仙台 ロックDJ ユヤマモトキ | 鳥クルッテル.incのブログ

鳥クルッテル.incのブログ

「トリクルッテルドットインク」と読むのです。


テーマ:
サイトマップ(目次)大阪 ロックDJ まめしば>仙台 ロックDJ


鳥クルッテル.incのJimiです。


邦楽ロックDJイベント 「ユグドラシル」 6月14日@幡ヶ谷heavy sick
に出演してくれる


ユヤマモトキの特集です。




仙台のロックDJシーンについてもインタビューしてみました。



Jimi(以下J)
「よろしくお願いします。早速ですけど自己紹介ということで自分のプロフィールと
 オーガナイズしてるイベントについて教えてください。」


ユヤマ
「仙台発、ロックで踊る!をコンセプトにDJイベント【sendaiTune】 をオーガナイズしています。
 ダンスロック主体でDJ+ゲストバンドのスタイルです。今年で4周年になります。
 パーティー感を大切にした空間作りを心がけてます!!」
 



J「sendaiTuneの名前は前から目にしてたのでようやく今回ユヤマ君にお願い出来て嬉しいです!」


ユヤマ
「個人の活動としては【ARABAKI ROCK FES12,13,14】花笠ラウンジでDJ出演しました。
 あとはGetting better仙台開催時のサポートもしました。オーガナイズはsendaiTuneの他に
 バンド企画の「No.1 Party Anthem」、DJイベント「Festival」も主催してます。」


J「フェスでDJって若手はみんな目標にしてると思うので体現してる人のインタビュー
 は貴重だよね。」

J「これはみんなに聞いてる質問なんだけどロックDJをやろうと思ったきっかけって
 何かありますか?」


ユヤマ
「もともと音楽好きでライブやフェスなどへ遊びにTuneのオーガナイザー3人で
 行ってました。その中でGetting BetterやFREE THROWなどの有名イベントでDJの楽しさ
 と魅力に触れました。」


Getting BetterやFREE THROWなどのDJイベントについての記事はこちら



J「他のDJも入り口がフェスって人は今ほんと多いよね。DJ+バンドっていうことでは
 FREETHROWの影響なんかも当然ある、と。そこからDJやってみようと思ったわけだ。」


ユヤマ
「同時期、仙台で盟友でもある【Aims】というDJイベントとしては先駆けとなるイベントが
仙台で始まりました。そこでDJというものを経験し、感化され、自分たちもパーティーを
0から作っていってみたいと意気投合し始まった企画がsendaiTuneです。」


J「そのAimsとsendaiTuneで仙台のロックDJシーンを引っ張ってきたんだよね!ロックが生まれる
 瞬間がそこにあった、と。興奮するわww」


ユヤマ
「始めは30人程度の規模で開催してました。ゲストバンドを呼ぶことはもちろん、
 ここまで長く続くとは初めは思ってませんでしたが、おかげさまで今年で4周年
 を迎えます!!」


J「動員100人超えは当たり前の人気イベントもスタートはそこからなんですね。」


J「大体老舗のイベントがあって若手がいる、っていうのが普通なんだけど仙台に
 関しては若手がそのまま牽引していったという点が面白いです。
 それはフェス出演なんかが客観的にも証明してるわけでだし。」


J「この流れで次の質問なんですが仙台でロックDJを楽しめる店を教えてください。」


ユヤマ

仙台 NeoBrotherZ

ぼくがイベントでよく使わせていただいてる箱です。
TUNEはここでの開催が多いです。

BAR&EVENT HOLE Tiki-Poto

仙台の音楽好きや、バンドマンの集うお店です。雰囲気がとても良いです。
弾き語りライブなどもあります。


超五感cafe&gallery PANGAEA

ぼくが初めてイベントをやらせていただいた、イベントスペースですね。
50人程度のキャパで、仙台のイベントの多くがここからスタートしています。

MACANA

仙台と言ったらここ!といった感じのライブハウスです。




J「イベント前後にに立ち寄るオススメな所はありますか?」


ユヤマ
「本当に観光地になってしまいますが、日本三景にもなっています松島ですかね? 
 冬なら街中でやっているイルミネーション(12月なら)定禅寺通り「光のページェント」
 も有名です。」





J「日本三景wwロックを楽しむ前に雄大な景色で心を洗うとww」


J「オススメなバンド、たくさんあると思うけどあえて一つお願いします。」


ユヤマ
「特に一つ上げるならSTOROBOYですかね。
イベントにも何度か出ていただいていて、とてもリスペクトしているバンドさんになります。
サウンドがとてもかっこいいです。」

STOROBOY - METROPOLIS




J「それとこれはどうしても触れないといけない話題だと思うんだけど震災前後で
 自分や周りの音楽って変わりましたか?」


ユヤマ
「震災がきっかけでたくさんのアーティストがいろんな地域に来てくれました。
 ぼくもよく足を運んでいました。
 実際音楽から元気をもらった人ってたくさんいると思うんですよ。僕も実際そうでした。
 音楽だけじゃなくいろんな支援をしてくれたバンドや団体もいました。
 本当に感謝も尽きません。ほんとに音楽ってすごいなって思います。」


J「自分は昔バンドやってた時に仙台呼んでもらったことがあるので震災直後の話や
 画像見て言葉が出なくなったことを覚えてます。。」


ユヤマ
「ですが自分のイベントとして考えると少し変わってきます。これは僕が大きな被害を
 受けていなかったから言えることかもしれませんが、僕はイベントやDJをやる上では
 震災があったから~ということにあえて触れたことはあまりありませんでした。」


J「なぜですか?」


ユヤマ
「というのもこれはとても難しい題材です。周りにはぼくなんかより被害の大きかった
 方がたくさんいます。受け方やとらえ方は本当に多岐にわたります。
 にわかに発言するべきことではないと思いました。」


J「近くにいるからこそ切実に感じることかもしれませんね。」


ユヤマ
「にわかに発言するべきことではないと思いました。僕にはさっき言った
 「すごいなっ」は備わっていないと思ってました。」

(もちろん直後はイベントなど開ける状態にはありませんでした。)

ユヤマ
「だから、以降何かを行う際は、あえて発言はせず、せめて僕は自分達の街で今まで
 やってきたことを、自分達でもっともっと続けたいし、もっともっと面白いことを
 したい、というシンプルな思いで今までやっていました。
 そしてこれからもやっていくと思います。」


ユヤマ
「そんなイベントに足を運んでくれて何かを感じてくれてる人がいたらとてもうれしく
 思います。」


J「ありがとう。じつは自分もその点迷ってて地域の代表ってことで呼ぶとなると
 どうしても気になる部分なので前回呼びたかったんだけど躊躇してたの。
 おかげでスッキリしました。純粋に音楽しに東京来てください!!」


J「最後にイベントに対する意気込みというか一言もらえますか?」


ユヤマ
「都内でのDJは初めてですが、ハッピーな空間をみんなで作れたらと思います!」


J
「当日楽しみにしてます!!インタビューご協力ありがとうございました!!」



twitterアカウント

ユヤマモトキ @oyuya_tune

sendaiTUNE @sendai_TUNE


出演情報

4月20日 Festival vol.3 @PANGEA


札幌 ロックDJ EZOorDIE!へ


サイトマップ(目次

toricrewさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス