藤岡市の創業111年の和菓子屋 どら焼きが絶品の虎屋本店 通販お取寄せ・ネットショップ

群馬県藤岡市の創業明治38年老舗和菓子屋。オリジナル焼印入り和菓子・どら焼き・鬼サブレが人気。メッセージ帯や季節どら焼きあります。贈答品やお礼の品、内祝いやお中元・お歳暮!母の日、父の日の贈り物、帰省のお土産にも。和菓子の贈答品なら虎屋本店で決まり!


テーマ:
・【コーヒーに合う和菓子アワード】このコンテストにエントリーした想い。


こんばんは。群馬の虎屋本店のレポーター&通販・お取り寄せ担当で、3代目の娘、中山佐江子です。

8月1日より、投票がスタートしている、AGFさん主催の「コーヒーに合う♡和菓子アワード2017」たくさんの応援を頂戴しておりまして、ありがとうございます!




虎屋本店では「珈琲に合う!」と自信がある、2つの商品をエントリーしております!



8月1日よりすでに投票がスタートしております。

現在、全国各地にお住いのお客様にたくさんの応援を頂きまして「鬼サブレ」はなんと・・

サブレ

【関東ブロック1位、全国1位】の位置におりますっつ!!!!!驚



そして、もう一つの大切な和菓子「鬼もなか」も・・




【関東ブロック2位、全国3位】です!



こういったコンテストに参加するのは、虎屋本店の歴史上初めてなのですが、こんなにすごい順位に位置させてもらっている事に、ビックリして、この記事を書いている私の手も若干、震え気味です。


でもでも!!!

このコンテストにエントリーする時に決めた目標があるんです。

やるからには、絶対にその目標に向かってひた走ろうと思っています。



虎屋本店が目指している目標、それは!!!

もちろん「グランプリ」ですっつ!!!!!


でも、虎屋本店の私たちだけでは、到底実現させる事のできない、壮大な夢でもあります。


それでは、先に、なぜ、今回、虎屋本店はこのアワードにエントリーさせて頂いたのか?

アワードバナー


そこから少し、お話をさせて頂けたらと思います。



虎屋本店のある、群馬県藤岡市は、群馬県の南部に位置しており、車で5分も走らせると、埼玉県との県境です。




人口は約7万人の街です。


虎屋本店がある場所は、藤岡市内の商店街。




夏祭りの時には、お店の前の道路が通行止になり、お神輿や山車で賑わう藤岡の中心部に位置しております。




そんな昔からの方々が多くいらっしゃる場所で、虎屋本店は、初代の代から4代目の現在に到るまで、地域の皆さまにご支持を頂き、お店を営んで参りました。

そんな虎屋本店も、現在は、インターネットの力を借りて、日々、全国各地に和菓子を発送させて頂いております。

これは、初代の時代には考えられなかった事です。


地域密着の昔ながらのお店が、現在の SNSというツールを使って、全国にいるお客様へ、店舗にお越し下さった事がない方々へもお菓子を届ける事ができる時代なのです。

これは、初代や2代目のおじいちゃんが聞いたら、ビックリして腰を抜かすと思います。笑




その時代、時代のやり方や販売の仕方って、あると思います。

しかし、こうやって虎屋本店がインターネットを使って、全国のお客様に商品をお届けする時が来るとは思っていませんでした。


それが、ここ3年程前から、インターネットでの販売を開始し、北は北海道・南は沖縄に到るまで、たくさんのご注文を頂けるようになり、店舗にご来店くださった事がなくても「お得意様」と呼ばせて頂けるお客様が全国に現れました。



これは本当にすごい事だな、ありがたいなと日々のご注文を頂く中で感謝の気持ちでいっぱいです。


そんな日々を過ごしていた先月、この「珈琲に合う♡和菓子アワード】の事を聞きました。

グランプリを決める、選考方法と選考基準。

聞いた時に、迷う事なく「チャレンジしたい!」って思ったのです。


その選考基準はこちらです。



<< アワードの選定基準 >>

味覚的なおいしさに加えて、それぞれの和菓子が持つ物語が、珈琲と和菓子を愉しむ時間を、より一層豊かなものにしてくれるという考えに基づき、下記、3つの選定基準を設定。

1・その和菓子が持つ、歴史的背景やストーリーの魅力

2・その和菓子と、地域の文化や特産物などとの関係性

3・珈琲との味覚的な相性


和菓子が持つ、歴史的背景やストーリーの魅力。

鬼サブレ、鬼もなか、共に「鬼」という名前がついています。


この「鬼」とは「鬼瓦」の事です。





虎屋本店には、初代の小林長三郎の代より「瓦」をモチーフにしたお菓子がたくさんあります。




ちなみに、3代目はなぜ「鬼」とつく代表的な和菓子がないかと言うと・・洋菓子職人だったからです。

あ、でも、「鬼ケーキ」とか作れたかな?

