東大SPHを目指す貴方へ

東京大学 公共健康医学専攻 (SPH: 公衆衛生大学院)の入試対策法について記録しました。
東大でMPH(公衆衛生修士号)取得を目指されている方のご参考になれば幸いです。
ご質問も歓迎いたします。


テーマ:
東大SPHを受験される方orされた方は一度は迷うor迷ったのではないでしょうか。

他大学のSPHも受けようか

と。実際、私自身も悩みました。
そして、当初は京都大学SPHと長崎大学MPHプログラムを併願するつもりでいました。ところが、すでに社会人で仕事の合間を縫って勉強していたのもあって、東大対策でいっぱいいっぱいになってしまい、

他大学の受験勉強で東大対策の時間が削られるのはイヤだ!

と次第に思うようになり、最終的には東大一本に絞る方針に転換しました。職場には「東大SPHを受けます」と報告し、退職する旨を既に伝えてあったので、もしも落ちたら、バイトで食いつないで1年浪人することも覚悟してましたが、それでも履歴書に1年間の空白ができてしまいますので、正に「背水の陣」でした。ですが、逆にそれが「何が何でも受からねば!」と言う、良い意味でのプレッシャーになり、見事1年コースに合格することができました。

ちなみに、私がSPHに在学していた時に同級生に学生生活についてアンケートを取ったことがありました(公衆衛生学会でのSPHブース展示のため)。そのアンケートの質問の一つに「東大以外のSPHの併願校は?」と言う質問があったのですが、有効回答数30人の結果が

帝京大学  2人
長崎大学  1人
併願校なし 27人


でした。同じ学年のメンバーの9割が併願校ゼロっていう結果には私自身も驚きました。

あくまで2年前の結果で、今年からは聖路加国際大学にもSPHが新設されましたので、今年の「併願校なし」の率はもう少し低いかもしれませんが、興味深いデータです。










このブログの内容に関して、ご質問・ご要望・ご感想などございましたらこちらのフォームよりご入力ください。喜んで対応させて頂きます。

また、受験ブログリンクに登録しています。このサイトが少しでも皆様のお役にたてましたら、下記リンクをたくさんクリックして頂ければ嬉しいです。

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村


受験ランキング

東大生ブログランキング
東大生ブログランキング
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ちょっとだけお見せします。
東大SPH第10期生のある日の授業の様子です。


肖像権の問題もあるので、後ろから撮った写真で勘弁してください・・・。

まぁ、ごく普通の大学の講義室の風景ですよね。ちなみに、写っている授業は「精神保健学I」です。

東大SPHでは座学以外にも、グループワーク、ディスカッション、プレゼンテーションが積極的に行われます。また、意識の高い学生が多く、授業中に質問したり、自分の意見を述べたりするのも自由かつ盛んに行われます。そして、どの科目も教員は親身に何でも答えてくださいます。授業がない時間帯に個人的に質問に行っても嫌な顔をされることはまずありません。将来の進路相談にだって乗ってくださいます。毎日が刺激の連続です。

東大SPHはアメリカの大学の授業と雰囲気が似ているかもしれません。

そして、そんな中で生活していると、SPHの教員と学生は「一つのファミリー」であるかのような雰囲気が自然と出来上がります。

来年4月に入学を予定されている12期生の皆様、ならびにこれからSPHを受験しようと考えている皆様、こんなSPH生活を楽しみにしていてください。決して期待は裏切らないはずです。







このブログの内容に関して、ご質問・ご要望・ご感想などございましたらこちらのフォームよりご入力ください。喜んで対応させて頂きます。

また、受験ブログリンクに登録しています。このサイトが少しでも皆様のお役にたてましたら、下記リンクをたくさんクリックして頂ければ嬉しいです。

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村


受験ランキング

東大生ブログランキング
東大生ブログランキング
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
東大SPH入試と他の大学院入試との違い。これは、東大SPHがなぜ狭き門なのか、とも言い換えることもできます。

それはひとえに、純粋な学力試験だからです。

大学とは、文理問わず幾つもの教室の集合体です。例えば、同じ「●●大学医学部・医学系研究科」でも、その傘下に「薬理学教室」やら「循環器内科学教室」やら「生物統計学教室」と言った教室が存在します。そして、各教室には教授が1人ずついて教室の人事を一手に担っています

