ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◆帝王学と野球(ほぼ阪神ネタ)Kindle版はこちら◆

http://urx.mobi/HR2b

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

香港修行3日目。

 

今日は朝から夜まで、香港の我が老師から缶詰でレクチャーを受ける。

 

大阪で言うところの「脳みそ、バーン!」くらい、頭を使った。

 

 

まあ、そんなこんなで、低調な阪神タイガースのことを書ける元気がない。

 

 

で、僕的に楽しみな話題をひとつ。

 

6月29日のサンテレビボックス席(神戸サンテレビの野球中継の名称)で、なんと田淵幸一と掛布雅之のダブル解説が実現するとのことだ。

 

 

もう、これは絶対録画して永久保存したい!

 

 

僕は小学校3年生のときに、父の影響で阪神ファンとなった。

 

その頃の阪神4番でスターと言えば、田淵幸一!

 

縦縞の22番に憧れて、草野球に興じていた。

 

 

田淵のSTRスコアは、我○1金タイプ。

 

僕と同じ○1タイプ。

 

 

華麗なホームランアーチストでカッコよかったのだが、漫画「がんばれタブチくん」の主人公になるなど、一方で愛されキャラでもあった。

 

 

○1タイプが持つ、良き意味での典型だった。

 

スーパースターでありながら、親しみのある選手。

 

東京ドームの関係者食堂で会ったときは、憧れすぎて近寄れなかったのを思い出す。

 

 

一方、掛布は、あの1985年優勝の立役者で、バクスクリーン3連発のクリーンアップのときの4番である。

 

 

掛布のSTRスコアは、奇△3鉄タイプ。

 

やはり僕と同じ鉄を持つ。

 

 

田淵が西武ライオンズに移籍したあと、僕の心にポッカリと空いた穴を塞いでくれたスーパースターである。

 

 

52歳となった今でも、子供の頃のスーパースターの二人の共演には胸が躍るものだ。

 

 

今の阪神タイガースには、二人のようなスーパースターの持つ輝きが、ひとつの薬になるのかもしれない。

 

厳しさが売りの阪神タイガースだが、金本監督の持っていた明るさと輝きを出してもらって、復活してほしいものである。

 

 

あなたにもワクワクするスーパースターの存在はいるだろうか?

 

調子悪いときに、その存在は、とてもありがたいものである。

 

そのスーパースターとの共通点も良き意味でヒントとなったりするからだ。

 

あなたとその存在の関係を詳しく知りたい方はこちらから。

STR診断(無料版)

 

 

「プロ野球の球団オーナーになろう!」STRビジネス交流会MALはこちら。

 

 

STRを学びたい、マスターしたい方はこちら。

 

STRラジオはこちら。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◆STRスコアを駆使して分析する組織コンサルティングサービス

◆帝王学チームビルドメソッドを身につけるSTRコンサルタント養成講座

 

ご興味がある方はこちらにご連絡ください。

一般社団法人STRコミュニケーション協会

 

僕に直接メールでお問い合わせ

shiwa@str.jp.net

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

自分と世界を幸せにしよう。