大阪 ロックDJ ちゃんAKI | 鳥クルッテル.incのブログ

鳥クルッテル.incのブログ

「トリクルッテルドットインク」と読むのです。


テーマ:

サイトマップ(目次)  > K ロックDJ 徳島  >大阪 ロックDJ ちゃんAKI

 

 

鳥クルッテル.incのJimiです


2016年12月3日
邦ロックメインのDJイベント

渡り鳥 大阪編
http://www.wataridoripj.com/

に出演する

ちゃんAKI

の特集です。


 

 

プロフィール

 

大阪出身。中学時代にマキシマムザホルモン、X JAPAN、SlipKnot等を聴いて音楽に

ハマる。生徒会の特権を活かし学園祭や文化祭で曲を流して遊んだりする。
高校に入り軽音部に入ってベースを始め洋楽を中心にコピーバンドをスタート。

そして大学に入学と同時にDJ活動を始めることを決意する。
主に心斎橋付近でバンドの転換DJやDJイベントでDJを務め、

2016年8月にonionnight! 8th anniversaryにて転換DJで出演する。

 

以下インタビュー形式でお届けします。

 

 

 

-------最初の質問です。プロフィールでも説明して頂いたのですが

ロックDJを始めたきっかけをもう少し詳しく教えてもらえますか?

 

 

 

「高校生のときに割とかっちりしてる軽音部に入っていてベースをしていました。
かっちりしているというのは軽音部はちゃらいイメージが強いらしく、あまり受け入れ

られにくいということで朝早くに校門であいさつ運動をしたり、欠点が3つ以上で休部だったり、頭髪検査引っかかると呼び出しをくらったり何かと厳しい部活でした」

 

 

-------私の高校は軽音部が無かったからあるだけでかなりうらやましいですねw

学園祭でバンドやるのも誰か先生が顧問というか担当になってもらわないと駄目で

体育の先生に無理やりお願いしてなってもらった記憶があるなw

 


「そんな中で大学生になり音楽が大好きで何か音楽に関わりたいと思い音楽スタジオの

バイトの面接を受けたのですが落とされて。。。しかも大学の軽音部もゆるい感じだった

んで高校のときの軽音部とのギャップもあって馴染めないなと思い途方にくれてたんです。」

 

 

-------体育会的なノリは確かにあまり無いかもね。私は軽音サークルに入ってましたが

その時期は音楽にストイックな人達が多かったから活躍してる人も多いです。

 

 

「そんな時に大学に”ストリート部”というDJ、ダンサー、ラッパー等のパフォーマーや

アーティストが集まる部活があって「確かバンド音楽流すDJてあったよな」と思い、

その部活に入ってDJ活動をすることを決意しました。」

 

 

-------ロックDJをやるうえで心がけてることってありますか?

 

 

「ちゃんと繋ぐことです。」

 

「ストリート部に入ってまず見たのが部内にいるクラブでやっているDJさんのプレイ

だったのでミキサーでつまみ弄って違和感無く次の曲に繋がるってプレイが当たり前で、

それがカッコイイって思ってたんですよね」

 

-------ストリートというかクラブミュージックのDJは確かに基本そうだよね

 


「でもいざ自分がロックDJになるにあたって”ロックDJってそもそもなんだ?何してるんだ?”

と思ってイベントに遊びに行った時にほとんどの人が曲間はフェードイン、フェードアウトでやっていて思っていたDJイベントと違っていたんですよ。
それから何回か他のイベントにも行ったんですがどのイベントも同じ感じでそのときの僕は「これなら練習せんで良くない?誰でも出来るならやりたくない」と思っちゃってロックDJを辞めようと思ったんですよ。」

 

 

「でもそんな時にたまたま見た好きなバンドのライブの転換DJの方がめちゃくちゃ上手に

曲を繋いでて、フロアのウケもめっちゃ良くて今までフェードインとフェードアウトで繋ぐ人

しか見たこと無かった僕には衝撃的すぎて「こんな凄いDJがいるんだ、こんな人になりたい」

と思いました。」

 

 

 

「トラウマじゃないですけどそんなエピソードもあってその上手な方がPCDJを使っていたの

でその影響ですぐに買い揃えてDJの練習を続けました(笑)
フェードイン、フェードアウトで繋ぐ方をディスる訳じゃないしその方々は大体僕には

出来ないMCで盛り上げちゃったりする素敵な方々もいます。」

 

 

-------確かに人それぞれスタイルがあるからね。

 

 

「でも、それは僕には出来ないし上手いDJがカッコイイなって思っちゃったので上手いDJを

する為に”ちゃんと繋ぐ”事を意識してやってます。
もちろん”DJを楽しむ”ってのは前提でありますが自分が楽しむ為にかっこいい繋ぎで

バチって決めてお客さんはもちろん、自分で自分もアゲられたら最高ですよね!」

 

 

 

 

-------ちゃんAKI君のロックDJに対する姿勢というか関心がある点がよく

わかりました。それとは別に客観的に見てロックDJの魅力ってなんだと思いますか?

 

 

「始めやすいところだと思います。多分ロックバンド好きな方ってCDもよく買うと思うし

今CDJを置いてるライブハウスって多いと思うんでそのままCD持っていくとDJ出来ます。

クラブと違ってそこまでスキルが必要じゃないのかなあと思うのですぐにDJになれると

思います。実際周りの人でも”当日教えるからDJやってみよーよ”と言われてそのまま

ロックDJになっちゃったて人沢山知ってます。」

 

 

-------確かに始めるのは他のジャンルのDJに比べたら敷居が低いとは

思いますよね。それは良いことだと思います。願わくばそれぞれのスタイルを

確立するところまで頑張って続けて欲しいなとも個人的には思います。

大阪のロックDJシーンを見てどう感じてますか?

 

 

「どこもそうなのかも知れないんですが若いDJの方が少ないですよね。

僕19歳からDJ始めて今21歳なんですけど未だに歳下のDJさんってほぼいないです。
せっかくCDJを置いてるライブハウスも増えてDJイベントなんかも増えてきてるのに

勿体無いなあと思います。」

 

 

-------次の質問ですけど私はオーガナイズもやるので気になる話なんですけど

理想のDJイベントってどんなものだと思いますか?

 

 

「初めて来た人でも楽しめるイベントですかね?
実際に僕が初めて遊びに行ったイベントは身内感がすっごいあるイベントで自分なりに

「入れてよー」って混ざりにいったつもりだったんですけど「いや、こっちはこっちでやるから。」

みたいな感じが強くてあまり良い印象では無かったのを覚えています。

他府県でDJやらせてもらうときもそーですけどイベンターの方がすっごい優しくて

歓迎されてるなって感じるときがあるんですよ。そう感じるとDJするのもやりやすいし、

難しいですけどその歓迎感(?)をお客さんに対しても出せてお客さんにも伝わるから

楽しみやすいと思うし結果みんな楽しいハッピーなイベントになるのかなと思います」

 

 

-------初めての人が楽しめるのは大事ですよね。今回大阪で出演してくれる

enou君もそこは大事にしてるし渡り鳥はDJイベント初めてという人がかなり多い

イベントなのでそこは出演DJ陣全員で良い雰囲気作っていきたいですね!

 

 

-------最後に今オススメのバンドを教えてください。

 

 

・虎の子ラミー


ザかっこいい女な楽器陣になんか愛くるしいボーカルのパンチの効いてるバンドです。
人間的にも凄い良い人達でお姉ちゃんみたいな人らで仲良くさせてもらってます。

 

 

ヒモになりたいZE☆

 

 

ハリケーンパンチ

 

 

 

・さすらいナンバープレート

 

高校の軽音部が同じで一緒にバンドやってた難波くんがギターボーカルをしてます。
彼は高校の時から変な感性を持っていて、「それを音楽って形にしたときにどーなるんやろ」

と思ってました(笑)実際視聴してライブ見に行って体感して欲しいです。

 

コスモヒューマニズム

 

 

 

 

 

無料メルマガ登録48人の地域から開催するというミッションに挑戦中!
邦ロックメインのDJイベント渡り鳥のサイトはこちら


http://www.wataridoripj.com/
 

 

 

 

 

 

toricrewさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス