補足。地域枠の皆さんへ | 鳥大病院卒後臨床のブログ

鳥大病院卒後臨床のブログ

鳥取大学医学部附属病院の卒後臨床研修センターです。
研修医の日常や、指導医のひと言など、私たちの「今」をお伝えします。


テーマ:

みなさん、こんにちはニコニコ

 

台風一過台風

未明の地震と

災害が続いていますしょぼん

北に大きな地震が来たので

南や西のほうに歪みがたまっているかもガーン

気を引き締めなければパンチ!と思う今朝です。

 

北海道の皆さんの心の平穏が一日も早く取り戻せますようにお祈り申し上げます。

 

台風の大阪も凄かった目あせるみたいで

身内に聞きましたら

職場で隣のビルから屋上の貯水タンクが降ってきて窓ガラスが割れた滝汗、とか

JRと●急が止まってタクシータクシー待ちに何時間も並んで、帰ったら停電停電だったチーン、とか

壮絶な状況だったんだなと改めて思いました。

 

さて。

先日書いた地域枠の学生さんへの記事ですが

補足パーがあります。

鳥取県地域枠の、特別養成枠という超ローカルな話ですが(^▽^;)お付き合いください。

 

たすきがけプログラムで長く県外で研修を行うことは難しいと書きましたけど

具体的には3ヶ月までであれば県外へ行くことができます。

これは地域医療研修に限ったことではなく、どの診療領域の研修についても可能です。

(書けないこともあるので、ご相談いただければお話します)

 

また、山陰たすきがけプログラムでも、鳥取県内の市中病院病院とのたすきがけなら丸1年、

市中病院で研修を受けてくることが可能合格です。

県内の場合、たすきがけ先は鳥取県立中央病院、鳥取赤十字病院、鳥取県立厚生病院、国立病院機構米子医療センター、山陰労災病院の中から選んでいただくことになります。

 

自由選択プログラムでも、これに近いことが可能チョキです。

 

特別養成枠だからといって1つの病院でしか研修できないわけではありませんメラメラ

どんどん聞いて欲しいラブラブと思っています。

 

またそのほかの地域枠の方も、卒業後の条件をお伝えいただければご相談に乗れると思いますよ。

昔「なりたい自分になるビックリマーク」というキャッチコピーがありましたけど

私たち鳥大病院は

皆さんがなりたい自分になるために出来ることが多い病院学校

でありたいと思っています。

 

鳥大だけでなく

全国の医学生の皆さん

是非ご相談くださいべーっだ!チョキ

 

 

 

 

 

 

 

そつごっちさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス