鳥大病院卒後臨床のブログ

鳥取大学医学部附属病院の卒後臨床研修センターです。
研修医の日常や、指導医のひと言など、私たちの「今」をお伝えします。


テーマ:

みなさん、こんにちはニコニコ

 

昨日、今日と予報を裏切る良い天気晴れ

涼しくなった朝晩の通勤時、走っている人走る人を見かけたりして

季節の移ろいもみじを感じます。

というか

焦り滝汗を感じます・・・・・運動しないといけないのは私(x_x;)

緊急コールが鳴って研修医の先生たちに置いて行かれるDASH!ようでは笑い泣き

 

え~~さて。

気を取り直して。

今日は救急・集中治療医プログラムの紹介です。

鳥大病院は来年にはドクターヘリヘリの基地病院になる予定です。

現在も1日に1,2回飛んでますが、県の防災ヘリや、他県のドクヘリなんです。

防災ヘリは色んな災害での利用を想定していて、大きいのでちょっと大変。

医療搬送に特化したキラキラドクターヘリを鳥取県でも設置することになり、その基地病院病院となる、という事です。

搭乗するのはもちろん、救急科のドクター医者です。

 

鳥大病院の救急・集中治療医プログラムは、救急医の養成をするプログラムで、

必修と選択必修の他は基本全て救急科研修救急車となります。

初期研修で救急のプログラムって、そうないですよね。

全国の特色ある厳選された合格4つの救急病院で6カ月間研修が可能グッド!です。

 

国立災害医療センターは災害医療に一番早く対応する国の中心機関であり

藤沢市民病院はしっかりとした北米型救急(いわゆるER)を学ぶことができ、

浜松医療センターは地域の救急医療コントロール(浜松方式)を行っていて、

兵庫県立災害医療センターは神戸にあり、震災の経験を生かした機動的な医療体制が敷かれています。

 

このプログラムの修了生、現在の研修医ともに藤沢市民病院を2クール(6ヶ月×2回)選んでいますが、個人的には半年ずつ、違う特色の病院に行くのもかなり勉強になるメラメラと思います。

3年目の4月ではすでに救急診療のノウハウを身に付けた「任せられる医師キラキラ」となっているわけです。

 

中高生が医師になろうと思う時、それはやはり人の命を救いたいアップという気持ちから、だと思います。

だとしたら、救急医はそれを率直に形にしたクラッカー領域と言えるのではないでしょうか。

 

救急科の先生たちはアツいメラメラ人が多いです。

救命に命を掛けるビックリマーク医師になる。

あなたも救急医を目指して鳥大病院学校で研修しませんかはてなマーク

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

そつごっちさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。