身体の隅々まで酸素を行き渡らせる | SEITAIBUDO

SEITAIBUDO

からだを養い・鍛え・育てよう!


テーマ:
先頃の新聞によると、ケガの治療法として身体の隅々まで酸素を行き渡らせ、腫れや痛みを和らげて回復を促進させる『高気圧酸素治療』というものが紹介されていました。

具体的には潜水艦のような装置の中で酸素マスクをつけてくつろいで座っているだけのもので、60分ほど100%の純酸素を吸うことで、障害のある組織により多くの酸素を供給することができて炎症を改善するなど回復効果も望めるそうで、これにより復帰期間も3割ほど短縮できるそうです。

ここで注目したのが、『身体の隅々まで酸素を行き渡らせる』ということ。
私自身、身体の隅々まで酸素を行き渡らせることでケガの回復を早める実体験を持っています。

幸い身体は丈夫な方でこれまで大きなケガをしたことはありませんが、いわゆる『ぎっくり腰』を過去4回程見舞われています。

最近では昨年5月のある夕方、突然立っていられないほどの激痛が走り、動けない状態に。
横を向いて寝ているのが精いっぱいで寝返りすら打てない状態ですが、ここで腹式呼吸法を用いて酸素の摂取量を増やすと次第に炎症が軽減され、翌日の昼には自力で立ち上がれるようになりました。

次いで立位で骨盤を固定する立ち方を用いての腹式呼吸を2時間ほど行うことで自力歩行が可能となり、ここから極めてゆっくりではありますが外に出て2㎞ほどの歩行をこなすと腰と股関節の可動域が広がり、立位での痛みはほぼ解消しました。

さらに腹式呼吸をつづけて翌日には日常生活の70%をこなせるまで回復、そして発生3日目は通常通りの生活と業務に復帰できるところまで回復しました。

とはいえ、私が実践した腹式呼吸法は少々専門的なものであって、常日頃から稽古を積んでいることが結果回復を早める手段となったわけで、高気圧酸素治療のような純度の高い酸素を摂取したわけではありませんが、先に述べた『身体の隅々まで酸素を行き渡らせる』ことでケガによる腫れや痛みの緩和にも繋がり、さらに腹式呼吸を用いると腹圧が上昇して痛めている腰椎(骨盤の上にある背骨)をミリ単位で広げることで痛みの緩和に繋がっていると考えられます。

よく考えると、子供のころなどに転んでケガをしたり、ふいに足を机の脚の角などにぶつけた際に『フーッ』っと大きく深呼吸すると痛みが緩和することってありますよね。
あれも無意識のうちに酸素を多く取り入れることで痛みの緩和修復を促し、精神的にも落ち着きを取り戻す行為なのかもしれませんね。

てなわけで呼吸と酸素摂取、身体の修復に大いに役立つことは疑いなきもののようです。

永心 EISHINさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス