ハビエル・バルデムの「コレラの時代の愛」を観る! | とんとん・にっき

ハビエル・バルデムの「コレラの時代の愛」を観る!

kore5


ノーベル文学賞作家カブリエル・ガルシア=マルケスの「コレラの時代の愛」が原作のこの映画、50年にもわたる壮大な愛の物語です。ガルシア=マルケスとは誰か?1928年、コロンビア生まれ。1967年に代表作「百年の孤独」(邦訳・1972/1999年新潮社)を発表、大江健三郎などに多大な影響を与えたという。たしかに大江のエッセイ等には、ガルシア=マルケスについて、特に「百年の孤独」についてはちょくちょく出てきます。この作品で、1982年にノーベル文学賞を受賞します。受賞の理由は、「現実的なものと幻想的なものを結び合わせて、一つの大陸の生と葛藤の実相を反映する、豊かな想像の世界」を創り出したことにあったという。(参考:ウキペディアなど)


kore4

ということもあり、ガルシア=マルケスの「百年の孤独」は、僕が近いうちに読んでみたい著作の一つに思っていました。つい最近、2004年に発表されたという「わが悲しき娼婦たちの思い出」(邦訳・2006年新潮社) という著作も興味があり、読んでみたい候補に思っていました。この映画の原作となった1985年発表の「コレラの時代の愛」(邦訳・2006年新潮社)については、この映画を観るまで僕はまったく知りませんでした。なんと、彼の代表作「百年の孤独」と並んで、「コレラの時代の愛」も「世界傑作文学100選」に選ばれているという。


kore3

「コレラの時代の愛」とは、どんな内容なのか?この本はけっこう長いらしい?下にその本の「内容」を挙げておきましたが、「夫を不慮の事故で亡くしたばかりの女は72歳。彼女への思いを胸に、独身を守ってきたという男は76歳。ついにその夜、男は女に愛を告げた」というところに注目。映画のチラシには「51年9ヶ月と4日、君に飢えて眠り、君に飢えて眠り、君を求めて目覚める」とあります。半世紀にも渡って「待つ」ことを貫いたというわけです。「コレラの時代」とはいつ頃か、そしてどこのことなのか?この映画は19世紀後半から20世紀にかけて、激化する内戦とコレラに揺れるコロンビアを舞台に描かれています。

kore2

1897年、コロンビアのカルタヘナ。郵便局員フロレンティーノ(ハビエル・バルデム)は、配達先の令嬢フェルミナ(ジョヴァンナ・メッツォジョルノ)と恋に落ちるが、身分の違いから離れ離れに引き裂かれてしまいます。数年後、医師フベニル(ベンジャミン・ブラット)と結婚したフェルミナに意気消沈するフロレンティーノは、いつか自分に求婚する権利が与えられるその日まで、何年でも彼女を待ち続けると心に誓います。時は流れて、51年9ヶ月と4日目。彼女を傍らで秘かに見守りながら、老い、もはや金も地位も手に入れたフロレンティーノの元に、彼女の夫フベニルの死の知らせが届きます。(チラシより)


kore1

初恋の女性へ誓った揺るぎない貞節と報われぬ愛を胸に、半世紀にも渡って愛を貫く、これはこれで「純愛」として成り立つのですが、この物語の主人公フロレンティーノは「ただ者」ではありません。なにしろ「関係した女」を克明に日記に付けているのですから。その数が凄い、620人もの「女」の名前が記されています。単純計算でも、50年に620人ですから、1年で12人、毎月一人の「女」と「こと」を行っていたのです。いや、羨ましい、とは、話が逸れますが。まあ、言ってみればコロンビアの「ドンファン」とも言えます。しかし、それはそれとして、この映画は純愛を貫き通した男の映画なのです。


フェルミーナ73歳、顔はしわだらけ、骨張って乳房は垂れ下がった老女です。フロレンティーノ77歳、入れ歯で頭は禿げ上がり、よぼよぼ歩きの老人です。この二人がベットのなかで愛し合うから凄い。フェルミーナはフロレンティーノの一物をしっかり掴みます。フロレンティーノはフェルミーナのゴツゴツした太股をなぜ回します。そうそう、ラストの「新婚旅行」先、船の予定を無視して戻るのに、船長にどうしたら戻ることができるのかと理由を考えさせたら、「コレラが発生したとしましょう」という名案を思いつかせて、どこにも寄港せずに、二人はノンストップで帰りました。大河マグダレーナ、この風景画素晴らしく、目に焼き付いています。


このフロレンティーノを演じているのが、1969年スペイン、カナリア諸島ラス・パルマス生まれ、そうですあのコーエン兄弟の「ノーカントリー」(2007年)でアカデミー賞助演男優賞を受賞したハビエル・バルデムです。今回は「ノーカントリー」をはるかに上まわる素晴らしい「怪演」でした。


「コレラの時代の愛」公式サイト


kore6
「コレラの時代の愛」
ガブリエル・ガルシア=マルケス (著)

木村 榮一 (翻訳)
価格:¥ 3,150 税込)
出版社: 新潮社
発行:2006年10月28日
夫を不慮の事故で亡くしたばかりの女は72歳。彼女への思いを胸に、独身を守ってきたという男は76歳。ついにその夜、男は女に愛を告げた。困惑と不安、記憶と期待がさまざまに交錯する二人を乗せた蒸気船が、コロンビアの大河をただよい始めた時…。内戦が疫病のように猖獗した時代を背景に、悠然とくり広げられる、愛の真実の物語。