topspin(トップスピン)の日記・独り言

ご訪問ありがとうございます。毎日いろんな話題を書いていきたいです。ニュース、芸能特にアイドル、スポーツ、投資、経済、金融、ビジネス書、マーケティング、ネット集客、北海道、札幌市など話題に更新していきます。


テーマ:
三浦九段の問題は処分の撤回要求と復帰を願う切ない内容で第三者調査委員会で改めて調査するということは処分の根拠が無意味になったという考えるのが普通ですから、この撤回要求は当然でしょう


今回の三浦九段の3回目の反論は竜王戦の第3局の1日目にぶつけてきたのを見れば、三浦九段側の連盟への怒りを感じます


一方連盟側はこの三浦九段の反論を受けても沈黙で窪田七段や片上理事のツイッターやブログなど一部のプロ棋士の発信程度しかないです


そして週刊文春ですが、こちらも渡辺竜王の独占告発を取材した中村記者が文春のネットで逃亡したと話題で三浦九段の第二弾の内容で予想できましたが、新情報無しで保身に走っている印象です


三浦九段の3回目の反論に対して、連盟側が無視をするのは最悪で三浦九段のA級順位戦第5局の問題もありますし三浦九段が精神不安とプロ棋士生命の危機を訴える切実な内容なので無視は連盟の印象をかなり悪くします


個人的には三浦九段の問題は第三者調査委員会もどう扱っていいか困っているのではないかと思います


第三者調査委員会は連盟が雇い主ですが、三浦九段を黒認定するにしても千田五段の一致率や渡辺竜王一味の黒認定証言と離席が多いなどの理由だけで証拠がまともにない状況ですし処分理由も休場届未提出は、事情聴取に渡辺竜王が参加する不自然さの上に連盟と三浦九段の言い分が真っ二つに分かれていて、文書も録音テープもない状況です


これでは第三者調査委員会も困るのは当然で仮にいい加減な理由で三浦九段を黒認定したら裁判にすぐに突入する流れになり、連盟は裁判で負けると思います


要するに連盟は打つ手がなく身動きが取れない状況だと思いますが、このまま先送りをして三浦九段のA級順位戦第5局などの年内のA級順位戦に影響が出れば三浦九段への損害賠償はさらにどんどん大きくなります


さらに連盟の公益法人廃止や新聞社のスポンサー離脱の問題もあり、谷川会長が前に連盟は経営が苦しい小さな組織と言っていたという話がありますが、私もそう思います


連盟は公益法人で税制優遇措置を受けていると思いますが、さらに年間一億円位の補助金も出ているという話もありますが、これらが事実なら公益法人廃止は連盟にとって大きなダメージになります


また新聞社のスポンサー離脱も今の時代は新聞社も経営苦戦中なので連盟のスポンサーが理由で販売数が減る可能性やイメージ悪化する可能性があるなら大義名分があればすぐにスポンサー離脱したいと思います


これだけ厳しい状況で今の連盟の首脳陣は打つ手がなく身動きが取れないか?現実逃避で強がっていると思います


しかし不思議なのは渡辺竜王一味や連盟が竜王戦という最高棋戦でこんな強引な挑戦者交代をあんな理由で行えば、こういう連盟の存続も危ぶまれる大問題になるとは考えなかったのか?ということです


この三浦九段の問題はソフト不正の告発よりも三浦九段を竜王戦の挑戦者にさせない事が目的に見えますし今の連盟の対応の遅さを見れば三浦九段の処分の対応だけ異常に早かったのは明らかにおかしいと思います


また連盟は今回の竜王戦の開催中に現役竜王の渡辺竜王の独占告発が週刊文春から発売された経緯と渡辺竜王の対局拒否発言の問題を説明するべきだと思います


週刊文春の将棋担当の中村記者は元奨励会の人で渡辺竜王や島理事と仲間だという疑いもあり、羽生三冠王が島理事に送ったメールの内容が漏れた問題やトッププロ棋士の秘密会合とその内容が漏れた問題もあり、渡辺竜王と島理事と週刊文春の中村記者の関係が気になります


しかし週刊文春は三浦九段の問題は渡辺竜王や島理事から取材したと書いていますが、プロ棋士仲間を週刊誌に売るのは前代未聞でどんな酷い組織でも仲間を売った人間には厳罰で処分されますから週刊文春の独占告発問題こそ第三者調査委員会が調査することだと思います


また連盟や渡辺竜王一味が標的にして潰そうとした三浦九段は福田元総理の一族というリアルで政治力がある相手というのも笑えない話で読売グループのナベツネとも仲が良い一族でこの一族が本気で怒ったら連盟はすぐに消し飛びそうです


しかし三浦九段の3回目の反論が出ても連盟はもちろんプロ棋士仲間達も沈黙とはプロ棋士という人種はずいぶん冷酷で薄情に見えますし連盟が箝口令で強制的に押さえつけているなら北朝鮮のような組織だと思います


今回の三浦九段の問題で深刻なのはプロ棋士や将棋のイメージが最悪になった事で将棋にハマるとプロ棋士のような酷い人間になると思われてきている状況でこれでは将棋のイメージアップに必死だった先人達の努力を一気に無駄にした印象で連盟存続の危機でしょう


三浦九段の問題は今後の展開に注目しています



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

topspinさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。