東大SPHを目指す貴方へ

東京大学 公共健康医学専攻 (SPH: 公衆衛生大学院)の入試対策法について記録しました。
東大でMPH(公衆衛生修士号)取得を目指されている方のご参考になれば幸いです。
ご質問も歓迎いたします。


テーマ:
今年8月の入試が終わって2か月ちょい。

このブログのアクセス数をみてみると、今まで私が執筆した数多くの記事のうち、入試勉強法についての記事が最も閲覧数が増えている傾向にあります。

おそらく、来年8月に受験を考えている方が続々とこのサイトをみつけて参考にしてくださっているのだと思われます。自分がSPH受験をしていた時に「こういう情報サイトがあったらいいなぁ」と思って作ったブログサイトなので、こうやって多くの方が参考にしてくださるのは大変光栄であります。

さて、

私が今年7月このブログを開設する前まで、10人以上の方からSPH入試の勉強方法について、個人的にメールで質問を受け、相談に乗らせていただいていました。その度に、当ブログの入試対策タグがついている記事とほぼ同じ内容をワードファイルにまとめた資料を提供していました。

そのうちの何人かは見事に東大SPHの入試を突破しましたし、逆に残念な結果に終わった人や、東大SPH受験そのものを諦めてしまった人もいました。はたまた、これから受験を考えている人もいます(ひょっとしたらこのブログも見てるかも?)。


ここで、当ブログをご覧になっておられる方へ強調して言っておきたいことがあります。それは

東大SPH合格の一番の近道は、過去問を解きまくること

と言うことです。良いですか?大事なことなので何度も言いますが、過去問が命なのです。

なぜ、ここまでして強調するのかと言いますと、上述の、私に個人的に相談してくださった方たちの中に、過去問になかなか手を付けずに、

①公衆衛生学の教科書を満遍なく読んで「全体像を掴もう」とされる方
②TOEICを勉強して総合力つけてから入試の英語対策をされる方


が数名見受けられたのです。そして、これらに当てはまる人で入試を突破できた人を見たことがありません

確かに、「公衆衛生学」って、医療政策やら精神保健やら医療情報やら医療倫理やら、ありとあらゆるものを扱う、非常に概念の広い分野ですから、満遍なく知識を蓄えたくなる気持ち、よく分かるんです。

英語についても、英語の総合力(読み書きの能力)を底上げした上でSPH入試の英語にとりかかりたい気持ちも分かります。

ですが、東大SPHの入試で出される内容にはがあります。いくら東大SPHが16もの教室で構成されているとは言え、各教室の教授や准教授が自分の専門分野から入試問題を作っているのです。

てことは、入試で各教授・准教授の専門外の問題は出ることはないのです(仮にあってもかなり確率は低いです)。

英語についても同様です。SPHの入試問題は全て社会医学関連の記事しか出されていません。ですので、TOEICなどのような「日常会話」で要求されるレベル(および語彙)のものを勉強しても、全く意味がありません。微積分を勉強するために掛け算の九九から始めているのと同じぐらい遠回りです。

なので、東大SPHを目指す貴方、まずは過去問を入手してください。

そして、過去問の各問題の周辺事項や分からない部分をインターネットや推薦図書の記事に羅列した本を使って適宜抑えていくのです。

※ちなみに、過去問の入手方法は公式サイト(こちらこちら)をご参照ください。

間違えても、「本を一冊読破しよう」などと考えないでください。


ただ、これにも一つだけ例外があります!

統計学だけは、過去問に一度ざっと目を通してからで構いませんので統計学演習(培風館)の例題を一通り解いておくのが良いです。それは、この問題集のレベルと出題形式が東大SPH入試のそれと非常に似通っている上に、過去問と違って解答・解説が非常に分かりやすく掲載されているため、ただでさえ抽象的で分かりにくい統計学の概念を具体化するのに適しているからです。

このブログの読者の皆さんのうち、一人でも多くの方が試験を突破できることを祈っています。


【まとめ】
・東大SPH入試対策は過去問ありき!
・統計学だけは統計学演習から始めよう!








このブログの内容に関して、ご質問・ご要望・ご感想などございましたらこちらのフォームよりご入力ください。喜んで対応させて頂きます。

また、受験ブログリンクに登録しています。このサイトが少しでも皆様のお役にたてましたら、下記リンクをたくさんクリックして頂ければ嬉しいです。

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村


受験ランキング

東大生ブログランキング
東大生ブログランキング
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

Tootsie Rollさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。