どうすれば身体を柔らかくできるのか | SEITAIBUDO

SEITAIBUDO

からだを養い・鍛え・育てよう!


テーマ:

当館の整体・パーソナルトレーニング・パートナーストレッチ各コースでお見えになるクライアント様の多くは『からだを柔らかくしたい』というご希望が多数を占めています。

『ストレッチはしているがなかなか柔らかくならない・生まれつき硬いから無理・柔らかくする方法がわからない』といったお話を頂きます。

そもそも柔軟性とは、関節可動域(関節が最大限に回転できる範囲)のことで、関節の構造が柔軟であるほど可動域が広くより大きな動きが可能であり、関節の構造が強固であるほど可動域は狭く動きは小さくなります。

なので『からだを柔らかくしたい』という場合、具体的にどの関節の可動域を広げたいのかを明確にしたうえで、その関節に関連共働している関節と筋肉にもアプローチする必要があります。

たとえば立位体前屈を大きくしたい場合、主動する股関節を中心に、上は腰椎・胸椎、下は膝関節・足首までの関節と筋肉に独立した柔軟性が必要であり、これらが複合的に合わさって体前屈の評価が大きくなります。

柔軟性を構成する要素は関節の構造や筋肉の伸張など個人差が生じやすいので、ただ柔らかくしたいというよりも、個人の生活習慣や運動種目による動作に適した可動範囲を得ることが最適ではないでしょうか。

http://www.urawa-kenyukan.jp/

永心 EISHINさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス