てたら、憧れのレジェンド トム ワトソンがやって来ました。ゴルフファンなら知らない人はいないマスターズを2回、全英オープンを5回も勝った名手。練習中だと話しかけられないので、始める前に思い切って声をかけた。「トム、記念に一枚いいかい?」そしたら、「もちろんだよ!中に入って来なよ!」と練習場の中に入れてくれた。彼がツアー屈指の人気者である理由は、常に笑顔でファンを大事にするからでしょう。

さて練習場で今年69歳のワトソンに一つだけ質問しました。「トム、あなたは50年近くも第一線で活躍し続けている。そのモチベーションを維持し続ける秘密は何ですか?」すると「私はゲームを楽しんでいる。そして常にそうするように心がけている。 ピンチの時もどう解決しようかと楽しんでいるんだよ」と答えてくれた。Enjoy というキーワードがたくさん出てきました。短いがとても含蓄のある言葉です。試合前の練習を邪魔してはいけないので、会話はわずか3分ほどでしたが、至福のときでした。そしてキャディーが撮ってくれた憧れの人との一枚・・・一生の宝物になりました。
 
トム・ワトソンの伝説は、1977年のマスターズと同年の全英オープンで誕生した。両大会とも当時最強だったジャック・ニクラウスを力でねじ伏せての勝利。とくに全英は、当時中学生だったが、リアルで最後までテレビの前で見てました。感動のあまり泣いてしまったのを今でも覚えています。これは負けてもニクラウスのすごさが伝わった、歴史に残る好試合でした。そしてもっとすごいのは、その32年後の全英オープン。59歳であわや優勝しそうになった。17番まで1打リードして迎えた最終ホールで、惜しくもボギーでプレーオフにもつれてしまった。プレーオフ4ホール目でついに老兵は力尽きる・・・これもリアルで見ていましたが、涙が止まらない感動の試合でした。ワトソンの功績は数字でも分かりますが、その素晴らしさはその人柄と人格です。歴史上、最も人気のあったプレーヤーはアーノルド・パーマーでしょう。でも最も尊敬されるゴルファーと言えば、トムはトップにランクされるでしょう。
2018-01-04

謹賀新年

テーマ:その他


新年明けましておめでとうございます!今年もメルマガを通じて、たくさんの有益な情報を発信したいと思います。皆さんの夢が、現実となりますよう心よりお祈り申し上げます。メルマガは、上のメッセージボードより登録くださいね。本年も どうぞよろしくお願いします!\(^-^)/

2017-12-26

日本一のイチゴと甲州ワイン美食&絶景イルミネーションの旅

テーマ:賢者との交流


大人の遠足第4弾!<究極の日帰り旅行 日本一のイチゴと甲州ワイン美食&絶景イルミネーションの旅> のご案内です。2017年初頭から開催している大人の遠足シリーズですが、皆様に大変楽しんでいただいております!過去3回はいずれも満員御礼をいただいています。じつは富裕層の仕事の大半は、遊びの中で生まれています。名刺交換していきなりカタログが出てくるような異業種交流会での出逢いではないのだけは間違いありません(笑) もとい、こういうところに一流の人はいません。その人と親しくなりたかったら、まずは旅や遊びを通じて仲良くなることです。それにはお酒と温泉は欠かせません。この企画は、素敵な仲間と極上の時間を共有を通じて、メルマガ読者の皆様との一歩進んだ親睦を図るために定期開催しています。過去には1泊の大人の修学旅行もあれば、1週間の海外旅行やクルーズ旅行もあり、いずれも大好評でした。そこでこのたびは、あきる野~勝沼~相模湖 編という究極の日帰り旅行を企画しました。
 
本イベントは、当社専属ツアーガイド相馬 幹広 の全行程添乗による 人気の体験型アクティビティー。日帰りでかつ参加費もお手頃ですので、初めての方やお一人の方でも安心して参加いただけます。過去の参加者からのご意見を元に毎回さらなる改善をし、特別手配満載のスペシャルな内容でお届けします。 その内容には一切の妥協がないことを保証いたします。

さてこの究極の日帰り旅行、日程は2月5日(月)です。内容は以下の通りです。

6;50AMに品川駅集合 7:00出発し、中央道経由であきる野ICへ。約一時間のバスドライブをお楽しみいただきます。今回のバスはいつものとは違い、関東圏で唯一の40以上正座席・サロンテーブル・トイレ付のスーパーデラックスバスをご用意いたしました。ドライバーも二名体制として、安全に配慮したうえで、旅の道中もゆっくりと楽しんでいただけるよう設定しています。

