6歳までに「聴く耳耳と脳脳みそ」を天才にするキラキラ

絶対音感コーチ鬼頭敬子ですひらめき電球

 

家族から

 

「暇さえあればピアノを弾いてるよね」

 

と言われて気がつきました。

 

 

「そんなに弾いてる?」

 

ということに爆  笑

 

自分では気がつかないものです。

 

こういう状態が「好き」ということ。

 

 

でも、最初から「好き」だったのかといえば

そうではなかったです。

 

思い返してみると

 

「好き」で始めたわけではありません。

 

そして小さい頃はすぐに弾けませんから

練習したわけです。

 

その練習が好きだったかと言われれば

「好き」ではありませんでした。

 

生徒さんを見ていても

始めたときは「好き」ですが

すぐに「楽しくない」ようになります。

 

それは自由にジャンジャン

ピアノをかき鳴らして

弾いているイメージが

楽しかったわけで

 

習い始めると「ド」に1番の指を置いて

などと規制されたり

ドの位置を覚えたり

楽譜を読めるように

楽譜を目視しながら

ピアノを弾く・・・

 

子どもにとっていきなり

エベレストに登るくらい

途端に難しくなるのです。

 

それは「楽しくない」ですよね。

 

だからこそピアノの前に

 

絶対音感をつけておくことが

良いのです。

 

そして6歳までの時期は

 

「好き」ではなかったことが

「好き」になる時期でもあります。

 

お子さんの「好き」「嫌い」は

親御さんが作っているのかもしれません。

 

だからこそ、鬼頭流絶対音感メソッドで

親子の絆、コミュニケーションを

作って欲しいのです。

 

 

 

 

 ● ママへのご提供メニュー

 

 

 

普通のお子さんのIQが140,150になった
記憶力が良くなる絶対音感メルマガ
お得な早期講座情報も
キラキラ

女性パソコンの手 

 

 ● ピアノの先生ご提供メニュー

 

●BASICコーチ養成講座

 

鬼頭流絶対音感メソッドが

お教室で教えられる資格キラキラ

 

BASICコーチ養成講座が

オンラインで学べるようになりました流れ星

 

詳しくはこちら

 

入会100%の教室になる虹

7つの無料メール講座 

 

ベル先生用公式LINE
友だち追加

 

 

  

子どもにはいくつもの未来がある