こんにちは。

うちの息子は発達障害(ADHD、学習障害、社会性コミュニケーション障害)と診断されています。

そして、その事を息子は知っています。
私が長い時間をかけて話しました。


発達障害と本人に告知するかどうかは、色々な意見がありそうですね。
色々なブログを拝見していても、どちらもいらっしゃる。きっと正解はないのでしょう。
その子その子の性格によって自分が発達障害と知ることが吉と出るか凶と出るか…


うちの息子の場合、僕はバカなのか…とやはり落ち込みました。私自身、しばらくは落ちたので仕方ないですね。

1ヶ月くらい今まで出来ていたことも出来なくなり。テストの点も落ち込み、学校の行きしぶりも始まり、帰ってきても学校なんて一つも楽しくないと言い…

療育は、個人療育の間は遅刻か早退することになると説明すると、「療育したら僕は治るの?治らないなら意味ないからやらない」と言いました。
すごく私も辛かったです。

そりゃそうですよね。
治る治らないじゃなくて上手に付き合っていくものなんだよ、なんて説明、大人でも受け入れがたいはず。

でも、ちょうどいい具合に冬休みに入り、療育も始まってみたら最後の10分オモチャで遊べる(息子は何歳でしたっけ?と突っ込まれそうですが11歳の赤ん坊です照れ)、あと学校の友達とバンドを組んだ(ギター担当ですが全く弾けませんが照れ)等々で浮上出来ました!


私が息子に告知した理由は、なんでか分からずに苦しんだり悩んだりするよりは、告知された方が苦しまずに済むのではと考えたからです。

息子は納得出来ないと前に進めない子です。何に対しても。学年が大きくなればなるほど、知らせないでいる事は息子を苦しめていくと思いました。

あとは、可能性を伸ばすためです。
告知しないままだと配慮を進めるのは難しい。低学年のうちならまだいけたかもしれないけど、もう無理です。子供は親が思っている以上に大人なんですよね。
自分の特性を理解して、苦手なものに必死になるよりは息子の良いところや得意なところを伸ばして欲しいと考えたからです。



告知に関しては、子供の性格も発達障害の内容も十人十色。みんなそれぞれの考え方があると思いますので、あくまで我が家の場合…なので、ご理解ください!


ちなみに先日、NHKの発達障害の特番を一緒に見ました。
私が一人であらかじめ見て、息子に見せたいと思ったので…。

発達障害であるアナウンサーや落語家、漫画家の方達が出ていて、自分の体験や考えを話しておられたのですが、

僕と同じだびっくり

と言っていました。
大人になった発達障害の方が上手に言語化してくれるの、すごくありがたいと思います。
更に、立派に成功されている方々の話に励まされたようです。

子供のうちは自分の状況がはっきりわからずにいて、それが不安になり症状となっている部分もあるのではないかと思います。
うちの場合は告知して良かったと思ってます。