8:00AM あきる野に到着後は、専属契約いちご農園である「中村農園」にて究極のいちごの朝食。過去の大人の遠足でも必ず訪問してきたのがここ「中村農園」。当大人の遠足ツアーのみが特別に園内入場、場内試食を許された場所です。生産者の中村園長が一年中24時間、品質、流通に徹底的にこだわって生産している、艶・香・味・甘さ・大きさ、どれをとってもありえないまさに「日本一のイチゴ」です。試食をされた方は、誰もがひっくり返る美味しさに驚くでしょう・・・通常市販されているいちごは、遠方流通のため完熟前に出荷してしまいますが、収穫当日の午前中に食べてもらうことを前提に完熟するまで収穫・出荷はされません。先代から40年かけ、秋川渓谷に囲まれたあきる野の地で土を育み天然水で栽培されてきました。銀座の千疋屋で一粒700円~800円はする最高級いちごを凌ぐスーパーストロベリーです。スイマセン!これ以上このイチゴのすごさはは言語化できません!このいちごを食べるだけでも、今回の旅に参加する価値大いにありと断言出来ます!また、開催時期の2月初旬は、いちごのベストシーズンで最高の状態でお楽しみいただきます。

その後いちご農園から約一キロ程の「みつばちファーム」訪問。ここでは現在希少種となってしまった日本みつばちを大切に育てています。その希少なはちみつ、地元産の東京牛乳、地元養鶏場で育成された卵のみを使って作られた、養蜂園から提供の蜂蜜プリンを試食いただきます。蜂蜜の販売もしていますので、御購入もいただけます。その後は一路バスで一時間程、あきる野から山梨は勝沼へ。勝沼では日本ワインを代表するワイナリーを二館訪問します。

一館目は「マンズワインファクトリー」 ここでは、ガイドによるオリエンテーションから展示室・地下セラー見学。そしてワインテイスティングをし、特別にぶどう園内の畑へ入場し、どのように葡萄が栽培されているのかを学びます。通常は畑の入場は不可ですが、入場見学を特別に手配しました。講習後のワインテイスティングでは、40種類程のワインや山梨産のジュースの飲み放題をお楽しみいただきます。お酒の飲めない方にも楽しんでいただけます。

二館目は「勝沼ぶどうの丘」です。昼食に、展望ワインレストランで当企画限定のスペシャルランチをいただきます。メニューは、勝沼ワインのグラニフィレ肉のステーキ 勝沼産赤ワインソース など勝沼ワインを使ったコース料理。昼食後ご希望の方は、地下のワインカーヴでなんと200種類のワイン飲み放題!ワイン好きには至福のときです。

その後は、相模湖に移動します。時間ほどのドライブをお楽しみいただきます。相模湖では大人の遠らら足の恒例クルージング。下船後は、湖畔から散策道を経由して、相模湖畔のプレジャーフォレストへ。ここは関東三大イルミネーションで知られ、関東最大600万最体験型イルミネーションリゾートです。
http://www.sagamiko-resort.jp/illumillion/
往復リフトで大観覧車にも乗り、上から美しく雄大なイルミネーションをお楽しみいただきます。夕暮れか日没時刻のイルミネーションを堪能した後は、一日の疲れを癒す恒例の温泉タイム。プレジャーフォレストに隣接した入浴施設「うるり」源泉露天風呂が自慢の温泉施設。美肌効がいわれる、高アルカリ性の自家源泉の他、血行促進に効果があるとされる高濃度炭酸泉、サウナや水風呂が揃います。「ぴあ」の日帰り銭湯ランキングで全国三位に輝いた、泉質にこだわった、清潔感あふれる天然温泉です。館内の食事処では特別室をご用意して、入浴が終わられた方から懇親夕食会をお楽しみいただきます。今回は2名ドライバー制ですので、夕食終了までの手配が可能となりました。今までは懇親会は別途有志のみでしたが、今回は温泉の後に夕食も付けさせていただきました!品川到着は、21:30を予定しています。

今回は超お値打ちのオリジナルツアーですので、早期の完売が予想されます。参加されたい方は以下よりお早めにお申し込みください。


本ツアーはおかげさまで満席となりました!

2017-12-08

堀内 孝雄 さん

テーマ:賢者との交流


先日行きつけの足裏マッサージ屋さんに行きました。すると、なんと隣に元アリスのベーヤンこと 堀内 孝雄 さんが座っていたのです!今の若い人は知っているかな?70年代後半から80年代、一世を風靡した伝説のバンド「アリス」のギタリストです。あの名曲の数々は、多くがべーヤンの作曲です。その大スターが隣に座っている・・・えっ!?うっそ~!マジで??でも間違いなく本人です。「あのう・・・べーやんさんですよね?」「はい、そうですよ!」「うわぁ~中学校時代から大ファンでした! 高校時代にコンサートにも行きました!今でもカラオケで歌ってます!」興奮して一気にまくし立ててしましました。自分としたことが・・・恥ずかしい(汗)「そうですか!それは嬉しい!」こうして笑顔で会話が始まりました。

足裏マッサージなので、施術中の小一時間、ずっとお話が出来ラッキーでした。べーやん、話がメチャクチャ面白いんです。「どんなお仕事ですか?普通の方には見えませんので」というから「えっ!?分かりますか?(笑)成功したければ、普通を捨てなさい!という様な本を書いています」といったら「作家の先生ですかぁ!それはすごい!才能に恵まれていないと本なんか書けませんよね?」 「あのう・・・本なんて誰でも書けます。ヒット曲を作ることの方が、よほど才能が必要ですよ!」とべーやん、嬉しそうでした。そこでいつでも本をプレゼントできるように持参している拙著を1冊プレゼントしました。すると喜んでくれて喜んでくれて・・・本読むのが大好きだそうですごく恐縮してくれました。専門がパーソナルブランディングというと、しばしその話題で盛り上がりました。

