鳥大病院卒後臨床のブログ

鳥取大学医学部附属病院の卒後臨床研修センターです。
研修医の日常や、指導医のひと言など、私たちの「今」をお伝えします。


テーマ:

みなさん、こんにちはニコニコ


今夜は今月2回目の満月で、blue moon満月

青くないけど、珍しい「once in a blue moon」から来ているらしいです。


満月は好きですね。

消え入りそうな細い細い三日月三日月も素敵ですけど

満月の夜は、月に照らされた青白い景色が静寂に包まれていて

ベートーベンの「月光」をいつも思い出すのです。


・・・・・単にピアノ曲が好きドキドキ、ということかもしれませんけどね(*^.^*)


さて。

明日は医学部のオープンキャンパス学校

病院の職員も沢山手伝いに出て、高校生ちゃん女の子男の子宇宙人を受入れます。

病院内の見学もあるので、ダヴィンチの手術室や救命センターのヘリポートなど

行かれることでしょうね音譜


今年は私は手伝い要員ではないので、暑い中皆頑張ってねヾ( ´ー`)、と応援しておくことにします。


実は昨日、研修医の某先生とをしていて、

「自分が心掛けていること合格」を教えてもらいました。


それがいわゆる「医師を目指すときの初心キラキラ」につながる話でね(^ー^)

「挨拶ニコニコ」だそうです。


医師国家試験に合格して医師として臨床研修をスタートさせると、

次々に違う診療科や違う病院に順応しながらあせる

必死にいろんなことを覚え、身につけることで本当に精一杯の生活になります。


そんな中、指導医が自ら毎日朝早くに出勤して回診サーチ目したり

入る予定の手術の勉強本をしたり、

夜中でも自分の患者さんの急変連絡に飛んできたりビックリマーク

休みの日も患者さんを診てべーっだ!

患者さんの容体が良くなると本当に嬉しそうニコニコだったりする、

その姿をみて

「ああ、こういう医者になりたい(☆。☆)」と思ったのだそうです。


そういった上級医が見せる、挨拶もまた、研修医にとっては改めて考えされられたようですよ。

患者さんや家族だけでなく、病院で出会う全ての人に

同じように挨拶や会釈をするラブラブ


こうした、社会人として当たり前のことがきちんとできる

それが「信頼」を生み出すと学んだ、とその研修医は言っていました。



何というか、グッドキドキと来た。


医師になる人は、やはり賢くないと医学部に入れなかったり(;^_^A

国家試験に受からなかったり(゚_゚i)するんですが

賢い=良い医者じゃない。


賢いうえで、

人として当たり前のことが出来

真摯に研さんを積もうとする心アップを持った人であって欲しいと強くビックリマーク思います。


医学生のみなさんも、医師になろうと思ったきっかけは様々だと思いますが

人の為になる仕事、命を救う、命を守る、崇高な仕事として

憧れキラキラがあったのではないでしょうか。


命に関わる仕事の中心に居る医師。

賢いから医師になる、ってモンじゃないパンチ!


大変だし忙しいですけど、やっぱりハートラブラブあっての

医師、だと思いました。


ずいぶん前に働き始めて、日々明け暮れているけれど

こうした自分の原点に触れるというか、琴線に触れる出来事が有ると

頑張ろうっアップて思います。


自分の初心を想うことのできた晴れ良い出来事でした。








AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「センターの日常」 の記事

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。