東大SPHを目指す貴方へ

東京大学 公共健康医学専攻 (SPH: 公衆衛生大学院)の入試対策法について記録しました。
東大でMPH(公衆衛生修士号)取得を目指されている方のご参考になれば幸いです。
ご質問も歓迎いたします。


テーマ:
東大を始め、多くの公衆衛生大学院(SPH)は8月が受験時期ですが、学部過程の受験は2月になります。特に国立大学は(前期日程であれば)全国一律で2月25日と昔から決められており、毎年今の時期は受験生の緊張感がピークに達しています(私自身にも良い思い出がw)。

そんな受験生の皆さんに是非とも見てほしい動画があります。

動画と言うよりは、音声を録音してYouTubeに上げられているものなので、画面を消して音声だけで聞いて頂くで大丈夫です。

内容としては、某有名予備校のYゼミナールの数学の人気講師が、2007年(2006年?2005年?)のセンター試験を終えた受験生に向けて「大学に入ったら意識してほしいこと」を1時間に渡り、笑いを交えながらアツく語ってくださっているのを録音したものです。

簡単に搔い摘むと、

①大学受験までは通信簿の左ページの能力が問われるが、以降は右ページの能力の方が大事なこと

②右ページの能力を上げるため、大学生になったら以下の3つをすること:

・友達を多く作る
・バイトをする
・異性にフラれる

ざっと、こんな感じです。

これ、大学(学部課程)受験生のみならず、既に大学生になった人、卒業して社会人になった人、そしてSPHを受験しようとしている皆様にも是非とも聞いてほしい内容です。

これから入試を控えている人には「1時間は長い」と言われてしまいそうですが、試験勉強でちょっと疲れた時間にでも、騙されたと思って聞いてください。

とても教訓的で良いことを言っていますので。





私個人的には、動画内の「君らの結婚式に参加するのは、今の時点でまだ知らない友達だよ」って言葉が何となく好きなのです。

受験勉強で疲労がMAXになっている今だからこそ、このお話を聞いてモチベーションを上げてくれれば嬉しいです。

そして、大学受験に見事成功した暁には、公衆衛生学の道に進んで私の後輩になってください!(違w









このブログの内容に関して、ご質問・ご要望・ご感想などございましたらこちらのフォームよりご入力ください。喜んで対応させて頂きます。

また、受験ブログリンクに登録しています。このサイトが少しでも皆様のお役にたてましたら、下記リンクをたくさんクリックして頂ければ嬉しいです。

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村


受験ランキング

東大生ブログランキング
東大生ブログランキング
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
いつも当ブログをご閲覧いただき、本当にありがとうございます。


東大SPHの受験およびMPH取得を考えている人たちへむけて、このブログを開設して半年になるのですが、だいぶ記事が溜まってきましたね。


初めてこのブログを発見された方は、どこに何の情報があるのかサッパリかもしれません。


そんなわけで、既にお気づきの方は多いと思われますが、ブログの右画面に「これまでの主な記事」の目次を掲載しました。これで、受験情報の検索が楽になるかと思われます。

問題なのは、PCでしか見られないこと。

スマホでの閲覧者さんにも見やすくしたいのですが、アメブロの設定上、それができそうにないのです・・・。どうにかして代替案を考えねば・・・。



ところで、、、


開設時よりも確実にアクセス数は伸び、プライベートメッセージもよく頂くようになりました(ありがとうございますっ!)。

アメブロ会員限定機能ではありますが、色々な人から「いいね」がついたり、読者登録してくださっている方もおられます(重ね重ね、ありがとうございますっ!)。

更には、アメブロ会員の閲覧者さんの何割かは、現役の大学(学部)受験生であることにも驚いています(なんとなく東大志望と医学部志望が多い気がします)。



大学院受験の情報サイトなのに、学部受験生が見てくれているんですよ!



これはひょっとして、将来的に公衆衛生の道に進むことを今から考えている意識の高い受験生が多いってこと???



欧米と違って、日本では公衆衛生学はいまだ「マイナーな学問」として扱われているのが現状なので、これは嬉しいnewsかもしれないです。


この記事を見てくれている学部受験生の皆さんには、これから国立二次・私大の本番が待っています。


見事合格した暁には、4年後(医歯薬獣なら6年後)是非とも公衆衛生学を学びに来てください!


