ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◆帝王学と野球(ほぼ阪神ネタ)Kindle版はこちら◆

http://urx.mobi/HR2b

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

阪神タイガースが4連勝。

 

 

好投の小野泰己が降板後に追いつかれ、惜しくも勝ち星を逃したが、あっぱれなピッチングであった。

 

 

今日も結局、采配が裏目に出たり、「?」と思うカタチとなった。

 

サヨナラ勝ちは嬉しいのだが、素直に喜んでいいのやら…。

 

 

采配も結果論なので、良い悪いは仕方ないが僕なりに大いに気になったことがあった。

 

4番ウィリン・ロサリオへの代打である。

 

 

ずっとロサリオは調子が悪い。

 

夏場に強いらしいので、それまで我慢を続けて使い続けるつもりなのだろう。

 

なら我慢して使ってほしい。

 

 

チャンスでもなく、先頭打者で代打。

 

△タイプの皇帝陛下ロサリオにしてみれば、大衆の面前で赤っ恥である。

 

 

戦術的には、先頭打者にボールの見極めの良い鳥谷敬を代打に出すのは正しい。

 

実際、ボール球のスプリットを振らせる上原に対して、しっかり選び四球で出塁した。

 

 

しかし腑に落ちない交代であった。

 

4番はチームの顔なのである。

 

 

常々、掛布雅之SEA(△タイプ)は、4番は特別な存在と語り続ける。

 

野村克也監督(□タイプ)も4番とエースはチームにとって変わりがいないと話す。

 

 

岡田彰布前監督が就任後に前年3番の金本知憲を4番に据えた。

 

それはチームの柱であり顔を金本で据えたかったからだ。

 

金本もそれに応え、40本塁打して、2005年にはチームを優勝に導いた。

 

 

金本監督はわかっているはずである。

 

なのに結果として、4番を粗末に扱った。

 

誰かの進言なのか?

 

それとも気の迷いなのか?

 

□タイプらしく、叱咤激励のつもりなのだろうか?

 

□タイプなら悔しくて発奮するだろうが、○タイプなら信頼されてないと思う。

 

 

幸いロサリオは△タイプなので、明日はケロッとこの屈辱は忘れてくれているだろう。

 

しかし由々しき問題である。

 

 

金本監督には、良き参謀が欲しい。

 

矢野燿大二軍監督の一軍ベンチへの復帰を待望してしまうのは、僕だけではなかろう。

 

 

いかがであろうか?

 

リーダーには必ず良き参謀が必要である。

 

あなたにのパートナーに参謀と言うべき人物がいるだろうか?

 

そのパートナーはどんな素質を持ち、相性はいかがであろうか?

 

詳しく知りたい方はこちらから。

STR診断(無料版)

https://str-org.net/#/free

「プロ野球の球団オーナーになろう!」STRビジネス交流会MALはこちら。

http://www.malstr.biz/

STRを学びたい、マスターしたい方はこちら。

https://str-org.net/course

STRラジオはこちら。

https://www.youtube.com/channel/UCBzfY_nqbGMYQieqaBdBs8w

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◆STRスコアを駆使して分析する組織コンサルティングサービス

◆帝王学チームビルドメソッドを身につけるSTRコンサルタント養成講座

 

ご興味がある方はこちらにご連絡ください。

一般社団法人STRコミュニケーション協会

http://str.jp.net

僕に直接メールでお問い合わせ

shiwa@str.jp.net

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

自分と世界を幸せにしよう。