安心して下さい、手当出てますよ。 | 鳥大病院卒後臨床のブログ

鳥大病院卒後臨床のブログ

鳥取大学医学部附属病院の卒後臨床研修センターです。
研修医の日常や、指導医のひと言など、私たちの「今」をお伝えします。


テーマ:

みなさん、こんにちはっニコニコ


6年生はもうすぐメラメラ国家試験に出発メラメラです。

地元で絶対受けるビックリマークという方以外はバス一団バスで広島へ。

今週その壮行会があるんですよね。


ホントは壮行会に行きたいんだけど(´_`。)

行って、頑張ってきてーーーーーーーーーーーーーーーっ(>0<)

て言いたいけど。

プレッシャーになる可能性のある事はしないことになったガーンので

こっそり窓からお見送りするだけパーに留めておきますね。


皆さんがいつから医師になりたいと思っていたかは違いがあると思いますが

これが最後にして最大の難関パンチ!です。


学生生活の終わりが見えてきた今、夢に向かって乗り越えるしかないっメラメラ

ご健闘をお祈りしております。


さて。

鳥大の給与が近隣の市中病院に比べて低いことを

ウチを選ばない理由に挙げているアナタっビシ!


基本領域の専門医を取るまで、位は

優先合格すべきはそれではない┐( ̄ヘ ̄)┌


医師としての基礎作りで何を身につけることができキラキラ

何を考えられるひらめき電球ようになるか

それが大事パンチ!です。

 

そして、ウチの研修医も宿日直をして手当が出ている¥

救急科研修の時は特殊勤務手当が出ている¥わけで

実は結構いいお給料ドキドキです。


「給料」と「何が身につくか」を天秤に掛けたら

やっぱり後者だと思うけど

どうしたら分かって貰えるかな~・・・ショック!と悩んでいるところ。


勉強したいことって、学生個々、研修医個々で違います。

そして、途中でそれが変わるビックリマークこともよくあること。

そうした「変更があるかも」を含んでもやりたい研修や勉強がちゃんとできるグッド!、それが選べる

これが私達のウリ合格です。


そして専門医を取るのに新制度となるこれから医師になる世代の方に

いち早くそれらの情報をお届けする事ができるキラキラのも

学会の評議員や理事が多い大学病院の強みニコニコだと思っています。


そして大学の研修医の処遇だって、実はちゃんとしている。

常勤職員で採用となるので、研修医の間も共済組合加盟年数に数えられているし

病院の賠償責任保険の対象者となり、病院内の診療において何かあった時も

バックアップしてもらえるチョキのです。


例えば月の手取りが良くても、非常勤職員として研修医を採用の病院病院だったら

賠償責任保険は自己加入しないと何も保障が無かったりガーン

厚生年金といえども共済組合ほど多くの特典が無かったりむっ

色々実は大変なこともあるんですよね。



ここまで書いても多分伝わってないんだろうなー(*´Д`)=з

と思うので、取りあえず

安心して下さい。ウチも手当出てますよべーっだ!

という事だけは言っておきたいと思います。


今度の合同説明会で、卒研センターブース覗いて | 壁 |д・) 下さい。

書けないようなことビックリマークも、じっくりラブラブマッタリラブラブ!お話しさせていただきますよ音譜


学生ちゃん、是非ドキドキ




そつごっちさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス