鳥大病院卒後臨床のブログ

鳥取大学医学部附属病院の卒後臨床研修センターです。
研修医の日常や、指導医のひと言など、私たちの「今」をお伝えします。


テーマ:

みなさん、こんにちはニコニコ

 

朝晩が過ごしやすいキラキラ気温になりましたね。

立秋恐るべし。

立秋って「お盆の前に来る」くらいしか考えていませんでした汗が、太陽黄経が135度の時

って決まっているんですね。

正直、思っていたより科学的パンチ!

私が知らなかっただけだと思いますがガーン

 

さて。

今日はサマーセミナー2日目合格でした。

学生ちゃんがたくさん来てくれるとホントに嬉しい音譜

診療科の先生方、ありがとうございました。

大学病院学校という名前の「硬い」イメージが

少しでも親しみやすいラブラブものに変わっていたら嬉しいです。

 

大学病院での研修の良いところは、なんと言っても「近未来の自分のロールモデル」となる若手医師タリスカ先生が各診療科に必ずいて、3年目の専門医研修への移行が大変スムーズアップなところです。

 

イメージしやすいですし、実際に若手がどのようなことに携わっているのか、自分の専門医取得のために何をやっているのか見ていただける目と思います。

 

え~~丁度去年の今頃ですが(^▽^;)

鳥取県臨床研修指定病院協議会で作成した研修病院のビデオビデオカメラ

うちの病院の動画では

「3年目はロケットスタートロケット」とキメ顔ドヤ顔で言ってくれた研修医がいました。

でも本当にその通りビックリマークだと思っています。

 

まず環境に慣れ、人に慣れ、医療機器に慣れ、やり方に慣れ・・・・・

市中病院病院で研修をして3年目に後期研修で大学病院学校に来た人は、これを4月に全部やるんです。

大学病院学校で研修をした医師は

これらは全部すっ飛ばしてDASH!診療科の即戦力となります。

そして自分の専門医研修の事を考えながら、学会指導医と、どういう症例を経験していくかを決めていく。

10歩くらい先を行くことになります。

 

臨床研修がそれだけで終わりなら、給料が高いラブラブ!¥といった事で行き先を決めるのも一手ですけど、これは医師の始まりなんですよ。

あなたの医師人生の基礎を作る2年間。

そしてその後に続く専門医研修を見越した上て、どこで初期研修をするのか、考えて下さい。

 

また、進路が決まらないあせる人は、途中変更の融通がきく研修が出来るグッド!病院であること。

「自由ですよ得意げ」と言いながら、国の決めている必修と選択必修以外にも実際には研修科が決まっている叫びプログラムの病院は多いです(特に市中病院)。

これはある種仕方がないことでもあるんです。

診療科によって医師の数が足りなかったり、指導医がいなかったりして、研修できない診療科が存在することは間々有る(*´Д`)=зからです。

 

よく調べて、納得のいく研修が出来る病院を選んでください。

6年生の学生さんたちは採用試験の真っ最中だと思いますが、最終登録日までに、しっかり考えて下さいねべーっだ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

そつごっちさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。