BABYMETALに思うこと

テーマ:
神戸公演から1週間経ちましたが、なかなか自分の中でモヤモヤが抜けそうで抜けきれないというか、常に頭の中にBABYMETAL があって、色々考えてしまっていて文字に書いたらちょっとぐらいスッキリするかもと思ってブログ書きます。

新体制のBABYMETALはライブ直後のツイッターでの感想と今でもほぼ同じ想いで、
「ダンサーの数を無理矢理増やした劇団テイスト感は否めない」と感じつつも、正直今回だけにして欲しいと思っている自分がいます。


個人的に今後のBABYMETAL にどうなって欲しいかと思うことを書き出すと(完全に自分の主観)

MOAMETAL の存在価値を上げる→彼女のための新曲用意。

出来ればYUIMETAL の代わりの新加入はやめて欲しい。
あくまで2人+曲やライブのテーマに合わせ、ダンサーが固定でなく変わる感じ(神バンドみたく「舞踊の神」みたいなサポート)


衣装やメイクなどは元に戻らないにしても、もうちょっといつもの可愛さとメタルアーティストとしてのカッコ良さを混ぜて欲しい。それがやはりBABYMETAL と思う。


既存曲を封印→どうしてもYUIMETALの時での3人でのパフォーマンスを思い出してしまうので思いきってやらないくらいの覚悟で望んで欲しい。

以上のような超主観的希望ですが、
神戸公演の後、東京ドーム公演の青デロ観ていてやはり3人の時が良いなあ何て感傷に浸っていましたが、その後広島公演を観たときに、何か感じるものがあって、
「YUIMETAL は居なくなったけど、SUMETAL とMOAMETAL の2人は残っているし、2人になっても続けていく決断を彼女達はしたわけだから、今後もファンを続けて応援していこう」という気持ちになりました。

ただ、今年は色々有りすぎたと思います。過渡期を迎えているからこそ、来年はこの大きな変化を乗り越えたBABYMETAL を観たいと思ってます。

が、今回の日本公演の形を続けるようであればちょっと応援できるか微妙な心境でもあります。

自分にとって、ここまでハマったアーティストはないからこそ感じていることでもあります。
BABYMETAL は、今も自分のこころの深いところに刺さっています。

不思議です。何にも直接的な利害関係のない、1アーティスト、1芸能人にここまで影響を受けるのは。

そして改めてこう強く感じてしまっているのはYUIMETAL 脱退してしまったという事実が物凄くショックだったからです。

とにかくも来年のBABYMETALに期待します。


あと余談で、
ふと思っているのが、YUIMETAL こと水野由結さんは「水野由結としての夢」とコメントしてましたが、これが芸能活動としての事なのかなあ?と感じており、ひょっとしたら今後芸能活動しないような気もしています。
もちろん、元気に芸能人として表舞台で活躍してくれることであれば、素直に嬉しいのですけど。
まあ、これはあくまで自分の直感です。