北海道札幌市に住むtopspin(トップスピン)の日記・独り言

ご訪問ありがとうございます。毎日いろんな話題を書いていきたいです。ニュース、芸能特にアイドル、スポーツ、投資、経済、金融、ビジネス書、マーケティング、ネット集客、北海道、札幌市など話題に更新していきます。


テーマ:
2010年発売の「どうして羽生さんだけが、そんなに強いんですか?」(著者梅田望夫)を読むと渡辺棋王の三浦九段の冤罪事件の火種を所々に見つける事ができます


この時期に三浦九段は羽生名人(当時)に挑戦していて、その時に有力な関西の若手プロ棋士を呼んでホテルで缶詰めにして研究をしていたと書かれています


その他にも三浦九段は若手プロ棋士達の新手や新研究をよく聞き出していたという話もあり、深浦九段と共に少し批判が起きていたようです


それから渡辺棋王がNHK杯戦の観戦記で三浦九段と深浦九段と丸山九段を質問三羽ガラスと批判して、因縁も生まれました


その後に渡辺棋王は気が強く闘争心旺盛な深浦九段に結構負けて、和解したようで一緒にフットサルをしています


また丸山九段は筋トレが趣味のマッチョの武闘派なので、こちらも渡辺棋王はあまり手を出さなかったようです


そして気が弱く人見知りの三浦九段にはおそらく渡辺棋王はいろいろ盤外戦も仕掛けたようで、一時期三浦九段の10連敗とカモにしました


ただ三浦九段も深浦九段も研究熱心で有名で特に三浦九段の研究熱心さは研究の鬼と言われるくらい凄いものだったので、このトッププロ棋士の2人と研究した若手プロ棋士達は得るものは多かったと思います


こういう状況で変化が起きたのは、三浦九段の結婚であの事件の原因になったA級順位戦まで渡辺棋王の3連敗となりました


あのA級順位戦の渡辺棋王の三浦九段との対局は三浦九段の新研究からのフルボッコの圧勝で負けた直後は渡辺棋王も三浦九段の研究にやられたと思いました


ここで久保王将や千田六段などの関西棋士達など周りが渡辺棋王にソフト不正の疑惑を煽ったと思います


おそらく関西棋士達は三浦九段との研究のやり方に何かトラブルがあったのか?と思いますし黒幕で動いたのは関西棋士達で表で動いたのは渡辺棋王やその子分の佐藤天彦名人辺りも加わったように思います


あの事件の背景は三浦九段の凄く若い奥様をもらって、さらに竜王戦という最高賞金のタイトルに挑戦をした事による嫉妬もある上に、渡辺棋王はA級順位戦の惨敗や盤外戦が通じなくなった恐怖でこの話に積極的になったと思います


渡辺棋王が集めた週刊文春の秘密会合のメンバーを見ればフットサル互助会や関西棋士互助会のメンバーがほとんどで島元理事がいたのを見れば、読売新聞も背後にいた可能性が高いと思います


将棋村は狭い村社会なので、そこで渡辺棋王や関西棋士互助会に嫌われて三浦九段はあの騒動でプロ棋士生命を断つやり方をされたのでしょう


彼らの誤算は羽生永世七冠が利用されたのと三浦九段潰しのあまりに酷いやり方に激怒して猛反撃を始めた事で羽生永世七冠が動いたら将棋村は誰も対抗できないので、渡辺棋王や関西棋士互助会は敗走していきました


ただこの本を読んで気になるのは、三浦九段と久保王将の関係もこの時期はまだ良好で関西棋士達も付き合いがあったようで、何のキッカケで関係が悪化したか気になりますね


結局渡辺棋王の三浦九段の冤罪事件は将棋連盟も渡辺棋王も久保王将も秘密会合に呼ばれた佐藤会長や佐藤天彦名人も誰も黙秘権を使っているので、真相は闇の中です


ただあの事件後の渡辺棋王と佐藤天彦名人は絶不調になったのが、気になりますね


将棋村は水面下でいろいろありますね

topspinさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。