皆様にサクラサクことをお祈りしています。


あと、近いうちに、私自身が今やっている研究に絡めた公衆衛生の時事ネタもこのブログで取り扱って行こうと思っています(しばらくは先になりそうですが)。


少しでも皆さんの公衆衛生学や疫学への関心が深まってくれれば幸いであります。


こうご期待(小声)




【そんな受験生の皆さんにちょっとした物理の問題】

もしも月が突然公転をやめたら(公転速度がゼロになったら)地球に落ちてくるまでにどれぐらい時間がかかるか?ただし、月も地球も自体の半径を無視した質点として考え、

月と地球の距離=38.44万 km
地球の質量=5.972×10^24 kg
万有引力定数=6.674×10^(-11) m^3・kg^(-1)・s^(-2)

とする。

エネルギー保存則から積分計算をしてもよいのですが、計算が滅茶苦茶メンドいです。
ところが、実は一切積分計算をせずに、数行程度で計算できてしまうのです。

理系学部を受験をされる方、試験勉強の息抜き程度に考えてみてください。

ふふふ♪









このブログの内容に関して、ご質問・ご要望・ご感想などございましたらこちらのフォームよりご入力ください。喜んで対応させて頂きます。

また、受験ブログリンクに登録しています。このサイトが少しでも皆様のお役にたてましたら、下記リンクをたくさんクリックして頂ければ嬉しいです。

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村


受験ランキング

東大生ブログランキング
東大生ブログランキング
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
新年明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します。

2018年8月のSPH入試を受けることをお考えの方、もういよいよ今年ですよ!
初詣では是非とも合格祈願をしてください。結構効くんですよ、あれ。

さて、今日の記事では、初詣にまつわる私の思い出話をしようと思います。



。。

。。。


以前の記事にも記した通り、私は東大一本に絞って「背水の陣」で勉強していましたので「合格可能性を上げる」ための手段は選びませんでした。

過去問で分からない問題があれば、迷惑と思われようが構わず職場の色々なコメディカルの人たちに質問しまくってましたし、入試の情報を得るために東大SPH第5期生の同窓会に特別参加させて頂いたこともありましたし、YouTubeYahoo!知恵袋をも活用しました。

そして、2015年元旦。8か月後に東大SPH入試を控えてました。0.001%でも合格可能性を上げるため、初詣は

学問の神様の祀られている湯島天神(奇しくも東大のご近所!)

ですることにしました。

元旦を迎えた0時半、凍えるように寒い中、当時0歳だった娘を抱えて湯島天神に向かったのですが、真冬の夜中にも関わらず中高生の受験親子の行列が300m近く続いており、娘を抱きかかえて寒い中で何時間も待つのは無理だったので、断念しました。

1月2日は仕事だったので、翌3日の昼に改めて湯島天神に向かいましたが、まだ100mぐらいの行列ができており、この日も娘を抱えていたので、再び諦めました。そして、三が日が明けて本格的に仕事が始まってしまうと、多忙でとてもだけど初詣には行けません。

1週間後の土日は学会で熊本出張だったので、結局2週間もの間、湯島天神での初詣が達成できぬまま過ぎてしまいました。そして、その学会の時のことなのですが、学会終了後に同僚のグループ5人で阿蘇山の観光をすることになりました。その時にメンバーの1人が言い出したのです。

せっかくだから阿蘇の神社で初詣をしよう!

と。

しかし、私は東大SPHに受かるためなら一切の妥協はしないスタンスでいましたので、

阿蘇で初詣をしてしまうと、湯島天神での合格祈願が「初詣」ではなくなってしまう

のが、どうしてもイヤでした。
しかし、4人の同僚たちは「阿蘇山での初詣」と言う、東京ではまず味わえないであろう珍しい体験にテンションMAXでした。

困った。どうしよう。

悩んだ挙句出した答えは、どんだけKY(空気が読めない)と思われてもいいので


自分は受験を控えているので何が何でも湯島天神での初詣にこだわっている。そして、その初詣をまだ済ませていないので、皆と一緒にお参りに行くことはできない。大変申し訳ない。

と、訳を伝え、1人で神社の外で留守番をすることにしたのです。

ただ、お参りもしなければお賽銭も入れないのに神社の敷地内に入ることは神様への冒涜になるだろうと思い、そこは自分なりに気を遣って、

絶対に鳥居はくぐらず、ギリギリ手前の場所で4人が帰って来るのを待っていたほどでした。

東大SPH合格のために、そこまでこだわっていたのです。

そんなこんなで、湯島天神で初詣をきっちり済ませることができたのは、1月18日でした。その日もまだ10mぐらいの行列ができていたのを記憶しています。。。

きっちり絵馬も書きましたし、買ったお守りは仕事用PHSに付けて肌身離さず持っていましたし、おみくじで「8月には風邪を引く可能性があるので注意せよ」と言われた時は一瞬「なんてこった!」と凹みかけたものの「健康対策が打てるチャンスだ」とポジティブにとらえ、体調管理を念入りにしていました。

それでも、おみくじの予言通り、8月早々に本当に上気道炎になったものだから、驚きでした。でも、8月17日の入試当日には、鼻水だけは完全に止めることはできなかったものの、熱も倦怠感もなく「ほぼ」ベストコンディションで受験を迎え、無事合格することができました。

もちろん、合格が決まった後のお礼参りとお守りのお焚き上げも欠かしてはいませんよ!!

今となっては良い思い出です。

東大SPHを目指す皆さんは、ここまでする必要はないと思いますが、大事なことは「何が何でも受かってやる!」と言う気持ちを持つことなのだとお伝えしておきます。一瞬の油断が命取りになるかもしれない試験です。全力で頑張ってください!








受験ブログリンクに登録しています。このサイトが少しでも皆様のお役にたてましたら、下記リンクをたくさんクリックして頂ければ嬉しいです。

また、「いいね」ボタンやコメントなども大歓迎です!


にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村


受験ランキング

東大生ブログランキング
東大生ブログランキング

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
以前に東大SPHの他学年の方々の受験記を綴ったブログサイトを紹介したことがありましたが、この度、新たなサイトが立ち上がったようなので、(誠に勝手ながら)ご紹介させていただきます。

夜間飛行
2018年入学(12期生)の方のブログ

今年8月の試験に合格された方による(おめでとうございます!)、文系出身かつ学部上がりの目線から見たSPH受験記で、私自身も読んでて「なるほど」と納得させられてしまう部分がありました。ブログ内でも述べられている通り、試験対策法(特に、参考書)は人によって「合う」「合わない」があると思いますので、少しでも色々な方の勉強法をご参照できるよう、リンクさせて頂きました。
※管理人さん、勝手で申し訳ありません。仰ってくだされば、リンクをお外し致します。

余談ですが、「やはり、統計学は統計学演習(培風館)だよな(ニヤリッ」と思ってしまいましたww
私の「問題集を見極める目」に狂いがなかったのがちょっと嬉しいw







このブログの内容に関して、ご質問・ご要望・ご感想などございましたらこちらのフォームよりご入力ください。喜んで対応させて頂きます。

また、受験ブログリンクに登録しています。このサイトが少しでも皆様のお役にたてましたら、下記リンクをたくさんクリックして頂ければ嬉しいです。

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村


受験ランキング

東大生ブログランキング
東大生ブログランキング
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
このブログのレンタルサイト「Amebaブログ」には、個人メッセージの受け付け機能がついていないことを最近になって知りました。
(Amebaの会員同士であればOKのようですが・・・)

と言うわけで、プライベートメッセージを受け付けられるようにいたしました。

こちらのフォームよりご入力ください。


・コメント欄では聞けないようなご質問
・「こう言う記事が見たい」といったご要望
・このブログを見たご感想
・その他コメント


など、なんでも結構です。
皆様からのfeedbackが今後の励みになります!

研究の合間を縫ってのブログ更新なので、あまり頻繁に更新できず申し訳ありません。ですが、今後も少しずつ情報を挙げて参りますので、受験生の皆さん、当ブログを是非ともご活用ください。








受験ブログリンクに登録しています。このサイトが少しでも皆様のお役にたてましたら、下記リンクをたくさんクリックして頂ければ嬉しいです。

また、「いいね」ボタンやコメントなども大歓迎です!


にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村


受験ランキング

東大生ブログランキング
東大生ブログランキング
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
東大SPHを受験される方orされた方は一度は迷うor迷ったのではないでしょうか。

他大学のSPHも受けようか

と。実際、私自身も悩みました。
そして、当初は京都大学SPHと長崎大学MPHプログラムを併願するつもりでいました。ところが、すでに社会人で仕事の合間を縫って勉強していたのもあって、東大対策でいっぱいいっぱいになってしまい、

他大学の受験勉強で東大対策の時間が削られるのはイヤだ!