最盛期はバブル絶頂の90年頃で、その当時は年間300回超のコンサートをしていたそうです。ほぼ毎日ですよね!それでもプラチナチケットという一世を風靡した伝説のグループ、アリス。最近はソロで活躍しているとのことですが、相変わらずコンサートは精力的に行っているとのこと。出版の世界も電子化により売れなくなりました。でも歌の世界はもっと厳しい。ダウンロードの普及で、おカネを払ってCDを買う人は激減しました。ましてや YouTube でいくらでも無料で音楽が聴ける・・・作家も苦しいが、歌手はもっと苦しいはず。でもベーヤン、全然困っていないのです。なぜなら・・・
その理由を知りたい方は、メルマガを読んでください。メルマガで発信しております。日本有数の人気メルマガである鳥居の公式メルマガ『ポジティブ・ライフスタイル』のススメはこちらから登録できます。無料ですのでこの機会に是非、登録ください。http://www.yuichitorii.com/mg/  ベーヤン、楽しい時間をありがとうございました!

 

2017-12-05

ベイサークルのクリスマスパーティー

テーマ:講演・イベント

昨日は千葉さんのベイサークルのクリスマスパーティー。今回も250人の前で乾杯の音頭をさせていただきました。このイベント、たくさんの知り合いに会えるので、年末のご挨拶が一度に出来て助かります。やはり女性はこの時期、ドレス着たいですもんね。そういった需要に見事応えています。ビジネスとは、顧客の需要を満たすこと。そういう舞台を演出するのはまさに価値です。毎度ながら華やかで楽しい時間を過ごさせていただきました。千葉さん、いつもありがとう!また夏に会いましょうね!ところで鳥居はどこにいるでしょう?こうして見ると圧巻ですね!\(^-^)/
PS
貴重な情報は、すべてメルマガで発信しております。日本有数の人気メルマガである鳥居の公式メルマガ『ポジティブ・ライフスタイル』のススメはこちらから登録できます。無料ですのでこの機会に是非、登録ください。

http://www.yuichitorii.com/mg/

2017-11-22

メルマガ集客合宿2017

テーマ:賢者との交流

二日間の三浦集客合宿が無事 終了しました。出し切って完全燃焼です。合宿は今まで過去10年、出版・ソーシャルメディア・メルマガ・女性起業支援・フェイスブック ・ You tube など様々なテーマでやってきました。昔は年に2~3回やっていましたのでその開催回数は20回近く。参加人数も今までは20~30人くらいでしたが、今回は40名超とこれまた史上最多となりました。鳥居は今回7コマ持ち、以下の内容でお話しします。
「普通の人がブランドを確立し、成功を加速させるブランディング概論」
「これであなたの人生も自由自在!究極のメルマガビジネスとは?」
「メルマガ実践ライティング講座~なぜ売らずに売れてしまうのか?」
「多くの人が間違って使っている!鳥居流フェイスブック運用法」
「ポジショニング と USP  オンリーワンの立ち位置で戦うには?」
「セミナー講師になり、人生を100倍楽しむ方法」
「ベストセラーの作り方と出版であなたの本業を 加速させる方法」
またゲストの小室さんは、「1円もかけずにメルマガリストを25,000件獲得する方法」、赤間さんには「9年間毎月300人集める究極のフェイスブック集客」というテーマで3コマ3時間計6時間の講義をお願いしています。二人とも魅力的な「そそる」タイトルですね。この二人からは、集客ノウハウだけでなく、コミュニティー作りのコツも学びます。


集客が出来ると人生は 自由自在。来週ハワイに行くことも出来るし、ほしいものややりたいことをを我慢する必要もありません。好きな人と好きなところで楽しい時間を過ごすことが出来る。嫌いな人とも絡む必要はありません(笑)つまり完全にストレスフリーで生きられるのです。もしあなたの人生が前に進まないとしたら、ズバリ「稼ぐ力」と「時間」が足りないからです。「稼ぐ力」=「集客力」そしてそれは、「自由な人生の切符」なのです。あなたも是非、今回の集客合宿のノウハウを手に入れ、自由な人生をつかんでください。 

2017-11-17

<売上300本超!>メルマガ集客合宿 動画販売のご案内

テーマ:講演・イベント
あなたの人生において最も尊いものは何でしょう? おカネ? 地位? 名誉? 愛? どれも大事ですよね。でも僕なら 「自由」 を挙げます。誰にも管理されず、文句も説教もされず、自分の好きなことを好きな人とだけ好きな場所で好きな時間に行う・・・これは生きていく上で、大変な「価値」だと思います。刑務所に入ることがなぜ究極の刑罰なのか?それはこの最も尊い「自由」が奪われるからです。

