入院生活

テーマ:

ドライブ・体調不良・救急搬送という 怒涛の一日が過ぎ

入院生活が始まった病院

 

入院二日後 主治医から説明してもらった病名は

   『たこつぼ型心筋症』

 

たこ壺ってユニークな病名だ笑

動いてない心臓の部分がたこ壺の形に似ているところから付いたそうだ。

治療としては 血液の流れをよくする点滴と安静。

心身ともにストレスを貯めてはダメチェック と言われた犬の手犬の手犬の手

ストレスねぇ~  貯まらにようにドライブに行ったのになぁ~音符

 

二日間のベッド上の生活から 病室内移動可になり

三日目には救急病棟から循環器病棟にお引越しすると言われ 

京都タワーが小さく見える病室に移動した。

 

 

五日後には病棟内移動可となったので 自由に熱いお茶が飲めるようになったお茶

やっぱり熱いお茶を飲むとほっホッとするラブ

それに 談話室の給湯器はお湯もでるので紅茶も飲める事が

とても嬉しかった嬉しい

 

9日後にやっと病院内移動可の許可が出たOK

やったぁ~キャッ☆キャッ☆ これで病院のコンビニに行けるやじるしやじるしやじるし

お菓子も買えるぅ~サイフ

 

入院生活で心配したのが食事だ。

好き嫌いがと~っても多い私は 果たして食べられるのだろうかはてな 黒猫

循環器病棟で提供される食事は療法食。

循環器食はとっても薄味だ。 あまり味覚に敏感ではないほうなので

薄味は大丈夫だが 魚系が多く出てくるのには……困った苦笑い

何の魚なのか??私が知らないだけとは思うが 正体のわからない魚が多くて……

 

次に困ったのが朝食の牛乳MILK

牛乳はお腹の調子が悪くなるし苦手だ。

行動範囲が病棟内になるまでの間 買ってきてもらったお茶で

パンを食べていたが やっぱりパンにはコーヒー・紅茶でしょ!!

とにかく紅茶が飲みたくて…

食欲はイマイチ無かったけれど 甘い紅茶が飲みたくて仕方なかったなぁ~笑

 

退院に向けての心エコー検査の結果は

動いてなかった心臓の一部は 動き出していたピース

が・・・・・7~8割の収縮しかしていないらしい。

しかし これだけ動いていれば日常生活に問題はないと言ってもらえたので

退院日を決めて 退院後の注意点についての説明を聞くと

・食事は今まで通りで良い。食事療法は必要なし。

・運動に関しては暫く控えること。 

・お風呂の熱湯と長湯は控えること。

 

食事療法をしなくて良いのは嬉しい嬉しい

運動は特にしていないが 自転車通勤をしていて

20分ほどの上り坂なのを言うと 1ヶ月ほどは中止するように言われた。

お風呂は どちらかというとぬる湯で長く入るのが好きsao☆ 

長湯は少し控えることにしなくては…顔

そして 一番心配していた事を聞いてみた。

車の運転は・・・・・・・・・・・はてな

運転することがストレスにならないのならOK肉球 OK!肉球 OK!肉球 OK!との事。

ばんざ~~~いキャッ☆Wハートキャッ☆Wハートキャッ☆Wハート

早く治らないかなぁ~はーと  

春のチューリップや桜は見に行けるかなぁ~桜チューリップ桜チューリップ桜チューリップ桜

 

とりあえず 2週間の自宅療養をして その間に体を慣らし

職場復帰をすることにした。

 

今でも時々は軽い胸痛がある。

心臓の動きは脈と違って見えないだけに何だか不安…ではあるが

3週間後の診察日までの間 怖がっていては前進しないから 

ボチボチと…ボチボチと動いていこうぺこ

自宅に帰ると 愛犬まろ黒チワワは狭い家の中 喜びのランで駆け回っていた笑

夜には甘えて膝の上でこの表情WハートWハート

 

自宅療養期間中 甘えさせてしまいそうだぁ~笑

緊急事態発生と救急搬送

テーマ:

今から思えば 水仙郷の上り坂がしんどかったのは不調の前触れだったのかも……

 

灘黒岩水仙郷を満喫し 車に戻るために坂道を上がっている途中で

息切れが激しくなってきたドキドキ 

体力不足やぁ~  な~んて事を思いながら車にたどり着いたくるま

 

が…戻った途端に軽い胸痛と嘔気が襲ってきたガーン汗汗

 

スリングから出た黒チワワまろは そんな事はお構いなしで

トイレシートで排泄をして ご褒美のおやつをもらおうと

チョコンと座って待っている黒チワワルンルン

 

この状態で運転はできないので 1時間ほど車内で横になって休憩をすると

少しラクになり 嘔気も治まってきた。

とにかく自宅に帰らなければホーム の思いで

コンビニ・サービスエリア・パーキングでの休憩を何度も取りながら

何とか無事に自宅に帰ってきたほっ  

 

が………再び強い嘔気が襲ってきたぁごめん

 

胃腸の弱い私は 年に1~2回は襲ってくる酷い嘔気。

しばらく横になって休んでいたが 明日の仕事の影響を考えて

かかりつけの病院で点滴をしてもらおうと思い

夜間診療に自転車で走って行くと 点滴ではなく 何故か心電図を付けられて

言われた言葉が

 

「心筋梗塞の疑いがあるので 

至急検査してもらえる病院に行きましょう!」

 

えっミニー??  心筋梗塞ってミニー??  えぇぇぇぇぇ~~~~~っ∑!!∑!!∑!!∑!!∑!!∑!!∑!!