と次第に思うようになり、最終的には東大一本に絞る方針に転換しました。職場には「東大SPHを受けます」と報告し、退職する旨を既に伝えてあったので、もしも落ちたら、バイトで食いつないで1年浪人することも覚悟してましたが、それでも履歴書に1年間の空白ができてしまいますので、正に「背水の陣」でした。ですが、逆にそれが「何が何でも受からねば!」と言う、良い意味でのプレッシャーになり、見事1年コースに合格することができました。

ちなみに、私がSPHに在学していた時に同級生に学生生活についてアンケートを取ったことがありました(公衆衛生学会でのSPHブース展示のため)。そのアンケートの質問の一つに「東大以外のSPHの併願校は?」と言う質問があったのですが、有効回答数30人の結果が

帝京大学  2人
長崎大学  1人
併願校なし 27人


でした。同じ学年のメンバーの9割が併願校ゼロっていう結果には私自身も驚きました。

あくまで2年前の結果で、今年からは聖路加国際大学にもSPHが新設されましたので、今年の「併願校なし」の率はもう少し低いかもしれませんが、興味深いデータです。










このブログの内容に関して、ご質問・ご要望・ご感想などございましたらこちらのフォームよりご入力ください。喜んで対応させて頂きます。

また、受験ブログリンクに登録しています。このサイトが少しでも皆様のお役にたてましたら、下記リンクをたくさんクリックして頂ければ嬉しいです。

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村


受験ランキング

東大生ブログランキング
東大生ブログランキング
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
東大SPH入試と他の大学院入試との違い。これは、東大SPHがなぜ狭き門なのか、とも言い換えることもできます。

それはひとえに、純粋な学力試験だからです。

大学とは、文理問わず幾つもの教室の集合体です。例えば、同じ「●●大学医学部・医学系研究科」でも、その傘下に「薬理学教室」やら「循環器内科学教室」やら「生物統計学教室」と言った教室が存在します。そして、各教室には教授が1人ずついて教室の人事を一手に担っています

学部単位で入試試験を課す大学受験と違い、大学院受験は一般的に自分の行きたい教室の扉を直接たたく形になります。そのため、上述の如く教室の人事を担っている教授に気に入って貰えるか否かが重要なカギとなってきます。もちろん、学部課程にいる学生はその教室でゼミを受講できる分、より「地の利」を利かせることが可能です。そして、ペーパー試験はあるものの、教授とのコネによって面接の点数を上乗せするなりして受からせて貰えることがあります。つまり、純粋な試験による学力に加えて教授の裁量が重要になるのです。

ところが、16もの教室で構成される東大SPHでは、所属する教室を受験時ではなく入学後に選択する形になり、入試の段階では選べません。

これは他大学のSPHにはない東大独特のやり方でもあります。

そのため、入学試験は教室単位ではなくSPH全体で課す筆記試験の点数のみで専ら合否が決定します。「●●教室の教授と仲がいい」と言うのは一切通じません。受験生の出身大学、出身学部、職歴、専門分野なども何の足しにもならない完全な学力試験になります。

逆を言うと、各受験生のバックグラウンドが何であっても、たとえ医療系とは一切無縁の世界の人であっても、試験で点数さえ取れれば必ず合格できると言うことでもあるのです!

私はこれまでに「東大SPHを受験したいけど、医学部出身でも東大出身でもないから不利なのでは?」と言った質問を数名から個人的に受けたことがあります。確かに、医学部や東大を出ている人は要領が良くて勉強慣れしています。そして、コメディカルを含む医療系の職務経験者は現場での予備知識がある分だけ試験対策がしやすいです。が、それはただスタート地点が少し前にあるってだけに過ぎません。

実際、医者や現役東大生でも不合格になったと言う話は数えきれないほど聞いていますし、逆のパターンもまた然りです。

ですので、東大SPHを目指す貴方、まずは無心になって勉強してください。勉強のやり方はこれまでの記事にも記した通りです。そして、試験で点数さえとりゃいいんです。そこに才能やら何やらなんて関係ありません。要は、やるかやらないかです。


余談ですが、東大の学部過程では全学生が最初の2年間を駒場の「教養学部」で過ごし、その成績でもって進学先の学部学科を決めるlate specialization (遅い専門化)をモットーとしています。入学してから所属研究室を決定するSPHもそれと似ていますよね。どことなく「東大らしさ」を感じさせてくれる良いやり方だなぁ、と思います。







このブログの内容に関して、ご質問・ご要望・ご感想などございましたらこちらのフォームよりご入力ください。喜んで対応させて頂きます。

また、受験ブログリンクに登録しています。このサイトが少しでも皆様のお役にたてましたら、下記リンクをたくさんクリックして頂ければ嬉しいです。

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村


受験ランキング

東大生ブログランキング
東大生ブログランキング
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
本日の正午に発表がされました。これで東大SPHの第12期生が正式に決定しました。合格者の皆様、おめでとうございます!
せっかく合格したのに、3月初旬の入学手続きまでまた更に半年もあって、じれったいかもしれませんが、とにかくおめでとうございます!

