鳥大病院卒後臨床のブログ

鳥取大学医学部附属病院の卒後臨床研修センターです。
研修医の日常や、指導医のひと言など、私たちの「今」をお伝えします。


テーマ:

みなさん、こんにちは~(・∀・)



今回はハトの話じゃなくて、真面目にプログラムの話です(^▽^;)


鳥取大学医学部附属病院には臨床研修プログラムは8つありますが、このうちの5つは専門性が高い合格プログラムとなっています。

最先端外科専門プログラム、精神科プログラム、小児科プログラム、産科婦人科プログラム、救急・集中治療医プログラムがその5つです。


今日は、昨今の精神科疾患の増加に伴い、社会的にもニーズが増している「精神科医」を養成する精神科プログラムをご紹介べーっだ!します。


このプログラムは、医師として必要なノウハウを広く身に付けつつ、精神科医として必要な、患者さんの社会機能の向上を目指すための最適な治療プランを構築できるよう精神科医としての高い専門性について研修をするものです。


必修科目として内科6カ月、救急3カ月、地域医療1カ月、その他選択必修科目を研修する外は精神科研修を10カ月と、自由選択科目2カ月となります。


先日、卒研センターで以前研修を修了した先生から、精神保健指定医の申請のために実務経験の証明依頼が来ていました。

この精神保健指定医の申請にあたっては、臨床研修の中の精神科研修を実務経験として申請することが出来ますチョキ

もともと、精神科研修は選択必修科目のうちの一つに挙がっているので、殆どの研修医は1カ月研修に行っているのですが、精神科プログラムではこれが10カ月、として実務経験になるわけです(^~^)

マッチング時に「精神科医になるっメラメラ」と決めている人には、是非お勧めしたいキラキラプログラムです。


鳥大病院の精神科は人気で、今年4月の入局者はうちの修了者が2名、そのほか他病院の研修修了者もいます。その前の年も入局者があり、結構毎年入局者があるイメージがあります。

若い先生が多く、活気のある医局なのかもしれませんねニコニコ


卒後臨床研修センターには、現在このプログラムのマッチ者がいて研修を行っていますが、精神科の教授や医局長も親身になって相談に乗って下さるようですし、日々活き活きと研修をしておられます。


精神科が気になっている人は、学生のうちに見学病院に来られるのもいいと思いますよ(^-^)/

おススメですラブラブ





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。