鳥大病院卒後臨床のブログ

鳥取大学医学部附属病院の卒後臨床研修センターです。
研修医の日常や、指導医のひと言など、私たちの「今」をお伝えします。


テーマ:

みなさん、こんにちは(☆。☆)


30度温度計越えってガーン

夏日じゃなくて、真夏日ですからね汗

年配の方や赤ちゃんも急に気温が上がって大変です。


うちは老猫にゃーがいるので、室温がとても気になるんですけど

スマホで家のモニターチェックできるヤツ付けたいくらい。

元気で長生きしてほしいキラキラです。


さて。

先日来、これからの専門医の話、医局の話など書いておりましたら

タイムリー合格に新専門医制度における専攻医採用までの説明会をして下さる事になりました。

いや、取り急ぎなので研修医だけ対象ですよ。


しっかり聞いて、質問してパーほしいと思ってます。

自分たちの将来そのもののことですからねべーっだ!


そうそう、この前、医局って悪くないですよと書きましたが

じゃあどうやって医局員になるのかはてなマーク、入局するのかはてなマーク、について書いてなかったな~ (^▽^;) と思って

今日は補足です。


1.教授または医局長にアポを取る。診療科(医局)の秘書さんに電話電話をして日程を取ってもらう。

2.直接会いに行くあし

3.「こちらに入局させてほしいですラブラブ!」と話をする。

4.承諾され、喜んでくれるニコニコ

5.会ったのが医局長なら、その後教授に紹介される。

6.喜んでくれるニコニコ


終わり。

終わりはてなマークホントに!?


ええ、終わり┐( ̄ヘ ̄)┌


まあ、その後、同門会や忘年会や歓迎会に呼ばれたりしますけどね。

んで、科によっては酒宴ビールで、医局長と固めの杯お酒となることもありますけどね。

ま、これはあくまで儀礼的なことであり、実際にはあなたの「この道に進みたい」気持ちが教授や医局長に届くこと、受入れられること、が確認できたら入局キラキラなのです。


ビックリするほど簡単でしょ…・・(´0ノ`*)


例えばチューターやクラス担当の教授にアポ取って会いに行くでしょう、あの感じで直接「入局したいラブラブ」と言えば手続き的にはそれで入局なのです。


そして、それは学生の時にも有る事なんですよ。

もう絶対に医師免を取ったらこの科に進むメラメラと思っている学生さんも少なからず居ます。

学生の段階でも入局したいという気持ちを伝えに行き、内定のような格好で入局予定者として扱ってもらうのです。

その分野の専門医に関する情報などがいち早く手に入るドキドキので、進路が絶対に!というくらい決まっている人は良いかもしれませんね。


医局にしても、断わることはほぼ無いですからね。

若手が自分のところの分野に進むことを希望している、なんて、嬉しいラブラブ!以外にあるのでしょうか。

後継者が来てくれることは医局にとっても願ったり叶ったりクラッカーなのです。


実際にその科の所属となるのは、初期研修が終わって3年目からです。

所属するまでも、いろいろ教えていたいたり、イベントに連れて行ってもらったりと

先輩たち、大事にしてくれますラブラブので、是非みなさん、考えてみて下さい。


医師としてその分野で一人前になる環境として、こんなに恵まれていることは他にないと思いますよニコニコ









AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「センターの日常」 の記事

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。