これからの1年ないし2年が、充実した学生生活になりますよう、心より応援しています!








このブログの内容に関して、ご質問・ご要望・ご感想などございましたらこちらのフォームよりご入力ください。喜んで対応させて頂きます。

また、受験ブログリンクに登録しています。このサイトが少しでも皆様のお役にたてましたら、下記リンクをたくさんクリックして頂ければ嬉しいです。

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村


受験ランキング

東大生ブログランキング
東大生ブログランキング
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
2018年度の東大SPH入試が終わったところで、私がなぜこのブログを作成したのかを語ります(プロフィールページにも同じ文章を載せています)。

東大SPH受験には、高校や大学(学部)の受験の時のような塾・予備校はおろか、模擬試験や参考書や問題集と言ったサポートが一切ありません。そのため、公式配布されている過去問を自力で黙々と調べていくしかなく、孤独と不安との戦いになります。私自身が2015年に東大SPHを受験した時には、いくら頑張って勉強しても「本当にこの勉強法でいいのだろうか」とか「今の自分は合格圏内にいるのだろうか」と言った不安が常に付きまといました。そのため、一つの決意をしていました。

自分が東大SPHに合格したら、試験対策方法のマニュアルを作って翌年以降の受験生たちに配布しよう!

と。当初は私に個人的に試験対策法の相談に来てくださった方にのみ「未来の東大SPH生たちへ」と言うタイトルのワードファイルを配布していたのですが、その方法だと、毎年100人近くが受験する東大SPHの受験生の極々一部しかカバーできません。また、年々SPH人気は高まる一方で、もっと効率的な方法で試験対策法を伝授する必要性が増していきました。そこで思い立ったのが「ブログでマニュアルを配布すればいいじゃん!」と言うアイデアでした(むしろ、なぜもっと早く気付かなかったのやら・・・)。

このサイトをみて、東大SPHを受験される皆様のお役に立てることを切に祈っています。








このブログの内容に関して、ご質問・ご要望・ご感想などございましたらこちらのフォームよりご入力ください。喜んで対応させて頂きます。

また、受験ブログリンクに登録しています。このサイトが少しでも皆様のお役にたてましたら、下記リンクをたくさんクリックして頂ければ嬉しいです。

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村


受験ランキング

東大生ブログランキング
東大生ブログランキング
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
1年コース志望、2年コース志望の皆様、共に面接お疲れ様でした。面接そのものは10分程度なのに、待ち時間の方が圧倒的に長くてやきもきされた方も多かったのではないでしょうか(特に受験番号が後のほうの人)。

ちなみに、ちょうど2年前に私が受験した時に面接で「なぜSPHを受けたのですか?」という質問に対し「国際保健に興味があって将来的にWHOで疫学の仕事がしたいからです」と答えたところ「ではなぜ隣の国際保健学教室を受験されなかったんですか?」と想定外の質問をされて頭の中が真っ白になってしまい、本気で「面接で落ちたかも」と思った記憶があります。面接後に中央食堂で食べた昼飯の「赤門ラーメン」の味が全くしなかったのも、今となっては良い思い出ですw

最終合否発表日は9月7日(木)ですね。それまで2週間もあって若干じれったいかもしれませんが、上記のように面接の手ごたえを全く感じなかった私でも、無事1年コースに合格して卒業もできています。ですので、一旦試験のことは忘れて羽を広げてください。

全ての戦いを終えた皆様、再度お疲れ様でした

明日以降は、今年の試験問題の感想の他、授業や学生生活や進路のことなど、いわゆる「SPH入学後」の話などを当ブログに織り交ぜていこうかと思っています。ですので、今年の受験を終えられた方も来年以降の受験をお考えの方も、是非とも定期的にこのブログをみてくださると、大変うれしいです!あと、当ブログ記事への皆様からの「ご感想」なども、大変励みになります♪







このブログの内容に関して、ご質問・ご要望・ご感想などございましたらこちらのフォームよりご入力ください。喜んで対応させて頂きます。

また、受験ブログリンクに登録しています。このサイトが少しでも皆様のお役にたてましたら、下記リンクをたくさんクリックして頂ければ嬉しいです。

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村


受験ランキング

東大生ブログランキング
東大生ブログランキング
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。