学部単位で入試試験を課す大学受験と違い、大学院受験は一般的に自分の行きたい教室の扉を直接たたく形になります。そのため、上述の如く教室の人事を担っている教授に気に入って貰えるか否かが重要なカギとなってきます。もちろん、学部課程にいる学生はその教室でゼミを受講できる分、より「地の利」を利かせることが可能です。そして、ペーパー試験はあるものの、教授とのコネによって面接の点数を上乗せするなりして受からせて貰えることがあります。つまり、純粋な試験による学力に加えて教授の裁量が重要になるのです。

ところが、16もの教室で構成される東大SPHでは、所属する教室を受験時ではなく入学後に選択する形になり、入試の段階では選べません。

これは他大学のSPHにはない東大独特のやり方でもあります。

そのため、入学試験は教室単位ではなくSPH全体で課す筆記試験の点数のみで専ら合否が決定します。「●●教室の教授と仲がいい」と言うのは一切通じません。受験生の出身大学、出身学部、職歴、専門分野なども何の足しにもならない完全な学力試験になります。

逆を言うと、各受験生のバックグラウンドが何であっても、たとえ医療系とは一切無縁の世界の人であっても、試験で点数さえ取れれば必ず合格できると言うことでもあるのです!

私はこれまでに「東大SPHを受験したいけど、医学部出身でも東大出身でもないから不利なのでは?」と言った質問を数名から個人的に受けたことがあります。確かに、医学部や東大を出ている人は要領が良くて勉強慣れしています。そして、コメディカルを含む医療系の職務経験者は現場での予備知識がある分だけ試験対策がしやすいです。が、それはただスタート地点が少し前にあるってだけに過ぎません。

実際、医者や現役東大生でも不合格になったと言う話は数えきれないほど聞いていますし、逆のパターンもまた然りです。

ですので、東大SPHを目指す貴方、まずは無心になって勉強してください。勉強のやり方はこれまでの記事にも記した通りです。そして、試験で点数さえとりゃいいんです。そこに才能やら何やらなんて関係ありません。要は、やるかやらないかです。


余談ですが、東大の学部過程では全学生が最初の2年間を駒場の「教養学部」で過ごし、その成績でもって進学先の学部学科を決めるlate specialization (遅い専門化)をモットーとしています。入学してから所属研究室を決定するSPHもそれと似ていますよね。どことなく「東大らしさ」を感じさせてくれる良いやり方だなぁ、と思います。







このブログの内容に関して、ご質問・ご要望・ご感想などございましたらこちらのフォームよりご入力ください。喜んで対応させて頂きます。

また、受験ブログリンクに登録しています。このサイトが少しでも皆様のお役にたてましたら、下記リンクをたくさんクリックして頂ければ嬉しいです。

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村


受験ランキング

東大生ブログランキング
東大生ブログランキング
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
2018年度入試の最終合格発表から1週間が経ちましたが、東大SPH第12期生に合格された方々、改めまして合格おめでとうございます。

社会人の方は仕事で、学部学生の方は卒業論文やら国家試験の勉強などで忙しくて、なかなか合格した喜びに浸る暇もないかもしれません。とりあえず入学まで約6か月半ありますので、それまでは今の仕事/勉強をこなししつつ「心の準備」をしていてください。その先には、楽しいSPH生活が待っていますよ!


さて、皆様が来年4月に晴れて東大SPH第12期生になるにあたって、意識してほしいことがあります。それはズバリ、


①興味ないテーマの授業こそ意識して履修すること
②とにかく少しでも多くの仲間を作ること



の2つです。もっとも、本質的にはこの2つは一緒のことなのですが、とりあえず一つ一つ順に説明していきます。



①興味ないテーマの授業こそ意識して履修すること
単に「公衆衛生学」と言っても、生物統計学、予防疫学、臨床疫学、医療経済学、精神保健学、社会行動学、医療政策学、医療倫理学、医療情報学、国際保健学、環境医学、など多岐に渡ります。これらのことをたったの1年ないし2年で系統的に幅広く学べる機会は、SPH在学中が最初で最後のチャンスかもしれません。