ではどうすれば「自由」になれるのでしょう? 結論を先に言いますと、自分で集客できるようになることです。集客出来るようになれば、セールスも自由自在だし商品は何でも売れます。また他者への貢献も出来ます。他人の商品を売ってあれば、これ以上喜ばれることはないでしょう。でもあなたが誰かの顧客リストに頼っている限り、自分で自由に企画できないし、報酬の取り分も僅かです。そして他人に依存と依頼の心でお願いばかりしているといずれは声がかからなくなります。

逆に集客ができるならば、自分の好きな企画は立てられるし、収益も好きに決められる。そして好きな人とだけ楽しくストレスフリーで仕事ができるようになります。これは自由の次に大切な「健康」上もとても大切です。ちなみに僕は一昨日までアフリカにいましたし、明日からはアメリカに行きます。こうして自由な暮らしが出来るのもメルマガやソーシャルメディアの活用で集客が出来るようになったからです。
集客において一番大事な武器は、ハウスリストです。いち読者をファンになってもらえるように毎回、有益な情報を魂を込めて無料で配信し続けること。読者との親和力を高めることが、コンバージョンレートを上げる最短の方法です。それには根気が要りますし、時間もかかります。でも結果的にこれが最短なんです。人は「一瞬でOO!」とか、「何もしないでOO!」というようなキャツチコピーに魅かれます。しかし夢を壊して申し訳ありませんが、そんなものは現実にはあり得ません。情報商材のセールスレターによく見られるコピーですが、何もしないで何かを得られるほど、世の中は甘くありません。ちなみに僕は今年でブログを13年、メルマガは12年間書き続けています。この継続こそが、信用を醸造してくれるのです。

 

僕は過去に「集客セミナー」を何回か開催しました。おかげさまで、ほとんどの会で募集即日に完売でした。参加費1万円で70席用意したものは、1日で100人以上のエントリーがあり、追加開催を余儀なくされたほど。ちなみに参加者の多くは、セミナー講師でした。また地方の参加者のために同額で動画を販売しましたが、こちらも計150人もの方に購入いただきました。動画で4万円という強気の価格でも、こと<集客>となると需要があるのです。実際に僕の個人面談やグループコンサルにおいても相談ごとの大半は、この集客と出版を含めたブランディング戦略です。

弊社主催セミナーのテーマは、ソーシャルメディアを中心にブランディングやフェイスブック、メルマガ、英会話、健康、旅、出版 等々幅広いジャンルで行ってきました。その他にも、 まだ世に出ていないユニークな人のセミナープロデュース業も行っています。いずれもほとんどの場合、満席となります。でも定員100名以下とはいえ、普通に のほほん とやっていては集まりません。それにも秘密があるのです。
それ以外にも弊社では、自分の出版講演やクリスマスパーティーなど300人ほどのプレミアムイベントを過去に20回以上主催してきました。3万円のVIP席(30席)なら3日以内で Sold Outとなります。5年前に行った『人脈塾』シリースも全国12箇所で平均120人もの方にお越しいただきました。東京の360人を始め、札幌160人・福岡140人超。その他 大阪・松山・宇都宮・名古屋・福山・仙台・沖縄・などでも平均100名もの方にお越しいただきました。

沖縄や松山・宇都宮などは、初めてお邪魔する土地。いずれも30万都市で、知り合いはまったくいない状態でも満席となりました。「どうして知らない土地でもできるのですか?」との問い合わせもいただきます。しかしこの部分もコンサル先や面談の方以外には、一切語ってきませんでした。しかし今回の合宿では、そのあたりも詳しく触れます。 また毎月開催している『人脈塾』交流会も過去4年間で計43回も開催していますが、コンスタントに60名超の方にお越しいただいています。自慢話に聞こえたら、申し訳ありません。これらは実績のほんの一部です。


見渡すと、多くのセミナー講師が「あの人は今?」状態になっているのが現実です。そうならないためにもビジネスを生涯価値で考え、第一線で長く活躍できるようにならないと意味がありません。「鳥居さんだから出来るんでしょ!?」という声が聞こえてきそうです。いいえ、きちんとやれば再現性があることを保証しまます。


僕の受講生に 中村 仁 さん(写真下の左)という方がいます。彼と初めてお会いしたのは6年前です。当時の中村さんは、司法試験何度も失敗しし、人生に迷っていました。藁をもつかむ気持ちで大阪から夜行バスに乗って、鳥居の個人面談を受講されました。それから何度も何度も面談され、アドバイスしたことを忠実にされた結果、ステージが飛躍的に上げられました。具体的に言うと、最初に面談したときは、メルマガを始めたばかりのころ。読者者数は僅か200名で年収も200万円ほどでした。それが今では、読者者数は7,000名超で年収はなんと7,000万円!このように正しい方法で良いリストを集めれば、その数に比例して収入もアップします。今では中村さんの門下生たちも続々と結果を出されています。


