鳥大病院卒後臨床のブログ

鳥取大学医学部附属病院の卒後臨床研修センターです。
研修医の日常や、指導医のひと言など、私たちの「今」をお伝えします。


テーマ:

みなさん、こんにちは得意げ

 

今見たら、ブログ本文の上にくる「メッセージボード」が、何かたくさんあせるになってます。

行事がね…多いんでガーンごめんなさい。

今週末は指導医講習会ですし、結構忙しいですよ(TωT)

 

先日は医科の第2回採用試験メモでした。

暑い中、沢山の学生さんがお越しくださいましたドキドキ

・・・・・エアコンエアコン直ってて良かった・・・・・(^▽^;)(^▽^;)

採用試験でいつも感じるのは、各研修科の教授方が熱心アップに取り組んで下さる事です。

本当に有り難いおねがいです。

 

さ~て~

今日は星小児科系プログラム星のご紹介です。

小児科系プログラムは、小児科に進む研修医をサポートする専門性の高いキラキラプログラムで、24カ月のうち10カ月間を本院学校の小児科、脳神経小児科、NICU、病院群内の小児科病院で研修することとなっています。

 

鳥大病院の小児科は、大学小児科だけあって研究グループが6つあります。

内分泌代謝G、肝臓消化器G、循環器G、腎臓G、新生児G、血液・腫瘍G、です。

 

また、小児科以外に「脳神経小児科」という診療科があり、小児神経の診療と研究を行っています。

脳神経小児科は全国的に見ても優れた診療と研究を行っており、キラキラ有名キラキラです。

 

研修医として診療に参加する時も、こうした専門グループの研究を間近で見る目ことが出来ます。

また診療施設としても小児病棟の他、MFICU、NICU、GCU、脳とこころの医療センター、遺伝子診療科など、小児を診療する部門が手厚くラブラブ、しっかりと整備ラブラブ!されています。

 

小児科は人気で、入局者が毎年複数で続いています。

若い先生も多く、和気あいあい音譜とした医局です。

小児科の基本から専門的な領域まで、しっかりカバーグッド!されていて、先輩も多い。

小児科医になるなら、ウチの小児科系プログラムは絶対お勧め!!です。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

そつごっちさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

同じテーマ 「ブログ」 の記事

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。