皆さんがそれぞれ興味を抱いている分野の知識は、卒業後に所属するであろう研究機関や行政機関でいくらでも深めることができるんです。いくらでも、です。

ところが、自分の専門外の知識はSPHを卒業するともう学ぶことができません。意識して勉強会に参加するなり論文や成書を読むなりして自力で勉強すれば話は別ですが、あまり現実的ではないですよね。

そして、上で挙げた分野は多かれ少なかれ根柢で全てつながっていることにある時気づきます。となると、自分の専門外のテーマであっても「知っておく」ことのメリットが大きいことにも気づかされます。

なので、「この授業は専門外だから取らなくていいや」と思う授業ほど、意識して取ってください


精神保健学がやりたい人は医療情報学を、
生物統計学がやりたい人は医療倫理学を、
国際保健学がやりたい人は社会行動学を取ってください。


大事なことなので繰り返しますが、これだけ幅広い分野の内容を短期間で学べるのはSPHだけです。それも、ここは東京大学のSPHです。全国トップクラス、はたまた世界的に有名な教授のありがたい授業を当たり前のように学べるのです。そんなすごい環境にいるのですから、その利点を大いに活用して貪欲に色々な授業を履修してください。私は在学中、毎日ワクワクしながら授業を受けていました。



②とにかく少しでも多くの仲間を作ること
SPHに入学することのもう一つの最大のメリットは自分と同じビジョンを持った「仲間がいる」ことです。

皆様がSPHにご入学され、同級生たちと話していると、ほぼ間違いなく周りの仲間たちの意識の高さに驚くと思います。特にSPH入学者は「社会人経験者」が多いです。余談ですが、我が10期生は4分の3が仕事を辞めてSPHに入学された人たちでした。私もその1人でした。


職があって収入があるのをわざわざ退職して、それも授業料を支払ってまでSPHに入学して来るような人たちです。


生半可な気持ちでSPHに入学して来る人はまずいません。それだけの強い志を持った同級生たちと一緒に授業を受け、一緒に討論をし、共同作業で発表をする。そんな学生生活になるのです。毎日が刺激の連続です。

そして何よりも、30人のSPH生はそれぞれが異なるビジョンを持っています。①で説明したことと重なるのですが、「自分と違った視点を持っている人たち」の話をいっぱい聞いて、時には自分の専門の知見を周りに提供してください。「先生から生徒に教える」授業とは違い、「生徒と生徒で同じ目線で話し合う」環境は、より印象にも残りやすいですし、これこそがSPHに在学している間にしかできないことなのですから。


同級生同士で勉強会をして教えあってください。
同級生同士で飲み会をして盛り上がってください。
同級生同士のつながりを卒後も維持してください。


特にSPHは1学年30人程度の少数精鋭です。1年間ないし2年間、毎日同じメンバーで一つの教室で授業を受けます。新12期生の皆様の間に生まれる「12期生ならではの絆」はより強固なものになって行くことと思います。我が10期生にも「10期生ならではの絆」があるように。



まとめると
長々と書いてしまいましたが。言いたいことはただ一つ、

SPHは「知識を深める」場ではなく「知識を広げる」場である!

と言うことに尽きます。新12期生の皆様が、より良い学生生活を送れるよう応援しています。







このブログの内容に関して、ご質問・ご要望・ご感想などございましたらこちらのフォームよりご入力ください。喜んで対応させて頂きます。

また、受験ブログリンクに登録しています。このサイトが少しでも皆様のお役にたてましたら、下記リンクをたくさんクリックして頂ければ嬉しいです。

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村


受験ランキング

東大生ブログランキング
東大生ブログランキング
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
本日の正午に発表がされました。これで東大SPHの第12期生が正式に決定しました。合格者の皆様、おめでとうございます!
せっかく合格したのに、3月初旬の入学手続きまでまた更に半年もあって、じれったいかもしれませんが、とにかくおめでとうございます!

これからの1年ないし2年が、充実した学生生活になりますよう、心より応援しています!








このブログの内容に関して、ご質問・ご要望・ご感想などございましたらこちらのフォームよりご入力ください。喜んで対応させて頂きます。

また、受験ブログリンクに登録しています。このサイトが少しでも皆様のお役にたてましたら、下記リンクをたくさんクリックして頂ければ嬉しいです。

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村


受験ランキング

東大生ブログランキング
東大生ブログランキング
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。