もちろんこれは99%中村さんの実力ですから、多少のお手伝いはしたかもしれませんが、僕のおかげではありません。でも同じようにアドバイスしても結果が出ていない人も当然います。ようは彼は言われたことを素直にかつ継続的にやり、結果が出ていない人はやらなかったというだけの差です。中村さんは一つの例ですが、鳥居の受講生の中には、アドバイスを素直に実行して人生を変えられた方がたくさんいます。
 
集客が出来ると素晴らしいことが次々に起きます。まず色々な人が色々な人を紹介してくれ、「人脈の泉」が湧いてきます。そうなると業界トップで最先端のいいオファーや情報が自然と手に入るようになります。そして何より自分でビジネスをコントロールできるようになります。「やりたければやるし、やりたくなければやらない」という ストレスフリー の経営が可能となります。自分の情報を絶えず発信していると全国から(ときには海外からも)普段会えないような面白い人たちが、わざわざ逢いに来てくれるのです。これこそがまさに人生の醍醐味だと感じています。色々な人と会うというのは、その人の人生経験を共有できる素晴らしいことです。


自分もやっていて思いますが、セミナー講師ほど素敵な商売はないと思います。人から『先生』と呼ばれながら指導者的立ち位置で自分の理念やメッセージを伝え、かつ成長できる。そして尊敬・感謝されながら収入を得られます。あなたの専門性を生かした独自のコンテンツを作り、セミナー講師として活躍することが出来れば、パーソナルブランディングにも大きく寄与します。その結果、「買ってください」とお願いしなくていいどころか、「先生から是非お願いします!」と頭を下げられ、売らずに売れてしまう。あなたはオンリーワンの存在となり、価格競争にも一切巻き込まれず、当然、収益率も当然アップします。こんな素敵な商売は、そうそうないと思います。


しかしどんなにいいコンテンツを持っていても集客できなければビジネスは成り立ちません。もしそれを解決できるヒントがあるとしたら、セミナー主催者なら泣いて喜ぶでしょう。あなたはその方法を知りたくないですか?ちなみに登壇できる講師は、星の数ほどいます。しかし「集客が出来る講師」となると数えるほどしかいません。そして僕らが講師として抜擢する際に何を基準にするかというと、コンテンツの内容うんぬんではなく、「この人は集客力があるのかどうか?」なんです。
*写真はメルマガだけでクルーズ1週間30万円の旅を50人集客!
では本題に戻りますが、なぜ多くの人が集客に苦しんでいるのでしょうか?答えは簡単です。それは正しい方法を実践していないからです。でも知らないから無理もないのです。これは『知っているか知らないか』だから、知識でカバーできるんです。そして知っているだけではダメでしっかり実践することです。しかし世の中には残念ながら、インチキな情報が少なくありません。だからちゃんと実績を出している人から学ばないといけません。

例えば世の中には、まともな英語が喋れないのに英会話セミナーを開催している人がいます。著書の1冊もなくご自身のブランディングも出来ていないのにパーソナルブランディングの講師をしている人もいます。フェイスブックセミナーも色々と参加しましたが、これは勉強になった!というのものは正直ありませんでした。フェイスブックは集客に大きく寄与する強力な媒体にもかかわらず、多くの人が活用法を間違えています。その結果、『いいね!』はたくさんつくのにそれだけで終わってしまう。キャッシュ化出来ていない人が多く、本当にもったいないなぁと感じます。その理由として、多くのフェイスブックセミナーは集客ツールとしての「正しいやり方」を教えていないからです。それどころかブランドを落とす間違ったやり方を伝えているところも少なくありません。そして極めつけは「集客コンサルタント」です。笑い話に聞こえそうですが、「集客」を教えている人が実際に集客出来ていないのです。ネットの世界ではこのように詐欺の情報が氾濫しているので注意が必要です。

今回11月19日(日)13時より開催の三浦海岸での1泊2日の合宿はスペシャルなものです。なぜならお二人の実力者をお招きしているからです。先に講師の選定基準はコンテンツの内容ではなく、「実際に集客力があるのかどうか?」で選ぶということをお話ししました。今回のお二人は、その基準を十二分にクリアした方たちです。
 
一人目は、「親勉」というコンテンツでフェイスブックで一世を風靡している 小室 尚子 さんです。


小室さんをなぜ抜擢したかというと、僕自身が彼女のファンだからです(笑)以前から注目をしており、7月に彼女のセミナーに参加しました。たった30分の内容でしたが、とてもインスパイアされたのです。「もっと聞きたかった!」と残念に思うほど素晴しい内容でした。小室さんの主たる顧客は、主婦層です。しかしそのやり方は、まさに王道で基本に忠実。コストもほとんどかからないでやり方なので、これなら社会的弱者でも勝てると感じました。そして彼女の教え方は、愛と利他の精神にあふれています。多くの人が彼女の熱狂的ファンになり、ついていく所以です。彼女のように集客できる人というのは、影響力がある人であり、影響力がある人とはズバリ人間力がある人なんです。彼女の話は特に女性の方には参考になるでしょう。そして何より僕自身が、彼女から学びたいと思ってるので楽しみにしています。

