冷え込む夕ご飯に頂きたい中華の豆腐料理をご紹介します。

熱々ふうふうが美味しい!!

老少豆腐といって老人から子供までみんな大好きな豆腐料理という意味です。

生徒さん達に好評で、作り方も簡単なので、ぜひお試しください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<材料>4人分

豆腐(木綿)2丁

小エビむき身150g

 

海老の下味

塩一つまみ

こしょう

卵白1個分

片栗粉小さじ2

 

葱2cm分

生姜1かけ

ごま油小さじ2

パクチー2本

 

:たれ

醤油大さじ2

酒小さじ2

こしょう

スープ50cc
<作り方>

1)豆腐はザルの上げ、水けをきっておく。

2)海老は背ワタを取り除きボールに入れて、塩小さじ1、片栗粉大さじ1をふりかけ手で
 良くもんで水洗いする。まな板にとり包丁で細かく切る。下味の調味料をまぶしておく。

3)葱、生姜はみじん切りにする。

4)豆腐をボールにとり手で荒くつぶす。海老、生姜、葱の半量、ごま油、こしょうを加えざっくり

 混ぜる。深い丼に入れる。蒸気の出ている蒸し器で強火で10分蒸す。電子レンジでも
 短時間でできます。

5)たれの調味料を小鍋に合わせ火にかけ、ひと煮立ちさせる。蒸し上がった(4)にかける。

 残りの葱とパクチーの刻んだものを散らす。