ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◆帝王学と野球(ほぼ阪神ネタ)Kindle版はこちら◆

http://urx.mobi/HR2b

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

甲子園球場での阪神タイガース対千葉ロッテマリーンズ交流戦は雨天中止。

 

僕は甲子園に到着していたので、とても残念であった。

 

次回の観戦機会を楽しみに待つとしよう。

 

 

さて、今日は野球の基本的なお話。

 

守備において、センターラインはとても大切である。

 

センターラインとは、キャッチャー・ピッチャーからセカンド・ショート、そしてセンターのことを指す。

 

 

ここが固定されていて名手がいると、守備面がとても安定するのだ。

 

そしてバランスとリズムがよくなり、攻撃にも好影響を与えるという効果がある。

 

 

現在の阪神タイガースを見てみてると、ライトの糸井嘉男(○2鉄タイプ)とレフトの福留孝介(○3雨タイプ)しか固定できず、バラバラの状態である。

 

 

ここで阪神タイガースに提案したいのは、ショート植田海とセカンド糸原健斗を固定するということ。

 

 

上手いか下手かと言えば、名手とは言えないまでも、守備は練習すればうまくなる。

 

コーチ陣に名手は多い。

 

平田勝男コーチ(△2樹タイプ)、久慈照嘉コーチ(△3樹タイプ)は、共に名ショートであった。

 

打撃コーチであるものの平野恵一コーチ(○2樹)も外野も内野もこなせる名手だった。

 

彼らに徹底的に教えてもらうといいだろう。

 

 

あとSTR的に言うと、二人の相性は抜群に良いのだ。

 

糸原のSTRスコアは、△1金タイプ。

 

 

植田のSTRスコアは、○4陽タイプ。

 

 

つまり『夫婦の関係』なのである。

 

 

『夫婦の関係』という相性は、お互いに好影響を与え、高めあえるので、共に成長するために最高と言える間柄だ。

 

 

当時は弱く、本社から補強もしてもらえない中日ドラゴンズを落合博満元監督(△4樹タイプ)は、荒木雅博(□4雨タイプ)、井端弘和(□2山タイプ)の二人を鍛え上げ固定することからチーム改革を始めた。

 

 

そして一・二番を打たせて、アライバコンビをつくった。

 

守備から入って、常勝チームを作り上げたことは周知のとおりである。

 

実は、この二人も『夫婦の関係』であった。

 

 

貧打阪神も投手陣は抜群なのだから、中日のアライバをベンチマークし、守備から作り直してはどうであろうか?

 

 

あらゆるところで、この『夫婦の関係』は好作用を及ぼす。

 

あなたのステークホルダーで『夫婦の関係』の人はいるだろうか?

 

あなたの周りの人との相性を調べたい方はこちらから。

STR診断(無料版)

https://str-org.net/#/free

「プロ野球の球団オーナーになろう!」STRビジネス交流会MALはこちら。

http://www.malstr.biz/

STRを学びたい、マスターしたい方はこちら。

https://str-org.net/course

STRラジオはこちら。

https://www.youtube.com/channel/UCBzfY_nqbGMYQieqaBdBs8w

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◆STRスコアを駆使して分析する組織コンサルティングサービス

◆帝王学チームビルドメソッドを身につけるSTRコンサルタント養成講座

 

ご興味がある方はこちらにご連絡ください。

一般社団法人STRコミュニケーション協会

http://str.jp.net

僕に直接メールでお問い合わせ

shiwa@str.jp.net

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

自分と世界を幸せにしよう。