国分寺近辺の家庭的一時保育♪ とんとん♪あそぼ

国分寺近辺の家庭的一時保育♪ とんとん♪あそぼ

国分寺 小平 国立近辺で 一時保育・サロンや習い事の託児をしています♪
ご用の時 困った時 リフレッシュしたい時 お手伝いします!
子育てセミナーやサポートも活動中!
HP http://www.tontonasobo-hanahane.com/

↓現在の保育ご予約状況はコチラ
カレンダー(HPに切り替わります)

 

 とんとん♪あそぼ のはやみです音譜

 

 

 

今日は2020年の2月20日、なかなかいい並びですね~にやり

 

 


国分寺の梅が満開ラブ



 

今日の話題。

 

「叱っているときの顔」なんですけど。

 

見たことありますか?自分が叱ってるときの顔。

 

冷静に諭す時じゃなくてついカッカしちゃったときの、怒ってるときの顔です。

 

 

 

子ども相手か、夫婦間、対大人、では違うと思うんですが

 

私が「ひどい顔してんなムキーポーン」と気づいたのは

 

息子が結構小さい時でした。

 

 

 

叱っているのと、怒っているのとは別物ですが

 

ついつい感情が入りがち。

 

二歳前くらいの時、注意することが増えてきて

 

それ自体にストレスを感じた時期がありました。

 

 

 

それまでは、注意と言っても大したものはなくて

 

「これはいけないんだよ~」

 

「こうしようね~」なんてかわいいもだったのが

 

「何度言ったらわかるんじゃいムキー」とね(笑)

 

何度でもやるのよねあせる

 

そして「なんでできない(守れない・やめない)んだろ~~笑い泣き」と。

 

なんでじゃないのよね、そうだから。

 

 

 

子どもは興味で出来ている!

 

むしろ興味深々であってほしいし

 

できるだけのびのびさせたいゲラゲラという気持ちと

 

裏腹に止めてしまうこと、

 

私にも私の過ごしたい流れがあるのでそれを止められる苦痛に

 

板挟みという感じだったかな。

 

 

 

そんなカッカしちゃったときの顔が、不意に鏡に映っていて

 

チーン酷い顔じゃ・・

 

と凹んだのをよく覚えています。あまり見ませんよね?そんな時の自分の顔。

 

今でも、息子についカッカしてくると自分の中でも戦いつつ

 

怖い顔してるんだろうなと、思い出して落ち着こうと思うので

 

役には立ってると思います。

 

 

 

顔に出る。

 

よく言いますが、結構出ます(笑)

 

子どもは見てます。特に自分の親の顔は。


表情だけしゃなくて

 

雰囲気に出てくるというか。繊細な顔の一枚下にあるというか。

 

 

 

逆に言うと、その部分で

 

「今は本気です!」

 

「怒ってるけど大事に思ってます!」

 

「激怒ムキーしてても大好きデレデレです!」ということが

 

にじみ出てセットで伝わるのが大事かな、とも思ってます。

 

もちろん内容はもとより、言葉や言い方やボリュームもとても大事ですよ。


 

 

ともあれ、やっぱり笑顔にすぐにもどってこられるようでありたいなと

 

画面に映る自分に言きかせてるところです 滝汗 

 

 

 

 

 

 

国分寺近辺の家庭的保育

とんとん♪あそぼ

 

新規ご登録 受付中!

詳細・お申し込みはホームページ

 

連絡先 tonton_asobo@yahoo.co.jp