ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◆帝王学と野球(ほぼ阪神ネタ)Kindle版はこちら◆

http://urx.mobi/HR2b

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ー第459球目ー 

 

コミュニケーションメソッドを、いろんな方にお話していて、いつも思い、気づくことがある。

 

それは大事な人にほど、人間関係をこじらせてしまうことだ。

 

 

大事な人には、一生懸命になる。

 

良かれと思ってだが、これが大怪我の元なのだ。

 

同じ価値観を共有する、○タイプ同士、□タイプ同士、△タイプ同士では、ほとんど問題はない。

 

しかし他のタイプに対して、一生懸命であればあるほど、誤解は深まっていく。

 

 

例えば、○タイプは大切な人に寄り添おうとするが、□タイプや△タイプにしてみれば、必要以上の寄り添いをうっとおしく感じる。

 

□タイプの厳しさと追い込みは愛なのであるが、○タイプには恨みに変わり、△タイプをしらけさせる。

 

△タイプの自由で任せるやり方は、□タイプには意味が不明で、○タイプには適当にうつる。

 

 

これは学校、会社、プロ野球チームでも顕著に起こっていることだ。

 

それぞれ想いや一生懸命さは、変える必要はない。

 

しかし、伝え方や接し方は、相手に合わせることが大切である。

 

 

でないと、○タイプは恩着せがましく思われ、□タイプは人でなしと思われ、△タイプはいい加減と思われる。

 

とても不幸な人間関係となってしまうのだ。

 

 

今日の金本監督への直言。

「熱い想い、強い期待、鍛えるは、まったく素晴らしいことである。しかし○タイプにはフォローと寄り添いを、△タイプには自由と称賛をコーチ陣と共有して施してほしい。」

 

 

○タイプ…藤浪晋太郎、中谷将大、北條史也など

 

△タイプ…岩崎優、糸原健斗、熊谷敬宥など

 

いかがであろうか?

 

あなたの会社や家庭で、こんなことが、かなりの確率で起こっている。

 

自分の想いの表現の仕方を工夫してみることをオススメしたい。

 

一生懸命の愛情は、やはり良き人間関係のもとになってほしいと願う。

 

あなたと相手の価値観、タイプの違いを詳しく知りたい方はこちらから。

STR診断(無料版)

https://str-org.net/#/free

「プロ野球の球団オーナーになろう!」STRビジネスコミュニティMALはこちら。

http://www.malstr.biz/

STRを学びたい、マスターしたい方はこちら。

https://str-org.net/course

STRラジオはこちら。

https://www.youtube.com/channel/UCBzfY_nqbGMYQieqaBdBs8w

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◆STRスコアを駆使して分析する組織コンサルティングサービス

◆帝王学チームビルドメソッドを身につけるSTRコンサルタント養成講座

 

ご興味がある方はこちらまで。

一般社団法人STRコミュニケーション協会

http://str.jp.net

僕に直接メールでお問い合わせ

shiwa@str.jp.net

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

自分と世界を幸せにしよう。