二人目は、赤間 猛 さんです。最近、彼の動画を紹介したのでご存知の方も多いでしょう。
赤間さんは、過去に何度も『人脈塾』交流会にいらしていただいていたのですが、失礼ながらまったく印象がなかったんです。おとなしく暗く(失礼!)印象が薄いものでした。その後、メルマガの号外広告を申し込まれたので、審査のために面談させていただきました。その際に集客コンサルタントと名乗っていたので厳しい質問をどんどんぶつけました。その集客方法お聞きしたら、これまた王道で基本に忠実。僕の受講生ではないのですが、まるで僕が教え込んだような「正しいやり方」をされていました。 しかも彼の特筆すべき点は、顔出しせずに結果を出していること。僕は今までの概念では、ソーシャルメディアで稼ぐなら実名顔出しは不可欠と言ってきました。しかしその概念が根本から崩れたのです・・・サラリーマンやOLの方は、意外と匿名でフェイスブックをやっている人が今だに多い。彼のやり方は勤めながらでも副業で稼げる方法です。今回は赤間さんに8年連続で毎月300人も集客してきた手法をはじめ、彼独自の新規顧客の獲得法を赤裸々に語っていただきます。こちらは特に男性サラリーマンにウケル内容かもしれません。
小室さん、赤間さんともにフェイスブックやメルマガにおいても圧倒的な実績を出しています。そして 僕からは、 メルマガの書き方・潜在的ファンのリストのとり方、出版からプロフィールの書き方、大きなイベントの集客ノウハウ、ソーシャルメディアの正しい運用法からパーソナルブランディング構築法まで盛りだくさんでお話ししたいと思います。 
 
<お知らせ>
本合宿はおかげさまで満席となり、会場参加は出来ません。しかし、今回は地方の方やタイミングが合わなかった方にこの2日間計約12時間の合宿の完全動画を販売します。日本最高レベルの集客ノウハウが録画された動画で、オンデマンドでお好きな時間に世界中どこからでも視聴することができます。一人でも多くの人にメルマガ発行の第一歩を踏み出して欲しいので、今回は期間限定で特別価格で提供します。もう2度と同じ内容のものはやりませんので、興味のある方は、以下よりお申し込みください。
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=402434
2017-11-02

続・日本一分かり易い仮想通貨 セミナー 

テーマ:賢者との交流

2017年は、色々な意味で新しい時代の幕開けだったと思います。つまり大きな時代の変化です。変化や改革・革新は同義語ですが、人生がうまく行っている人にとっては、従来の常識が通用しなくなるからそれを好みません。一方の何もない人にとっては、時代の変わり目というのは大きなチャンスです。

戦後の日本を見れば、どういうことか分かると思います。
戦後の焼け野原で皆が極貧の中、どさくさに紛れて混乱期に野心をもって行動した者は、その後 巨万の富を得ました。小佐野 賢治・児玉 誉士夫・笹川 良一・田中角栄・・・彼らはまさに戦後のどさくさで大儲けしたのです。

今年時代の大きな変化をもたらした2つのキーワードはズバリ AI と 仮想通貨(フィンテック)です。

先週、ある青年にお会いしました。若干30歳、ごく普通の青年です。その彼、元手300万円からなんと20億円超にしたのです。それも僅か1年足らずでです。どうやって? 「仮想通貨」です。


彼のように資産を短期間で約1千倍にした人は稀ですが、数十倍や百倍程度なら僕の周りでも何人かいます。これは果たしてよいことでしょうか?僕は決してそうは思いません。2億円ならまだ納得できますが、20億となると常軌を逸して正直、怒りを覚えます。その一方で年収300万円の若い派遣労働者がマジョリティーの我が国ニッポン。真面目に働くのがバカらしくなる「悪い時代」ともいえます。

僕も含めて周りでもビットコインを買い損ねて、悔しい思いをしている人が大勢います。僕もビットコインであぶく銭を儲けた人の話を聞くのは面白くありません。今年の年初に10万円だった相場は、現在は1ビット70万円と7倍になっています。こんなに急ピッチで上がると買いたくても買えないのです。

さて先の青年がなぜ20億円に資産が膨れ上がったのか?ビットコインだけでは僅か7倍の上昇です。(これでも十分すごいですが!)秘密は ICO という未上場の通貨を購入して倍々に増やしたのです。

ちなみにIPOは会社の株式公開ですが、ICOは通貨の上場です。上場することにより基軸通貨であるビットコインに交換でき、リアル貨幣としての価値が出てきます。元々があぶく銭ですから、元金を回収したらどんどんリスクを取って買いに行く。それが雪だるま式にどんどん増えていったとのこと。なんだか面白くない話です(苦笑)

7月に弊社主催で初めて仮想通貨セミナー開催したところ、半日で60人がエントリーし、3日で100席が完売しました。日本の大手企業も続々と参入している仮想通貨市場。現在仮想通貨市場では800を超える仮想通貨が取引されています。しかしこの中で本物と言える価値がある仮想通貨はいくつあるのか?可能性、将来性は大きくてもまだまだ検証段階のものの通貨が多いのが実情です。そんな状況にあってもそれぞれの仮想通貨の価値は、大きく上昇しています。

