帝王学 重徳

テーマ:

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◆帝王学と野球(ほぼ阪神ネタ)Kindle版はこちら◆

http://urx.mobi/HR2b

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ー第522球目ー 

 

香港での命理学修行が一区切り。

 

まだまだこれからなのだが、次へのステップに進めそうである。

 

僕たちのSTRは老子がベースにあることがわかったのも、大きな収穫のひとつ。

 

で、今日は老子について。

 

 

老子道徳経 重徳二十六。

 

何をするにも「重」を主とし、「軽」を従とするとある。

 

「静」とは自分を失わないこと、「燥」とは自分を失った状態。

 

「うーん、そうなんだ。」

 

「じゃ、それを心がけよう!」

 

というのでは、それこそ軽すぎる。

 

 

僕なりに自分事として感じ、考えてみた。

 

僕のSTRSTRスコアの本性は「鉄」タイプ。

 

「鉄」は五行の「金」の陽。

 

実に重いのだ。

 

僕の感情や思考そして行動以上に、実は僕は重い存在のタイプだったのである。

 

※こんなとき「自得」のヒントとなる「STR」を生業として良かったと心から感謝している。

 

 

「うーん、なるほど。」

 

本来は重い存在なのである。

 

ましてや破壊力も抜群(平和利用を心がけているつもりだが…)

 

 

ならば、心の反応や言動に気をつければ良いだけなのかもしれない。

 

「うん、じゃあ、そうしよう!」

 

これをベースに日々を生き、試していけば、本質にたどり着ける。

 

 

陰陽五行思想は自然の物理学。

 

人も自然の一部である。

 

東洋思想の帝王学、恐るべしだ。

 

今日の金本監督への直言。

 

「金本監督は雨タイプ。金本監督の重さは怖さでなく、恵みを与える存在にある。そこをベースに自得するのはいかがであろうか?」

 

「重」にも陰はある。

 

「軽」にも陽がある。

 

あなたの本性から、あなたの「重」と「軽」の部分を読み解いてみよう。

 

あなたの存在、そして振る舞いに確固たる芯ができることであろうと思う。

 

あなたの本性を詳しく調べたい方はこちらから。

STR診断(無料版)

https://str-org.net/#/free

「プロ野球の球団オーナーになろう!」STRビジネスコミュニティMALはこちら。

http://www.malstr.biz/

STRを学びたい、マスターしたい方はこちら。

https://str-org.net/course

STRラジオはこちら。

https://www.youtube.com/channel/UCBzfY_nqbGMYQieqaBdBs8w

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◆STRスコアを駆使して分析する組織コンサルティングサービス

◆帝王学チームビルドメソッドを身につけるSTRコンサルタント養成講座

 

ご興味がある方はこちらまで。

一般社団法人STRコミュニケーション協会

http://str.jp.net

僕に直接メールでお問い合わせ

shiwa@str.jp.net

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

自分と世界を幸せにしよう。