なんて考えつつ・・先に進みます。笑



群馬県藤岡市は、昔から鬼瓦の土が豊富で、昔から鬼瓦づくりが盛んな土地でした。


そのため、地元の特産物をお菓子とする事で、町おこし・他市他県への紹介になると考えて、初代が考え付いたのが「鬼瓦」のお菓子なのです。


これが、初代が虎屋本店で初めて作った「瓦煎餅」と言うお菓子です。



この瓦煎餅は、今もなお、地元の方々より愛されております。


そしてですね、鬼瓦には、魔除けの意味があります。

鬼瓦は、睨みつけるような迫力のある表情が印象的ですよね。




降りかかる厄災などから住まいや人を守るために、屋根の上からこわい顔で睨みを効かせているのです。

また、その家の人の想いが込められている事もあるそうです。


自分の代から、末代までの繁栄を願ったり、家内安全など、そのお家の人の想いや願いを込めて作られているのが「鬼瓦」です^^


顔だけ見ると、一見、こわい!と思うかもしれませんが、とても縁起の良いものなのです。


そして、今回エントリーした「鬼サブレ」「鬼もなか」

この2つも、美味しく、縁起の良い和菓子を皆さんにお届けしたい!という想いから、4代目が考案いたしました。


鬼サブレは、サクサクのバターの風味かおるサブレの生地を、香ばしい焦がし最中の皮にサンドしている、焼き菓子で、新食感のふんわりと空気感のある食べ応えは、コーヒーにとても合います。




鬼もなかは、5色5種類の味があり、彩りも豊かで、飽きがこない美味しさで、贈答用にも喜ばれております。





今回の「コーヒーに合う♡和菓子アワード2017」は、インターネットによる投票です。

地元密着の虎屋本店が、インターネットを使って、全国の方からご支持を頂く事にチャレンジするのは、正直、戸惑いもありました。

でも、虎屋本店のファンは、地元の藤岡市だけでなく、群馬県、また全国にいらっしゃる!

だから、頑張ってみたいと思ったのです。


そして、せっかくチャレンジするならば、グランプリを獲りたい!全国1位になりたい!!そう思っています。



全国1位になった景色を、3代目・おかみさん、4代目・若女将・職人・スタッフ、そして、虎屋本店を応援してくださった皆さんと、みんなと見てみたい!

そして、地元・藤岡を、群馬県を全国に広く知らせるキッカケになれば!!!

その想いで今、一生懸命頑張っています。


エントリーされているお店は、大きい店舗さんも有名な店舗さんもたくさんいらっしゃいます。

でも、チャレンジするからには、精一杯頑張りたいと思っています。


今、お店のスタッフ、そして、お客様との大きな輪ができてきています。

31日まで、ただひたすらに、突き進んでいきたいと思いますので、どうぞ皆さま、応援してください!

image



投票は、1日1回、毎日できます。


・「鬼サブレ」を応援する!

鬼サブレ

サブレ


・「鬼もなか」を応援する!

鬼もなか




全国各地から、応援のメッセージありがとうございます!

皆さまからの温かい応援がとても励みになります。

これからも頑張りますので、どうぞよろしくお願いいたします!!!


そして、私には、グランプリをプレゼントしたい人がいます。37年休みなく働き続けてきた母に、日本一をプレゼントしたいのです。


今日もお読みくださりありがとうございました。

群馬の虎屋本店のレポーター&通販・お取り寄せ担当で、3代目の娘、中山佐江子でした。



どら焼きへの名入れ・どら焼きへのメッセージ・オリジナル焼印入りどら焼き・夏季限定のかき氷・名前入りの和菓子・季節の詰め合わせ・鬼サブレなどが人気があります。

お土産・入学祝い・卒業祝い・退院祝い・お誕生祝い・七五三・ひな祭り・端午の節句・お盆・お彼岸・敬老の日・母の日・父の日・内祝い・お中元・お歳暮・創立祝いなどにご利用頂いております。
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(6)

創業111年の虎屋本店レポーター&通販担当:中山佐江子さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント