【文献】
運動習慣を有する更年期の女性ランナーにおける不定愁訴と気分
The Effects of Exercise on Climacteric Symptoms and Mood States in Female Marathon Runners
梶原 洋子(文教大学教育学部)ら 1998
文教大学教育学部紀要 (32), 23-31, 1998-12

引用:現在のライフ ス タイルの中に ラ ンニ ングとい う身体活 動を習慣化し、上手に構築してい る女性ランナーは心身ともに健康的で ラ ンニ ング がqualityoflife(QOL)
の向 上に好 影響 を及 ぼしていることが明 ら
かになった。
①更年 期の女性 ランナーに比べて 低年齢め
実業団 選手は心 理的ストレスから「憂鬱」の
尺度 が有意 に高値であった。
②更年 期にある ランナーは年齢 に有意差 の
ない健:常な一般 女性 に比 べ て、更年期 障害お
よびその中等度以上の有症状の発症頻度は有
意に低値であった。

白方解釈:98年の古い論文であるが当時のⅡ群の国際ランナーさんは一般の方に比べ鬱傾向が低くQOLが高いと思われる。Ⅰ群のランナーは結果を求められることのプレッシャーが数値的比較から有意にあるのはイメージ通りであった。現在Ⅰ群相当のポジションに実業団以外の市民競技者、フリーランスのランナー出現により雰囲気はかなり変化してきているのでその辺りの変化に興味が湧いた。
また、現在における国際大会レベルではない一般ランナーの運動頻度やライフスタイルがどのような質でどの程度まで行われるとメンタルに有意な影響を与えるのかを今後調べてみたい。