成人式に向けて;お母さまの振袖を着ようと思ったら | 日々着物専門店「呉服の佐々木」若女将記♪

日々着物専門店「呉服の佐々木」若女将記♪

職人さんが丁寧に作る「モノづくり」を代々大切に考えて参りました。心がはっとするような「和のもの」や「きもの」。
まだまだ修行中♪の若女将がご紹介します。

先日、何気なくテレビをつけていると、愛子様の二十歳のお言葉が流れてきました。

 

お人柄が伝わってきて、なんだか涙ぐんでしまいました。

 

二十歳のころを思い起こせば、まだまだ、自分のことしか見えていない時代でした。

そんな年齢のころに、ここまでのことを感じ取られるって、、、、。

愛子様も、その周りの方の偉大さも、同時に改めて感じ取ります。

 

一方で、つい先日、美容師の方から、こんなお話も・・・。

成人式のお仕度を長年してきたけれど、、もう、つくづく嫌になると。

こんなお話をお聞きしました。

 

振袖も、ペラペラのガサガサ。

お母さんは、ずっとスマホを見ていて、

「あら、かわいい」とか娘にそんな一言もない。

お嬢様も、「お願いします」の一言もなく、着せ終われば、「じゃ、」と言って去っていく・・。

 

昔は、そんなことはなかったんだけど。と。

 

・・

その美容師さんには言えませんでしたが、

当店で、成人式のご相談に来られるご家族とは、あまりに対照的な姿に、

ちょっと驚いてしまいました。

 

いつも、とってもかわいいお洋服を着られてくる方も、

スポーティな感じで来られるかたも、

お勉強モードの方も、

 

ご家族の仲の良さ、愛情が伝わってくる姿に、

二十歳を迎えるならではの珠のような輝く光を内包した美しさ愛らしさ。

まぶしてく、かわいくて、

見とれながら(笑)、ほっこりとさせて頂いてきました。

 

なので、

美容師の方からのお話に、ちょっと、びっくりしてしまったのですが。

 

 

 

そんなわけで、当店に来られるご家族は、

ご予算の範囲で、いかに、素敵な装いになるか、真剣に、

ご家族皆様でワイワイと楽しそうに真剣に向き合っていらっしゃいます。

 

おばあちゃまが来られることも、とっても多いです。

 

お母さまの振袖に、今の雰囲気を・・と思われたら、こんな感じでお見せいたします。

こちらの方は、帯揚げと帯締めなど小物を変えて、今の雰囲気にされたいとのこと。

 

店にある限られたものの中から選ぶのではなく、

 

お持ちいただいた振袖・帯を拝見し、この方のためにだけ、お選びいただくものを改めて揃えます。

 

 

 

どれを合わせていただいても、良いと思えるものだけの中から選んで頂くことになります。

 

皆様、そのほうが安心だとおしゃっていただきます。

 

また、草履やバックも・・となると、更に、来ていただいて、確認することも増えてきます。

草履などは、台、鼻緒、サイズと選んでいただくので、

 

来られる回数も多くなりますが、丁寧にお仕度をすることは、お嬢様にも、

良い思い出と経験につながるように思えて、できる限りのことをさせていただきたいと思ってしまいます。

 

専門店ですので、レンタルはしておりませんが、

振袖のご相談もどうぞ、初めましてのかたもお心置きなく。

入りづらいかもしれません(笑)が、出やすいお店ですので、お気軽にどうぞ。

 

出入りが多いので、時折お店が閉まっていることもあります。

事前にご連絡をいただけると、スムーズです。

 

 

日々着物店

呉服の佐々木