道が決まっている人も、決まってない人も便利な「自由選択プログラム」のご紹介 | 鳥大病院卒後臨床のブログ

鳥大病院卒後臨床のブログ

鳥取大学医学部附属病院の卒後臨床研修センターです。
研修医の日常や、指導医のひと言など、私たちの「今」をお伝えします。


テーマ:

みなさん、こんにちはニコニコ

 

昨日の午後、うちで3月まで研修医だった院内専攻医の先生先生

学生ちゃんを連れて来てくれました音譜

「鳥大病院の臨床研修プログラムで聞きたいことがあるそうです」

 

それドキドキ  ホントに。

 

臨床研修というのは範囲は狭そう路幅減少だけれども

専門性が高いアップといいますか

掘ればむっちゃ深いダウンといいますか

担当外の方では説明が難しいしょぼんのですよ。

例えば

学生課、学務課などの学生ちゃんの担当課の職員先生に聞かれたとしても

変更の変遷の中の「今の臨床研修」を説明できる人はまず居ないでしょう。

これは、例えば家族に医師医者がいても同じで、家族の医師が現役の臨床研修のご担当でない限り説明は難しいハートブレイクでしょう。

 

そうしたこともあって、学生ちゃんがどういった情報を元に研修病院選びをしているのか、ということが気にかかってむっはてなマークいます。

就職情報サイトのやっている臨床研修ガイド的HPパソコンの情報とか

先輩の感想男性とか

ですかね。

そういった中で、自分に浮かんできた疑問をそのままにしないで欲しいのです。

聞きたいことを、要領よく説明することも難しいあせると思うので

やり取りをしながら、どういうことが聞きたいのか理解してもらいながら

本当に聞きたい核心を聞く耳

ということが出来ているでしょうか。

 

ここ数日で2件

どちらもうちの研修医だった先輩医師が学生さんを連れて来てキラキラくれました。

聞かれたことに答えた上で、今の研修を説明できるところに連れてあしくる。

これはかなりデキた対応キラキラです。

個人的感想だけでなく、違っていない答えを学生さんに示そうとしてくれていることに

本当に感謝ニコニコです。

そして、修了生がそうやって「間違ってない答え」を回答するところ、と卒研センターを認識してくれていることに、

心から感謝ドキドキです。

研修の中身を聞こうとしてくださった、来てくれた学生さんにも頭が下がりますラブラブ

 

給料が高い¥病院病院が良い研修を提供しているとは限りません。

宿舎が超広くて綺麗な病院が研修医を大事にしている合格とは限りません。

学生ちゃんたちが自分の目目でしっかりとその病院と臨床研修を見てほしいと思います。

そうすることで

「聞きたいこと」が出てくると思います。

そして、聞きたいことにさくっと答えてくれる病院、

出来ないことも含めて、出来ないことを教えてくれる(^▽^;)病院が良い病院かなと思います。

 

医師養成を取り巻くいろんなニュースがひときわ多いこの夏船ですが

私達、鳥大病院卒研センターは堅実合格に、そして誠実ドキドキに研修を運用していくのみメラメラです。

 

 

 

 

 

 

そつごっちさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス