topspin(トップスピン)の日記・独り言

ご訪問ありがとうございます。毎日いろんな話題を書いていきたいです。ニュース、芸能特にアイドル、スポーツ、投資、経済、金融、ビジネス書、マーケティング、ネット集客、北海道、札幌市など話題に更新していきます。


テーマ:
今回の三浦九段の問題で連盟とプロ棋士という職業の寿命が大幅に縮小したと思いました


今回の三浦九段の問題でプロ棋士の実力はスマホの将棋アプリ以下というイメージが定着したスマホ不正問題でプロ棋士の幻想がどんどん無くなっていきました


またこの問題での連盟や渡辺竜王と渡辺軍団の週刊文春の独占告発を始めとする週刊誌ゴシップ連発の強引なやり方は非常識に見えてプロ棋士の品格も大きくイメージダウンになりました

これまで将棋は集中力や先を読む力を養い礼儀も身につくなどのイメージで他のボードゲームと差別化していたものが今回の問題の醜態の数々で将棋村の将棋脳は非常識で先を全然読めない人を作るというイメージになりました


今更の話ですが、三浦九段の問題は表面化させるべき問題ではなく、もっと早くに将棋ソフト対策をしておくべきでいろんなツケが一気に来たのと竜王戦挑戦者交代が強引すぎてプロ棋士内のドロドロした部分を見せつけられて、その上連盟からまともな説明もないので将棋ファンは呆れていると思います


連盟もやっと第三者調査委員会を発足させましたが、これは連盟の主導なので調査結果次第ではさらに混乱するでしょう


さて現時点でのこの問題の決着の落とし所ですが、連盟は三浦九段の白黒にこだわり黒認定できればいいという感じで将棋村の将棋脳も黒認定で解決という雰囲気ですが、そう簡単な話ではなくなっています


三浦九段側の出方次第ですが、三浦九段側はまだプロ棋士として復帰も考えているので様子見だと思いますが、復帰を諦めた段階で名誉毀損や損害賠償の裁判を起こすでしょうし裁判に勝つ可能性はかなり高いでしょう


そうなると連盟はかなりの金額の損害賠償をした上に不当な処分を行なった組織となり、大きなダメージを受けそうです


さらに三浦九段は福田元首相の一族なので復帰が絶望になれば、連盟の公益法人剥奪や新聞社のスポンサー離脱などに動く可能性もあります


特に読売グループのナベツネと福田元首相の一族は関係が深いので竜王戦は廃止になりそうで今回の騒動で経営が苦しくなってきている朝日新聞や毎日新聞もスポンサー離脱をする可能性が高いでしょう


だから三浦九段の問題は一番いい解決策は三浦九段との和解でその後の復帰ですが、そうなると三浦九段側は当然今回の告発をした渡辺竜王や渡辺軍団の処分を求めると思います


今の将棋界では渡辺竜王と若手棋士達を中心とした渡辺軍団はかなりの勢力のようでそうでなければこのような強引な三浦九段の処分を実行できない訳でこの勢力の排除はかなり難しいでしょう


そうなると三浦九段の問題が白でも黒でももう一波乱があり、泥沼化しそうでそれを見て公益法人剥奪や新聞社のスポンサー離脱などの流れになると思います

連盟もこの人数のプロ棋士を抱えていられなくなり、将棋の強さだけでプロ棋士という話は無くなり将棋ファンがスポンサーとなる流れが加速し人気が重要になってきます


最後に私ですが、連盟のこんな見苦しい運営が続くならフジテレビの時に近い気合いで連盟の公益法人剥奪と新聞社のスポンサー離脱になるような流れを作っていこうと思っています


今後に注目しています
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

topspinさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。