『脳を緑にすれば人と組織の問題は解決し大成長する!』

 

君子になるための帝王学講座

「コミュニケーションオフィサー資格認定講座」

https://strtao.com/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◆帝王学と野球(ほぼ阪神ネタ)Kindle版はこちら◆

http://urx.mobi/HR2b

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ー第960球目ー

 

先日、元日本ハムファイターズの田中幸雄さんとご飯を食べた。

 

幸雄さんのスコアは、□2海タイプ。

 

□タイプらしい話がたくさん聞けて勉強になった。

 

「野球選手は才能の塊。その中でギリギリまで頑張ることが大切。」

 

「怪我をしてはいけないが、怪我するギリギリまで追いこんでこそ、レギュラーを勝ち取れる。」という話をしてくれた。

 

 

まさしく□タイプらしいと話を聞いていたところ、誰がものすごく練習をしているかと言う話になると、イチロー、小笠原道大の名が出た。

 

噂には聞いていたが、やはりその通りだったのだ。

 

二人は△タイプ。

 

追い込み系を推奨する□タイプの人達から見ても、この△タイプの二人はズバ抜けて練習したらしい。

 

実は△タイプは天才肌が多いので、練習嫌いに見えたりする。

 

しかし実際は違うのだ。

 

△タイプの特徴として、努力を極力見せない。

 

「努力なんてしてないよ。」

 

「でもできちゃうんだよね。」

 

と言うのがカッコいいのだそうだ。

 

 

逆に言うと努力を見せることが不細工なのだそうだ。

 

三冠王の落合博満も△タイプ。

 

彼も練習はほぼ見せないらしいが、見えないところで、めちゃくちゃ工夫して練習していたと聞く。

 

 

実際、中日ドラゴンズの監督をしていたときは、死者が出るのではと言うくらい、猛練習をさせていた。

 

努力のしかた。

 

つまりがんばり方は人によって違う。

 

表面的にがんばっても意味はない。

 

努力というポーズのためのがんばりであってはもったいないのだ。

 

あなたはどんな理由でがんばれているのだろうか?

 

本当の自主性とは、そんなところから育まれるのであって、放っておくことではないのだろうなと思う今日この頃だ。

 

 

阪神タイガースへの今日の直言

 

「見えなくていい。どうモチベートすれば、死ぬほどがんばるかである。」

 

◯タイプは、誰かのため。

 

□タイプは、コミットしたことのため。

 

△タイプは、輝いている自分の未来のため。

 

モチベートはすごい力である。

 

努力を自覚させない自主性を育むのだから。

 

あなたはどのタイプだろうか?

 

あなたと仲間の素質タイプを詳しく知りたい人はこちらから。

https://org.strtao.com/#/free

 

帝王学を修得したい方はこちらから。

https://strtao.com/qualification

 

「プロ野球チームを持つための帝王学勉強会」

STRビジネスコミュニティMALはこちら。

https://strtao.com/mal

 

STRを学びたい、マスターしたい方はこちら。

https://strtao.com/seminar

 

帰ってきたSTRラジオはこちら。

https://www.youtube.com/watch?v=4pjO4uynb9s&feature=share

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◆STRスコアで分析する組織コンサルティングサービス

◆帝王学チームビルドメソッドを身につける

 STRコミュニケーションオフィサー資格認定講座

 

コミュニケーションオフィサー(道医)に

興味がある方はこちらまで。

一般社団法人STRコミュニケーション協会

http://strtao.com

僕に直接メールでお問い合わせ

shiwa@strtao.com

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

自分と世界を幸せにしよう。