2013-02-08

『免疫革命』安保 徹 先生

テーマ:賢者との交流

鳥居 祐一オフィシャル ブログ「賢者との出逢いと交流」 Powered by Ameba
名古屋での『国際和合医療学会』で 安保 徹 先生とお会いしました。

安保先生は御存知の通り、免疫界の 世界的権威 です。しかし同時に医学界では異端児としても知られています。正論を述べているからこそ、そういった目で見られてしまうんでしょうね。

著書『免疫革命』を読んでみると分かりますが、現代医療が病を治すどころかむしろ重くしているという。
その一方、『民間療法的な免疫療法や代替医療には科学的・理論的裏づけがない』とも言っている。
そこで病気の根本的な謎を解き、免疫力がなぜ病気を癒すのかについての解明が重要なのです。

ガン、アトピー性皮膚炎、膠原病・・・いずれも現代の難病といわれる病気です。

これらの病気に対する現代医学の療法はすべて対症療法であり、体が持っている免疫力を徹底的に抑えこむもの。これでは病気を根本的に治すとにはならないのだと言う。

たとえば抗ガン剤はガン細胞の分裂を抑えこむけれど、リンパ球などほかの細胞の新陳代謝も抑えこんでしまう。

ガンは小さくなったとしても肝心の体力が衰え、からだ全体の治癒力がなくなってしまっては意味がない。

たとえばアトピー性皮膚炎に使われるステロイドは確かに肌を一時的にはキレイにしてくれる。しかし皮膚に沈着し、新しい皮膚炎や炎症を起こす。そこでさらに強いステロイドを使うという悪循環に陥り、自然治癒のチャンスを奪ってしまう。

痛みや熱や発疹というものは、体が自分を治そうとしている治癒反応。だから熱や痛みや炎症を通過しなければ、病気になった人間の体は元に戻らない。

耐えられない痛みには仕方がないが、長期に使えば逆に薬が新たな病気を生みだし、本当の治癒には行きつかない。

そして病気になるかならないかというのは、私たちの生き方にかかっているということです。

よく言われることですが、『心の持ち方が体調をつくる』 『意識と無意識をつなぐ呼吸』 『体を冷やしてはいけない』 そしていうまでもなく、『何を食べるか?』
 
食べ物が心と身体を造るのですから、『なるほど!』と思いました。

先生は『心の持ち方が体調をつくる』についてはとくに強調されていました。

じつは基調講演のときに会場内が少しざわついていました。理由は、会場内後方に健康関連のブースがあったからです。実は私も うるさいな と気になっていたんです。

すると安保先生はかなり機嫌が悪くなり、参加者に静かにするように!と怒って注意をされた。

でも次の瞬間 『怒ると身体に悪いからね ♪ 』 と独特の東北訛りで笑顔で話していました。

感情をコントロールし、笑顔を絶やさない。

そしていかなる場合においても怒らない。

適度な運動と身体にいいものだけを食べる・・・

これが長生きの秘訣かもしれませんね。

安保先生、貴重なお話しをいただきありがとうございました!


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

スピードブランディング 鳥居祐一さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

2 ■無題

心の持ち方って本当に大事なんですね。
安保先生、怒っても即座に感情をコントロールされている所はさすがの一言ですよね!

貴重な学びをありがとうございました。

1 ■☆鳥居 さん、こんにちは。

心の健康が、体の健康につながるのですね。
鳥居さんのメルマガでも食について
詳しく書かれていて、ためになる情報満載で
とても助かっています。

最近は何度もペタくださり、すごく励みになります。
何か無言で鳥居さんから褒められているような気がします。

今後とも末永くよろしくお願いします。

コメント投稿

コメントは管理者により確認されています。
掲載されない場合もありますので、あらかじめご了承ください。

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
    芸能ブログニュース