Natural Bone Japanese

日本の素晴らしさを考えてみるブログ!


テーマ:
今回、ご紹介のスポットは、実は、神社人でも何回か取り上げている神社です。こちらのブログにはまだご紹介していなかったので、ちょっと、加筆の上、ご紹介したいと思います。その名も高尾稲荷神社(たかおいなりじんじゃ)。場所は、東京都中央区という正に東京の中心地で、水天宮駅より少し歩いた距離にあります。実は、こちら高尾稲荷神社、非常に小さなお社ですが、そんな規模と認知度の低さとは裏腹に、非常にエッジの効いた由緒と形式を持った神社になるんです。

$東條的世界最古の国へようこそ-高尾稲荷神社

時はさかのぼること江戸時代、1659年のお話。当時は、吉原という遊女屋が集まり、大層賑わった地域がありました。俗にいう夜の街とでも言いましょうか、現在で言うところの歌舞伎町や六本木といった遊びの街で、そこには、高尾太夫(太夫:たいふとは敬称を表し、ここでは分かり易くするため、以下、高尾嬢としましょう)という当時19歳で、非常に若くて、美しい女性がおりました。彼女は、容姿端麗、芸事に長け、書も抜群といったいわゆるスーパーレディーでして、No.1の指名を受けていた売れっ子でした。そして、その人気は、比類ないものを誇っていたと言われます。

$東條的世界最古の国へようこそ-高尾稲荷神社

そんな売れっ子No.1高尾嬢の人気は、当然のことながら、広く知れ渡ることとなり、当然のことながら、お偉方も黙ってはおりません。高尾嬢は、奥州仙台藩三代目の殿様、伊達綱宗公(だてつなむね:伊達政宗のお孫さんですね)の目に留まり、大層可愛がられたようです。しかし、綱宗公のリクエストは日に日に増し、挙げ句は大金を積んでは、ウチの女にならないかと誘われます。しかし、そんな高尾嬢、仕事では夜の仕事に就きながらも、実は意中の彼氏がおり、綱宗公の誘いを、いよいよもって、拒んでしまうのです(実は非常に真面目な方だったんでしょうね)。彼女の返答に怒りに狂った綱宗公は、隅田川の中州あたりで、彼女を斬り殺し、そのまま川中に捨ててしまいます(ヒッ、ヒドい)。

$東條的世界最古の国へようこそ

数日後、高尾嬢の遺体は、川岸に漂着し、当時、その近辺に居合わせていたお坊さんが、その遺体を引き上げ、手厚く葬ったそうです。噂を聞きつけた周囲の人たちは、その高尾嬢の不憫さに多くの同情を寄せ、そこに社殿を立てて、高尾大明神として祀ったのが、当社の始まりとなります。


いやはや、ヒドい話です。ここで分かるのは、神社の中にもいろいろありますが、当社は、実在の人物が神として祀られてる類いに属すということです。菅原道真公などを代表とする祟り神、荒魂に近い感覚もありますが、祟りや災厄の類いが見られた訳ではなく、どちらかという大衆感情的な良心によって崇められたものなので、質的には大きく異なります。また、お稲荷さまと称されているので、いわゆる稲荷神(ウカノミタマ)が合祀されている可能性は否定できませんが、現時点では確認が取れておりませんので、神格化した高尾大明神が、あくまで、主祭神と言えそうです。

そんな高尾稲荷神社ですが、この由緒を踏まえた上で、他の神社とは物凄く大きく異なる部分があります。それが、当社のご神体です。ご神体は、神が宿る場所や物を表し、神社にはなくてはならない存在です。そして、そんな当社のご神体は、こちら高尾大明神の頭蓋骨、つまり高尾嬢の頭蓋骨になるのです。

$東條的世界最古の国へようこそ-高尾稲荷神社

ご神体の種類は数あれど、実際のご遺体を祀るのは、非常に珍しいケースと言えます(他にありましたら、お教え下さい)。それほど、当社は、珍しく、貴重であり、そんな神社がひっそり都内の片隅に鎮座しているというのは、ある意味、驚きですよねぇ。そして、その頭蓋骨というご神体から導かれるご利益は、頭にまつわる悩み、病に利くとされ、古くは、頭痛、ノイローゼ、薄髪などにご神徳が高いと言い伝えられております。現在で言い換えれば、やはり悩みの多いという点で、ウツ病に効果あり!と言えますでしょうか。

そんな異色の神社ですが、他にも身体の一部を祀る神社というものはるものです。ちょっと写真はないのですが(お持ちの方おりましたらご提供下さい)、埼玉県の草加市にある毛長神社(けながじんじゃ)なんかは、その名からご想像できる通り、女性の長い髪をご神体に祀っているそうです(何かこれもスゴいですね)。一般には、村の長者の娘のものと言われておりますが、変わった説には、素戔鳴尊(スサノオ)の妹神の髪だという話もあります(まぁ、これが本当だったらもの凄い発見ですが、普通に考えればナイですね:笑)。

唯、女性の黒髪というものには何か霊的な意味合いが結構含まれていたのでしょうか。川崎市川崎区にある塩浜神明神社では、幕末から明治にかけてコレラが流行した際には、村の女性の髪を切って奉納し、無事、難を逃れたというエピソードもあります。とにかく、ご神体は、神社の存在する意味と言える非常に大事、かつ秘匿性の高いものではありますが、それだけミステリアスなものと言える訳ですね。これも神社をみる上での興味深い点のひとつでもあります。あ、因に、私は本件を知って、伊達家どうなの~と好きな戦国武将ランキングからも評価を落としてしまった一人でもあります(笑)。

★高尾稲荷神社
http://jinjajin.jp/modules/newdb/detail.php?id=247
★毛長神社
http://jinjajin.jp/modules/newdb/detail.php?id=3496
★塩浜神明神社
http://jinjajin.jp/modules/newdb/detail.php?id=3892

↓↓ポチッとお願いします↓↓

人気ブログランキングへにほんブログ村 歴史ブログ 神話・伝説へ
にほんブログ村

****************************************************************************
★神社情報専門ポータルサイト「神社人」:
http://jinjajin.jp
※あなたの町の神社の写真をお送り下さい!!!
★ネットTV「世界最古の国、日本!!」毎週金曜日13時より生放送:
http://odoroku.tv/knowledge/jp/index.html
※暇が合ったら秋葉原の公開放送スタジオに遊びに来て下さい!!!
★FACEBOOK:
http://www.facebook.com/profile.php?id=100001759446311
★Twitter:
http://twitter.com/#!/h_tojo
****************************************************************************
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

東條英利さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。