生まれてくる赤ちゃんに何か特別なことを・・と思ったら | 日々着物専門店「呉服の佐々木」若女将記♪

日々着物専門店「呉服の佐々木」若女将記♪

職人さんが丁寧に作る「モノづくり」を代々大切に考えて参りました。心がはっとするような「和のもの」や「きもの」。
まだまだ修行中♪の若女将がご紹介します。

先日、県外のお客様のところに伺った店主。

おみやげに、育毛剤を頂いたそうで

年々薄くなることを気にしつづけていた店主の目下の悩み(笑)

効果があるそうなんだ~と喜んでおりました。

いつもありがとうございますお願い

 

最近の私は、

インスタの赤ちゃんのお写真にばかり目がいきます。

どの子も愛らしくて、このころにしか見られない仕草が

何とも愛らしく。

赤ちゃんって、どの子も本当に可愛くて可愛くて仕方がありません。

そんなわけで、

ようやくホームーページの商品紹介のところに、

白生地の産着の詳細を載せることができました。

 

(☝ 袖なし ふっくら綿があたたかいです。)

 

当店が先代のときからずっと取り扱っている白生地の産着です。

 

もうおじいちゃまになるような方も小さいころ着ていたとか。

そんなお話をお聞きすることもあります。

 

(☝ 袖なし 前)

今はもうあまりというか、殆どお見掛けかけすることもないかもしれませんが、

こんなに素敵なものを残していきたいと、

 

当店では、

初代の時からお世話になってきた和裁士さんから、若い和裁士さんに

方法を伝授してもらいました。

 

(☝ きもの)

袖なしにうっすらと、均等に綿を入れるのが難しいそうで、

細々としたところも教えて頂いたと

今の和裁士さん。

↓のお写真は袖なしです。綿がふくっらとあたたかそう。

 

我が家の息子たちも、

長男も次男も。

愛くるしかった表情は忘れられません。

 

この産着を見るたび、愛くるしくて、

家族たちを楽しませた風景が思い出されます。

 

女の子にはうっすら桜色(ピンク)に染めます。

詳しくは

こちら☆に綴りました。

オンラインショップはこちら☆に

 

 

女将さんや日舞、お茶など

日々着物を着る方に寄り添う着物専門店 呉服の佐々木