仮想通貨の主たるプレイヤーは、かかつてはチャイニーズでしたが今は日本人です。ボラティリティ(変動幅)は高いが、底値は硬く高値更新の動きが続いており、買うタイミングがないほどです。それは実際に仮想通貨が、今後は世界共通の通貨としてどんどん認知されていくことを予言しているように思います。その理由としてスマホという簡単なプラットフォームで資金決済でき、手軽に入出金ができる。そしてそれ以上に魅力なのは、圧倒的に安価なコストでしかも素早く送金が可能。特に海外送金はコストが高いので、今後は銀行で行う人は激減するでしょう。金融機関も業務の一部を見直さざるを得ないでしょうし、銀行そのものの役割も変わっていくでしょう。
 
海外送金の件数は、過去15年間で2倍に増えています。
しかし今後は、フィリピンなど出稼ぎの多い国では、圧倒的に割安な送金手数料の理由で、仮想通貨での送金が加速度的に普及していくでしょう。また仮想通貨の特徴である流動性の高さ、資産としての持ち運びやすさ、ブロックチェーンの技術革新、通貨としての機能性などから、今後は投資商品として投資家や一般の消費者レベルまでに広く認知されていくでしょう。

またスマホの世界的な普及の追い風です。スマホの利用者はアフリカなど発展途上国の人々を中心に今後10年間で、更に10億人は増えると予測されています。仮想通貨を利用する事は、ポケットに銀行を持つようなものであり、これらの発展途上国の人々の間で利用者が増えていくのは間違いないでしょう。持っていない人にとっては悔しいけれど、残念ながら時代はそういう方向に向かっています。

そこで12月1日(金)19時より、このフィンテックと仮想通貨についての続編のセミナーを開催します。講師は前回同様、松岡 誠 さんです。 松岡さんはインバウンド着眼点をおき、インバウンド民泊客向け集客アプリを開発し、民泊スクールを開校。2013年 早期からビットコインの送金スピードやブロックチェーンのシステムに興味を持ち、ATM や決済端末を研究されている方です。今までこのテーマで講演者を探していましたが、セミナー実績も数多く、「分かりやすい」という点ではこの方が一番適任ということで今回もお願いしました。

今回のセミナーでは、仮想通貨の今後の動きと先のICOについてをメインにお話しいただきます。初心者にも理解しやすい内容ですが、さらに一歩進んだ極秘の内容も盛り込んでいます。参加ご希望の方は、下記よりエントリーください。

 

12月1日(金)19時 @大井町きゅりあん
続・日本一分かり易い仮想通貨セミナー 
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=401592

 

なお今回はICOに特化した極秘情報を少人数の方だけに放談会という形で提供します。こちらの日時は11月29日(水)場所は品川です。*18日は即日完売いたしましたので追加開催分です

参加者にだけ具体的な縁故案件も用意してくれるそうです。なお放談会参加者は、1日のセミナーにも前方のVIP席で無料招待させていただきます。悔し思いをして羨ましがるよりも自分もやってみたいと思う方は、こちらの放談会にご参加下さい。松岡さんが、ここでしか聞けない「とっておきの」内容を披露してくれるそうです。ICOに特化した極秘情報ですので守秘義務を守れる方のみ下記よりエントリーください。

11月27日・28日・29日 18
時より 

@品川インターコンチネンタルホテル
VIP 仮想通貨 ICO 中華放談会

おかげさまでこちらは3日間共に完売いたしました!
 

なお本レターは、仮想通貨購入を奨励しているわけではございません。あくまでも投資は自己責任でお願いします。では当日は皆さんとお会いできるのを心より楽しみにしています!

2017-10-26

2017 衆議院選挙

テーマ:ニュース・時事問題

衆議院選挙は予想通り、自民党圧勝でしたね。安倍さんは、よくやっていると思います。  アベノミクスは評価しませんが、 外交面では歴代の総理の中でも 突出したバランス感覚と フットワークの軽さを発揮しています。 海千山千のトランプやプーチンともうまく立ち回っているし、中国からの脅威に対し、世界の世論を味方につけ、各国の首脳とも良好な関係を築きつつあると思います。 

 

僕は安倍政権のマニフェストには概ね賛成ですが、一点 消費税増税だけは反対です。日本は欧米先進国と違い、庶民は景気回復を実感で来ていない。特に地方に行くとこのことを強く実感します。この状態で消費税10%にしたら、消費はさらに落ち込み、デフレ脱却と真逆の道に行くでしょう。

 

さて今回の選挙結果を見て感じたことは、たった一言が命取りになるということ。前回の都議会選では安倍さんが、「こんな人たちに負けるわけにはいかない!」といって大敗した。今回は小池さんが、「排除します」という一言で負けた。日本人はああういう上から目線には嫌悪感を抱く ということなのでしょうか?
                                                                                               