そんな……ガーンやじるしガーンやじるしガーンやじるし 私…どうなるの……ガーン

頭の中では いろんな思いがグルグルと回っていたため息

 

そして あぁぁぁぁ~~~~~っという間に救急車に乗せられて救急車

搬送先の病院の救急室では アレヨ…アレヨ…という間に

ストレッチャー上の私を病衣に着替えさせて点滴をうつ 手際の良いナースたち。

 

横たわる私の周囲で 複数のナースがいろんな事をしゃべっているが

あまり耳に入っていない…というか 忘れているのかな笑

 

覚えているのは 「準備できました~」というナースの声と 

「これからカテで梗塞ヶ所をみますね~」と 私に言うナースの元気な声。

カテって…ミニー?  「カテーテルを血管に入れて詰まってるところを調べます」

と説明を受けながらストレッチャーの私は検査室へ。

検査の同意書は母と 母からの連絡で駆けつけてくれた姉と義兄が

サインをしてくれたようだ。  申し訳ない………汗汗汗

もう夜11時はとっくに過ぎているだろうに……

 

カテーテル検査は左手首の動脈から入れるからと 局所麻酔を射たれた。

私の横に大きなモニターが置いてある。 おそらくこのモニターに心臓が映るのだろう。

見ようと思えば見られるが そんな余裕はない。

 

緊張……左腕の違和感……軽い嘔気……

そして 病衣1枚の私にとって とても寒い検査室…寒い

寒い…気分が悪い…を繰り返し訴えていた覚えがある汗

 

検査中の検査技師やナースの会話は覚えていないが 

カテーテルを抜きます・傷口を強く圧迫するので少し痛いですよ

の声は覚えている。

 

そして先生の説明も。

「詰まっているところはなかったです。でも心臓が動いてない部分があって

その治療をしていきます。」

 
心臓の一部分が動いてない……って……何で……はてなはてなはてな
このまま動かないのはてな  と またもや頭の中がぼ~~~っとしていたぐるぐる
 
救急病棟に入院となったが 圧迫された左手首の痛みと左腕のだるさ
検査室から続く寒さと嘔気……
一睡も出来ないで朝になり 朝食が運ばれてきたが食欲はなく
お茶を飲みたいとも思わない。
じっくりと見た最初の光景が点滴棒だったあはは…
 
はぁ~ なんてこったため息 私が入院するなんて…ガーン
などと落ち込んでもいられず 職場の事・父の事・愛犬まろ黒チワワの事など

やらなければいけない問題が山積みなことを思い出したムカッ

 

思い出しても動けない私は どうすること出来ないというもどかしさえー

 

幸いなことに 姉が職場と父の事は連絡を入れて 手配もしてくれたヨカッタ

まろ黒チワワは…寂しい思い(私が)をさせるが母にお願いをする。

 

綺麗な水仙を見て楽しかった数時間後に 緊急入院救急車

一日で天国と地獄を味わうって このことなのかもなぁ~くすん

灘黒岩水仙郷

テーマ:

そろそろ淡路島の水仙が見頃だろうと

淡路島にある灘黒岩水仙郷を目指して 愛犬まろ黒チワワとドライブに出かけたくるまぱふんぱふん

 

まずは淡路市にある淡路一宮伊弉諾神宮に参拝しよう。

『古事記』・『日本書紀』の「国生み神話」に登場する国生みを果たした

伊弉諾尊(イザナギ)と伊弉冉尊(イザナミ)のお二人をお祀りする神社で

全国で最も古い神社だとか…

前の愛犬とのパグ くろと一緒に訪れたのは10年ほど前かな~

いやいや もっと前になるのかも……

すごく久しぶりに変わりはないが なんだか綺麗になった気がする……キラキラ

 

1月最初の日曜日……表門の手前から拝殿までには

20M以上の参拝列が出来ていた∑!!

 

時間がかかりそうだが 参拝を省くことはできないので じっと順番を待つ。

参拝後に朱印をもらいに行ったが ここでも書いていただくのに順番待ち。

最近は朱印をいただくのが流行ってきたなぁ~はなまる

 

思わぬ順番待ちで 予想以上の時間を費やした伊弉諾神宮。

今度訪れる時は 時期を考えよう肉球 くろ

 

水仙郷へ向かう車中で 簡単に昼食を済まし灘黒岩へ。

相変わらずの急斜面を 愛犬まろ黒チワワをスリングに入れて登っていく。

こんなにしんどかったっけ……グッタリ と 休憩を挟んで展望台を目指す。

群生している水仙の花は満開のちょっと手前…という感じだが とても綺麗だnarcissus.

海岸沿いに切り立つ斜面に水仙・山・空・海・・・

青空だと良かったが あいにくの曇り空…くもりくもり 

気持ちの良い爽やかな風に吹かれ

上りも下りも水仙narcissus.を楽しみながら ゆっくりと…ゆっくりと…

お気に入りのロケーションを満喫できたおんぷ

 

ここの水仙郷は一方通行。

入口は斜面の駐車場 中ほどにある。 

出口は海岸沿いの76号線(県道)付近にある。 

水仙を見ながら上がって…下りて…

そこから自分の車まで 再び上がらなければいけないのだが 

この坂道が駐車場へと続くアスファルトの車道で かなりの急斜面なのだドキドキ

 

私は出来るだけ水仙郷入口より下のスペースに止めるようにしているが

この日は下に空きスペースがなくて 入口より上のスペースに止めるハメにぐるぐる

 

何だかなぁ~ 今日は運が悪いのかなぁ~汗 と車に戻りながらボヤく汗

今度来たら 少し待ってでも下のスペースに止めようおんぷ

固く心に決めたOK