体験談 「願い!風疹根絶できれば!」 | 風疹をなくそうの会『hand in hand 』

風疹をなくそうの会『hand in hand 』

カニサンハウスたえこのへやの
「風疹の予防接種のお願い」の3ページ目を
風疹をなくそうの会『hand in hand 』
患者会のブログとして活動報告など
新しい情報を載せていきたいと思ってます

カニママです。

での
「願い!風疹根絶できれば!」                     オレンジさん
四人目がお腹の中に宿っている時、
私は風疹を患ったとは知らず、
生まれてくる子を楽しみにしていました。
「小さいめだ」と言われ続けていたのですが、
推定体重が2500グラムを超えた37週、
「いつ、うまれても良いからね」
と言われ安心していました。

38週で陣痛がきて病院に行った時、
上の子とは違う看護師さんの対応に
少し異変を感じていました。
後で気づいたのですが、赤ちゃんの心音が聞こえていなかったのです。
何か違うと思いながらも、
心の中で「大丈夫」と自分に言い聞かせて
産んだ子は、真っ白で生気がない状態でした。腕・足がダラーンとしていて泣くこともせず。

医師が急いで蘇生処置をし、
主人には「もう、ダメだ。」
私には「赤ちゃん動いていたか?」と・・・。
分娩台で私は何が起こっているのか?
夢でも見ているのか?
まるでドラマのワン シーン でも
見ているかのようでした。
主人が「大丈夫。」と手を握ってくれた時、
夢ではない現実に涙が溢れてきました。

頑張ってと医師の措置を見ている5分くらいでしょうか。息を吹き返してくれました。

それからNICUのある病院に
赤ちゃんだけ搬送され、離れ離れになりました。
赤ちゃんは2272グラムで、
低体重。胎便吸引症候群。
ということだけ翌日に分かりました。

色んな検査をして、先天性風疹症候群である
と言われたのは1週間くらい後だったと思います。
私たち夫婦2人に医師、看護師、保健所の方。と、威圧感がある中。
それは何?風疹の予防接種は
一人目出産後打ったし、
何より私は風疹の症状は全くなかった。
真っ白になりました。

無知でした。一度打っておけば大丈夫なんだと思い込んでいました。

赤ちゃんは紫斑が体中に表れ、赤血球や白血球、血小板の数値が低く、輸血を何度かし、
NICUには2カ月入院しました。
その間高度難聴であることを告げられました。

退院後は、風疹が周りに広がらないように隔離。上の子供たちにもよだれ・おしっこ触ったらダメだからね。 
と、なるべく関わらないようにするように促し、買い物にはまとめ買いをして外には出さないようにしました。
その生活が8カ月続きました。
風疹のウイルスがなくなるまで
私たち家族がウイルスであるかのようで した。

現在、ゆっくりではあるけれど、 
成長している事に喜びを感じています。
首の坐りが遅くお座りが出来なかったので、
リハビリに通い始め、今は歩く練習をするまで
頑張って成長してくれました。

ろう学校の幼児部に月2回通っています。
1歳4カ月で人工内耳の手術を受けました。
風疹が流行っていなければ!?
私が無知でなければ!!
色んな思いがありますが、
私と同じような思いをするお母さんが
二度と出ないように、
また、子供の命が危険にさらされないように
なる事を願っています。
「風疹によって命が危険にさらされてしまう事。」「子供に障害が現れるかもしれない事。」 [風疹を流行らせないようにする事」
を妊婦さんだけが知っておくのではなく、
共通意識を皆さんが持ち、
風疹 を根絶できれば!!そう、願っています。
(代読  共同代表の西村)

{E7D3DE97-ECED-456B-A715-8A65037B2CE4:01}

相談メールも代読 可児がさせていただきました。
{80110756-79B2-41DA-9AA2-648763FEFDE3:01}