小池旋風は、あの一言で一気に逆風になった。自民との大連立を否定しない曖昧戦術も、安倍政権不支持層の受け皿になりきれなかった要因。結局 戦略のなさから、野党第一党は立憲民主党に奪われる結果に。小池さんの敵失に助けられたが、自民党は前原さんの無能ぶりにも救われた。 

 

それにしても民進党の解党はあっけなかったです。つい先日の「党首代表選挙は何だったのだろう?」と思います。前原さんはホリエモン偽メール事件に次ぐ2回目の大失態。これで政治生命は終わったでしょう。

 

今回の選挙で分かった大衆心理は、「人はブレや迎合を嫌い、リスクをとる勇気を好む」ということ。 民進党の名前ではもはや勝てないので、小池人気にあやかろうとして、希望の党の公認を取ろうと移籍した。しかしその安易な姿勢は有権者の不快感を生み、結果、多くの候補が涙を飲んだ。 

 

一方の旧民主党の大臣クラスは無所属で出馬した。こちらは比例復活はないので、退路を断っての出馬。リスクを取っているという点では、希望の党に移った候補者よりも潔く好感が持てたということでしょう。 もっとすごかったのは、立憲民主党の大躍進です。候補者62名に対し当選者54名。当選率90%です!誰がこの結果を予想したでしょうか?「ストップ・ザ・安倍政権」を最も期待されている存在であることがこの数字からも分かります。 

 

希望の党に鞍替えしなかったことは、安易に迎合せず、目先の損得に飛びつかずに(たとえダメな党であったとしても)そのぶれない姿勢が評価されたのだと思います。その象徴が新潟4区だったと思います。ここは不倫夫を持つ 金子 恵美 さんと菊田 真紀子 さんとの一騎打ち。退路を断って無所属で出馬した菊田さんが、崖っぷちの勝利を収めました。 

 

選挙のたびに思うのですが、70歳超の方は老害ですから出馬はご遠慮願いたい。小沢さん、菅さん、額賀さん、伊吹さん、細田さん、大島さん、野田 さんらはもう十分やったのでいいでしょう。この辺でいい加減、引退してほしいものです。また総理経験者も上がりのルールを作ってほしい。野田さんは、日本をダメにした張本人ですから菅さんと共にもう出ないでほしい。民主党のあの悪魔の3年は、バブル崩壊後の20年よりも日本の国益を損ねたとすら思います。国民はこの党に政権をゆだねるとどうなるか?を嫌というほど思い知らされた。だからあの3年は一生忘れないでしょう。 

 

個別の事案は触れませんが、豊田 真由子さんだけは、気になりました。さすがに落選しましたが、この方も「まぁよく出るなぁ」というのが率直な感想。与党なのだから公認するときは、人格もしっかり調べてほしいものです。選挙のたびに気になる土下座までしてお願いする姿勢は、見ていて痛々しいし、彼女に限らずやめてほしいです。もっと人間としてのプライドや尊厳は持てないのかな?と思います。 

 

この国の議員はあまりにも優遇されています。金銭面でもそうだが、グリーン車・ファーストクラス乗り放題など一般人から乖離した特典が多過ぎるから、一度なったらやめられないのでしょう。彼らは究極タックスイーターです。必要最低限の定数にし、税金が無駄に使われていないように人格もさることながら、あらゆる角度から監視するべき存在。重税感の痛みを感じながら日々細々と暮らしている私たちの思いも感じてほしいものです。

 

参議院は即刻廃止し、今の議員定数の半分で議会運営すべき。さらには小選挙区だけにし、比例復活もなくしてほしい。なぜなら「この議員を落としたい」という目的で投票する方の意志が反映されにくいからです。 議員削減も永遠のテーマです。マニフェストにはうたうが、実際に実現となるとトーンダウンし、結局 何も変わっていない。自分たちが法律を作るので権益を脅かす事案はカットされてしまう。結局土下座までして居直るということは、それだけ政治家という職業が相当おいしいということでしょう。議会の4割が世襲であることからもそれは裏付けられます。そろそろ世襲も出来ないようにすべきではないでしょうか? 

 

皆さんは今回の選挙をどうご覧になりましたか?なお 政治・経済・集客・マーケティングといった幅広いテーマで書き下ろしている鳥居の公式メルマガ 『ポジティブ・ライフスタイル』 のススメは、ヘッダーのメッセージボードより登録可能です。

2017-10-14

ヨシダソース 吉田 潤喜 会長

テーマ:賢者との交流

本田 健 さんらと ヨシダソースの吉田 潤喜 会長の御自宅にお邪魔しました!吉田さんは4歳で右目を失明しながらも、アメリカンドリームを夢見て19歳で単身渡米。その後 様々な苦難を乗り越え、年商250億円の事業を創業。 日本よりもむしろアメリカ方が有名な立志伝中の人物です。25,000坪と東京ドームよりも広い敷地の大豪邸でした。毎年夏にはご自宅で5,000人以上のパーティーができるほどの広場や、敷地内に山あり川あり高級レストランまであり、想像を絶する広さでした。アメリカの大金持ちはスケールが違いますね(汗)

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース