【芸能界の三大タブー】

芸能界には絶対的に犯してはならないタブーがあります。

芸能界も日本の社会の一部である以上、法的に犯してしまえば、法的にさばかれてしまいますし、業界の復帰も難しくなります。

①覚醒剤使用。日本では法律違反になります。法的処罰されてしまいますし、病院で治療してからの釈放になります。

尚且、どのプロダクションも事務所も警察が関与した段階で、強制的に契約を切られてしまいます。それが現実です。

その後、どんなことになるかは、想像は付くと思いますが、なかなか芸能界への復帰には時間が掛かるし、協力者がいなければどんなに人気があって難しい事態です。

②裏社会との繋がり
所謂、“ヤクザ”との繋がりを持つ事です。これもまた、今では法的に処罰されてしまう事もあるので、気を付けた方が良いですね。

大抵は義理・人情等に流されてしまったり、事務所自体の方針だったりが原因になりますが、バレてリークされてしまったら、終わりです。芸能界での活動は出来なくなってしまいます。

ポイントは絶対に写真に撮られない事です。芸能人として命とりになってしまいますので、気を付けましょう。

③宗教法人に入らないこと。
特に日蓮宗派には絶対に入信しないことです。

もししてしまったり、親や兄弟が入信してしまっている場合は、絶対に公表せず隠しきる事です。

バレてしまえば、②と同じ事になってじいます。宗教の自由ではないかと思われる人も多いと思いますが、芸能界では許されません。

又、特定の企業のファンを公表する事もタブーです。

後、政治の政党も同じです。

特に宗教に関しては、歴史の中で色々と問題を起こしているので、意味嫌われてしまいますので、気を付けましょう。

芸能界には、色々なタブーはありますが、最低限①②③は理解して生活致しましょう。

誘惑等が多いのも又、芸能界の特徴ですが、自分を確りと持って行動致しましょう。

なかなか難しい世界です。



一緒に舞台で、芝居をしたい方は↓

興味があって、やる気のある方は  ↓

映像の仕事に興味のある方は  ↓


AD