寅壱の歴史を勝手に探るシリーズ第12弾~色々悩む2530-206ツータックパンツの巻 | 【寅壱公式オンラインショップ店長日記】

寅壱の歴史を勝手に探るシリーズ第12弾~色々悩む2530-206ツータックパンツの巻

みなさんこんにちわ!!寅壱公式オンラインショップ店長ですニコニコ

 

寅壱に潜む色々な謎、小さな謎。その一つに勝手にスポットを当て勝手に探るシリーズの第12弾。いつもはどうにかこうにか結論を導き出すこのシリーズなのです……が、今回は自分では解決出来ず、『知っている人がいれば教えてほしい!!誰か助けてあせる』という実に無責任なテーマですあせるあせるあせる

これまでにも幾度となく書いて来たように現在の私の仕事のメインともいえるのが2530シリーズの特注生産・販売。その中でもよくお問い合わせやご依頼を頂くアイテムの一つがこちら、2530シリーズを代表するワーキングパンツ2530-207ツータックパワー


それからトビの上着とともに御購入頂く方が多い人気アイテムがこちら2530-234高所用K-1パンツ


実はこの二つのアイテムには共通点がありまして、本体のカラーによって腰裏の色が異なります。

 

既に廃番になってしまっているカラーを特注生産でご依頼いただいた場合、可能な限り通常生産時の仕様に合わせます。これまでにも特注のご依頼を何度も頂いたのでこの二つのアイテムにおいては、本体カラーを聞けば瞬時に腰裏のカラーをお答え出来るようになった私。まあ、ささやかな自慢と受け取ってくださいウシシ

上記のルールを当てはめると本体が13.クロの場合は腰裏はシルバーになりますね。ここ、覚えておいてくださいねニコニコ


で、問題はここからあせるあせる


同じく2530シリーズのワークパンツの一つがこちら2530-206ツータックパンツ


画像ではややわかり難いかもしれませんが、両膝横のポケットが無いタイプのズボンです。この商品もかつての生産履歴を振り返ってみると2530-207ツータックパワー2530-234高所用K-1パンツと同様に本体カラーによって腰裏の色が変わります。

で、お客様からのご依頼に対応している際に偶然気付いたのですが、この2530-206ツータックパンツ13.クロは…どうやら腰裏はブルーでかつて生産されていたらしいのです目つまり私がこれまで【2530の常識】とまで信じて疑わなかったツータックパワーや高所用K-1パンツの仕様とは異なります。

ただ、これも社内資料での判断のみ真顔実際私は2530-206ツータックパンツの13.クロをこの目で見たことがなく、これに関する正しい情報も中々得られない状況です。さらには他のカラーは上記2品番と一致しているのに、この本体:クロのみが不一致という状況汗どこを信じるべきか断定できず、もしここで2530-206ツータックパンツの13.クロの特注依頼を頂いたら一体私はどんな仕様で生産すればよいのでしょうガーン

 

 

そこでお願いですウインク

もしこのブログをご覧いただいた寅壱ファンの方で、『2530-206ツータックパンツの13.クロはてなマーク持ってるよ!!』って方、いらっしゃいましたら是非とも腰裏のカラーを御確認ください。そしてその答えを私にお知らせくださいませ音譜

私が寅壱に入社してから20年。しかしほんの20年ではまだ知り得ていない寅壱の歴史が山ほどございます。これからも胸を張って『寅壱の歴史を勝手に探るシリーズ』が連載できるよう、皆様からの情報をお待ちしておりますひらめき電球ひらめき電球ひらめき電球

 

それでは今日はこのあたりで。失礼いたしますニコニコ