『脳を緑にすれば人と組織の問題は解決し大成長する!』

 

君子になるための帝王学講座

「コミュニケーションオフィサー資格認定講座」

https://strtao.com/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◆帝王学と野球(ほぼ阪神ネタ)Kindle版はこちら◆

http://urx.mobi/HR2b

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ー第967球目ー

 

今日は叱られた。

 

常日頃から僕の身体を心配してくれる人に。

 

前々から身体に対して気をつけるよう忠告を受けていた。

 

今、やってはいけないことをずっとやってたようだ。

 

よく考えれば言われてたのを思い出すのだが、うっかりしていた。

 

 

原因は適応値の差。

 

この忠告してくれている方とは、適応値が30以上僕よりデリケートと離れているのだ。

 


そもそも僕は心配性。

 

身体の事を軽く考えていないので、気になればすぐに検査に行っていた。

 

なので忠告を軽々しく無視することはないのだ。

 

 

しかしそう言えば、適応値の差がある仕事仲間(僕から見て20以上デリケート)からのアドバイスも、ちょいちょい記憶になっかったことがあった。

 

やはり日頃から適応値の差がある人(僕から見て20以上デリケート)からの言葉を聞こえているようで、聞こえてないなかったのである。

 

仕事のうっかりも大変だが、現代において命に直結する事は少ない。

 

しかし身体の事は、命に直結する。

 

本当に気をつけなければならない。

 

 

いろんな仲間から心配してもらえる、とてもありがたい立場であるのだが、聞く耳を持たねば、とても申し訳ないし、命取りにもなるのである。

 

海より深く反省。

 

阪神タイガースへの今日の直言。

 

「適応値のパワフルな選手には、案外届いていない。ヤイヤイ言ってあげよう。」

 

適応値が離れていても、どんな言葉に、より反応するのか?

 

◯タイプには、「大切な人が心配するよ。」

 

□タイプには、「自分が損するよ。」

 

△タイプには、ピンとこさせるフレーズを投げよう。

 

あなたと仲間の素質タイプおよび適応値を詳しく知りたい人はこちらから。

https://org.strtao.com/#/free

 

帝王学を修得したい方はこちらから。

https://strtao.com/qualification

 

「プロ野球チームを持つための帝王学勉強会」

STRビジネスコミュニティMALはこちら。

https://strtao.com/mal

 

STRを学びたい、マスターしたい方はこちら。

https://strtao.com/seminar

 

帰ってきたSTRラジオはこちら。

https://www.youtube.com/watch?v=4pjO4uynb9s&feature=share

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◆STRスコアで分析する組織コンサルティングサービス

◆帝王学チームビルドメソッドを身につける

 STRコミュニケーションオフィサー資格認定講座

 

コミュニケーションオフィサー(道医)に

興味がある方はこちらまで。

一般社団法人STRコミュニケーション協会

http://strtao.com

僕に直接メールでお問い合わせ

shiwa@strtao.com

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

自分と世界を幸せにしよう。